別々にら玉、トマトとねぎのニョクマム風味スープ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

にら玉献立

無性ににら玉が食べたくなる。

ちょうど豚ばら肉も余っているなんて、好都合ではありませんか。なんというグッドタイミング。

にら玉と決めたからにはビールがないと意味がない。今日は絶対にビールを買って帰るぞ、絶対に忘れてなるものかと、朝一で誓って仕事に向かったのでした。

にらとビールを常に頭の片隅において過ごす1日。平和ですね。

にら玉、トマトとねぎのスープ献立

にら玉、トマトとねぎのスープ献立

  • トマトとねぎのスープ
  • 白菜のぬか漬け
  • あやめ雪のゆかり和え
  • にら玉

トマトとねぎのスープ

トマトとねぎのスープ

油をひいた鍋でななめに切った白ねぎを炒め、軽く焦げ目がついたところにニョクマムを加えてジュっとやり、お湯を加えます。くし型に切ったトマトを加えて軽く煮て、胡椒で味を整えたら完成。

白菜のぬか漬け

白菜のぬか漬け

本日のぬか漬けは白菜。細く切って、ごまをまぶしました。

あやめ雪のゆかり和え

あやめ雪のゆかり和え

薄切りにしたかぶを塩もみし、ゆかりで和えたもの。

にら玉

にら玉

フライパンに油を熱し、塩ひとつまみ入れた溶き卵を流し入れ炒め、ふんわり固まった程度で一旦取り出します。
同じフライパンで塩、胡椒で下味をつけた豚ばら肉を炒め、色が変わったらざく切りにしたにらを投入。ざっと炒め合わせたら酒、しょうゆ、ごま油で味付けしてうつわに盛り、卵をのせます。

気持ち濃い味に仕上げたにらパーツと、ふんわり卵のコントラストがうれしい別添えにら玉、ビールが進む。卵を別に炒めると見た目もキレイにおさまっていいですね。

ビールのおつまみ

いつもはにらと卵があらかじめ絡んだノーマルバージョンのにら玉を作っています。

にら玉、新玉ねぎと釜上げえびの和えもの献立。

それでも卵は別炒めしているから、手順としてはそう変わらない。

にら玉

最後に「和える」工程を省くのはアリだなあと、新たな発見をしました。と言っても、ふと思いついたとかじゃないですよ。そういや「孤独のグルメ」で五郎さんが食べてたなあと思い出してまねっこしただけ。もうあの店、閉店しちゃったらしいですけどね。

まねっこといえば、トマトスープも同じく。オリジナルは毎度おなじみウーウェンさんのねぎとしょうゆのスープなんだけど、魚醤系は出汁にもなるっていうし、なんならトマトも出汁になるしで試してみた次第です。

ナンプラーとかニョクマムは主にタイやベトナムっぽい料理の時に使ってきたけれど、実はいろいろ使えるんですよね。

ホーチミンで調達してきたそれがあるので、恐れず冒険してみよう。

 

 




関連記事

ゴーヤチャンプルー献立

一人暮らしの家飲みメニュー 5/24 ゴーヤチャンプルー、ピーマンとちくわのナムル。

またか! って感じでゴーヤチャンプルーです。 ゴーヤとかにんじんとか豆腐とか豚肉

記事を読む

家飲み献立

キャベツとささみのしょうがダレ、きくらげと白葱の和え物。

あれ? 2日間殆ど同じ献立になってる...。 と、作っている最中に気付きました。

記事を読む

ワインに合う秋刀魚レシピ

ワインのおつまみ 秋刀魚のワイン蒸し、アボカドとチーズの塩昆布和え。

バケットがちょっと余っていたので、ワイン連打。 昨日は野菜ばっかりだったから今日は肉で

記事を読む

せせり塩焼き

せせり塩焼き、梅しらす奴で家飲み。

写真が暗い。 なんだかどんよりした梅雨らしさ満載の写真になっている気がしますが、まあこ

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。 関連 さつまいもときのこのグラ

記事を読む

塩つくねと生ピーマン

家飲み献立 生ピーマンと塩つくね。

2015年最後の家飲み献立です。 きれいさっぱり食べきって終了、を目指していたので最後

記事を読む

トマト黒酢酢豚

トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立。

かねてより塩分過多疑惑が渦巻いておりました。どこでって、自分の中で。 砂糖を使わない和

記事を読む

豚と牛蒡の柳川風献立

豚と牛蒡の柳川風、白菜の生姜煮浸し。

昨日は朝から「今夜は絶対柳川風」と固く心に決めていました。 その日のスーパーの品揃えを

記事を読む

豚肉とキャベツのソース炒め

豚肉とキャベツのソース炒め、玉ねぎとわかめのゆかり和え献立。

ソース焼きそば、旨いですよね。たまに無性に食べたくなりませんか。 そう頻繁には食べない

記事を読む

さつまいもの味噌汁

小松菜の卵炒め、さつまいもの味噌汁献立。

あら大変。もう冬だというのに、まださつまいもを堪能しておりませんでした。大好物!というわけ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑