豚肉とれんこんの塩焼き、にらの卵とじ献立。

公開日: : 家飯, 食べること

れんこんと豚肉の塩焼き献立

れんこんを縦方向に切ってみて、ちょっと多かった、と思う。

丸ままの状態ならば楽勝でいけるだろうと感じるのに、切り分けて初めて意外にボリュームがあったのね、とわかる。

このパターン、よくあります。

しかし焼き野菜を食べ残すことなどありません、ありえません。大きなれんこんにかぶりつくのはなかなか爽快な行為なので、よろこんで食べ尽くそうではありませんか。

豚肉とれんこんの塩焼き、にらの卵とじで晩酌

豚肉とれんこんの塩焼き、にらの卵とじ献立

  • じゃがいもと白ねぎの味噌汁
  • 塩もみにんじん
  • にらの卵とじ
  • 豚肉とれんこんの塩焼き

じゃがいもと白ねぎの味噌汁

じゃがいもと白ねぎの味噌汁

じゃがいもの姿が全く見えませんが、入っています。出汁はいつものいりこ出汁。

にらの卵とじ

にらの卵とじ

しょうゆと酒で薄く味付けした出汁でにらをさっと煮たら、卵でとじます。

豚肉とれんこんの塩焼き

豚肉とれんこんの塩焼き

れんこんは縦方向にざっくり大きめに切り、油をひいたフライパンで焼きます。途中で塩で下味をつけた豚肉も加えて焼き、火が通ったらうつわに盛りつけて粗塩と胡椒を振って完成。レモンを絞っていただきます。

豆皿に乗っているのは塩もみしたにんじんにごまを振っただけの即席漬け。あれ、こうして見ると、じゃがいも、にんじん、れんこんと根菜だらけの献立になっておりました。

おつまみレシピブログ

大量に買い込んだので連日もりもりと食べ続けているにらを、本日は卵とじに。そうだ、にらならば、と思いつき、今回の卵とじはみりんなしバージョンにしてみました。

ごぼうと油揚げの卵とじ献立、甘味探求宣言から1年

最初は油揚げも入れる予定だったのだけれど、れんこん大量につき卵とじはボリューム控えめでにらオンリーの甘味なしとしたのでした。こういうバージョンも全然アリですね。そういや鶏がらベースの卵とじなら塩味だけで作ってるしね。

抜歯で休肝日ご飯 トマト卵とじうどん。

絶対にこの材料と調味料じゃなきゃ成り立たない!という料理やレシピも少なからず持ってはおりますが、ねばならぬ的発想は毎日連続する晩酌献立にはやや不向き。そこそこ柔軟な姿勢で今後も作り、飲み続ける所存です。同じ料理でも書く度にレシピが変わっている事実に対する言い訳なんかじゃありません。

 




関連記事

秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮、里芋の味噌汁献立。

好物の秋刀魚ではありますが、自分の中に一応買い価格目安ラインを設けています。 が、今年

記事を読む

肉団子と白菜の蒸し鍋

肉団子と白菜の蒸し鍋で家飲み。

3/3は桃の節句。 小さい女の子がいる家庭以外は特別なことはしないでしょうが、スーパー

記事を読む

鶏団子と大根のスープ煮

鶏団子と大根のスープ煮、焼きブロッコリー献立。

本日の献立はやや変則パターンで、サラダと、焼き野菜と、スープ煮。そして漬けもの。 いつ

記事を読む

ガサエビの紹興酒漬け

秋田の酒 うまからまんさく特別純米酒で贅沢晩酌 トマトと卵の炒めもの、ガサエビの紹興酒漬け。

酒のつまみを自分で作る際はあまり手をかけ過ぎず、素材そのものをシンプルに味わいたい派です。

記事を読む

わかめと卵の炒めもの

わかめと卵の炒めもの、にら納豆献立。

本日反省すべきは、うつわの見極めが甘かった点。 メインを大皿に盛ったところ、予測より量

記事を読む

秋刀魚の酒蒸し

秋刀魚のしょうが蒸し、ネギ塩奴で家飲み。

お久しぶりです、秋刀魚です。 ついにこの時がやってまいりました。今季初秋刀魚、遅ればせ

記事を読む

豚ロースの梅ねぎ焼き

豚ロースの梅ねぎ焼き、きのこと水菜のおひたし献立。

豚ロース肉を冷凍してたんだった、あれを焼いて食べよう。 脳内で献立を組み立て、解凍した

記事を読む

いり焼き豆腐

いり焼き豆腐、蒸し鶏ネギだれ。

さて、夕食の準備でもするか。 という段階になってから急遽メニューを変更しました。

記事を読む

にら玉

別々にら玉、トマトとねぎのニョクマム風味スープ献立。

無性ににら玉が食べたくなる。 ちょうど豚ばら肉も余っているなんて、好都合ではありません

記事を読む

たらと新じゃがの塩煮

たらと新じゃがの塩煮、小葱と油揚げの酢味噌和え献立。

たらとじゃがいもの組み合わせが食べたくなって、シンプルな塩煮にしました。 イメージ的に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑