別々にら玉、トマトとねぎのニョクマム風味スープ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

にら玉献立

無性ににら玉が食べたくなる。

ちょうど豚ばら肉も余っているなんて、好都合ではありませんか。なんというグッドタイミング。

にら玉と決めたからにはビールがないと意味がない。今日は絶対にビールを買って帰るぞ、絶対に忘れてなるものかと、朝一で誓って仕事に向かったのでした。

にらとビールを常に頭の片隅において過ごす1日。平和ですね。

にら玉、トマトとねぎのスープ献立

にら玉、トマトとねぎのスープ献立

  • トマトとねぎのスープ
  • 白菜のぬか漬け
  • あやめ雪のゆかり和え
  • にら玉

トマトとねぎのスープ

トマトとねぎのスープ

油をひいた鍋でななめに切った白ねぎを炒め、軽く焦げ目がついたところにニョクマムを加えてジュっとやり、お湯を加えます。くし型に切ったトマトを加えて軽く煮て、胡椒で味を整えたら完成。

白菜のぬか漬け

白菜のぬか漬け

本日のぬか漬けは白菜。細く切って、ごまをまぶしました。

あやめ雪のゆかり和え

あやめ雪のゆかり和え

薄切りにしたかぶを塩もみし、ゆかりで和えたもの。

にら玉

にら玉

フライパンに油を熱し、塩ひとつまみ入れた溶き卵を流し入れ炒め、ふんわり固まった程度で一旦取り出します。
同じフライパンで塩、胡椒で下味をつけた豚ばら肉を炒め、色が変わったらざく切りにしたにらを投入。ざっと炒め合わせたら酒、しょうゆ、ごま油で味付けしてうつわに盛り、卵をのせます。

気持ち濃い味に仕上げたにらパーツと、ふんわり卵のコントラストがうれしい別添えにら玉、ビールが進む。卵を別に炒めると見た目もキレイにおさまっていいですね。

ビールのおつまみ

いつもはにらと卵があらかじめ絡んだノーマルバージョンのにら玉を作っています。

にら玉、新玉ねぎと釜上げえびの和えもの献立。

それでも卵は別炒めしているから、手順としてはそう変わらない。

にら玉

最後に「和える」工程を省くのはアリだなあと、新たな発見をしました。と言っても、ふと思いついたとかじゃないですよ。そういや「孤独のグルメ」で五郎さんが食べてたなあと思い出してまねっこしただけ。もうあの店、閉店しちゃったらしいですけどね。

まねっこといえば、トマトスープも同じく。オリジナルは毎度おなじみウーウェンさんのねぎとしょうゆのスープなんだけど、魚醤系は出汁にもなるっていうし、なんならトマトも出汁になるしで試してみた次第です。

ナンプラーとかニョクマムは主にタイやベトナムっぽい料理の時に使ってきたけれど、実はいろいろ使えるんですよね。

ホーチミンで調達してきたそれがあるので、恐れず冒険してみよう。

 

 




関連記事

晩酌メニュー

1人暮らしの家飲みおつまみ 三つ葉とかまぼこの和え物、にんじんのごま煮。

毎度質素な食卓を恥ずかしげもなく晒してすみません。 今日のはいつもよりさらに質素です。

記事を読む

栃木の酒 益子高館山 権現で晩酌 秋鮭の蒸し焼きおろしポン酢、水戸納豆。

順調に歩を進めている酒の旅。 旅、と言っても毎回いろんな土地の酒を選んで呑む、というだ

記事を読む

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立

ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入手しました。 私が見慣れぬ食材

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その3. 嘉義駅 鐵路招牌里肌肉飯。

台湾旅行に興味はあったけれど台湾の地名にはとんと疎かった私。台北とか台中はもちろん知っていた

記事を読む

豚肉とれんこんの塩焼き献立

豚肉とれんこんの塩焼き、にらの卵とじ献立。

れんこんを縦方向に切ってみて、ちょっと多かった、と思う。 丸ままの状態ならば楽勝でいけ

記事を読む

白菜と春雨のうま煮

オレンジ白菜と春雨のうま煮、わかめとねぎの和えもの献立。

安くて旨くて使い勝手が良いので、冬は白菜を食べがちですね。そして白菜は豚肉と合わせて蒸しがち

記事を読む

アッシパルマンティエで赤ワイン

アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワインです。 ここ数年一貫

記事を読む

肉団子味噌ちゃんこ鍋

一人鍋で晩酌、肉団子味噌ちゃんこ鍋。

ちゃんこ鍋とはなんぞや。 相撲部屋で食される鍋、そして力士引退後の飲食店ビジネスの形態

記事を読む

塩鮭と白菜の酒粕煮献立

白菜と塩鮭の酒粕煮、せりのおろし和え献立。

先日生まれて初めてきりたんぽ鍋を食べました。 ご飯をまとめて焼いたものが入ってる鍋でし

記事を読む

門前仲町「浅七」を想う炒り焼き豆腐。

  今日は遅くなってしまったので夜は簡単に済ませました。簡単に、とはいっても

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑