豚肉とれんこんの塩焼き、にらの卵とじ献立。

公開日: : 家飯, 食べること

れんこんと豚肉の塩焼き献立

れんこんを縦方向に切ってみて、ちょっと多かった、と思う。

丸ままの状態ならば楽勝でいけるだろうと感じるのに、切り分けて初めて意外にボリュームがあったのね、とわかる。

このパターン、よくあります。

しかし焼き野菜を食べ残すことなどありません、ありえません。大きなれんこんにかぶりつくのはなかなか爽快な行為なので、よろこんで食べ尽くそうではありませんか。

豚肉とれんこんの塩焼き、にらの卵とじで晩酌

豚肉とれんこんの塩焼き、にらの卵とじ献立

  • じゃがいもと白ねぎの味噌汁
  • 塩もみにんじん
  • にらの卵とじ
  • 豚肉とれんこんの塩焼き

じゃがいもと白ねぎの味噌汁

じゃがいもと白ねぎの味噌汁

じゃがいもの姿が全く見えませんが、入っています。出汁はいつものいりこ出汁。

にらの卵とじ

にらの卵とじ

しょうゆと酒で薄く味付けした出汁でにらをさっと煮たら、卵でとじます。

豚肉とれんこんの塩焼き

豚肉とれんこんの塩焼き

れんこんは縦方向にざっくり大きめに切り、油をひいたフライパンで焼きます。途中で塩で下味をつけた豚肉も加えて焼き、火が通ったらうつわに盛りつけて粗塩と胡椒を振って完成。レモンを絞っていただきます。

豆皿に乗っているのは塩もみしたにんじんにごまを振っただけの即席漬け。あれ、こうして見ると、じゃがいも、にんじん、れんこんと根菜だらけの献立になっておりました。

おつまみレシピブログ

大量に買い込んだので連日もりもりと食べ続けているにらを、本日は卵とじに。そうだ、にらならば、と思いつき、今回の卵とじはみりんなしバージョンにしてみました。

ごぼうと油揚げの卵とじ献立、甘味探求宣言から1年

最初は油揚げも入れる予定だったのだけれど、れんこん大量につき卵とじはボリューム控えめでにらオンリーの甘味なしとしたのでした。こういうバージョンも全然アリですね。そういや鶏がらベースの卵とじなら塩味だけで作ってるしね。

抜歯で休肝日ご飯 トマト卵とじうどん。

絶対にこの材料と調味料じゃなきゃ成り立たない!という料理やレシピも少なからず持ってはおりますが、ねばならぬ的発想は毎日連続する晩酌献立にはやや不向き。そこそこ柔軟な姿勢で今後も作り、飲み続ける所存です。同じ料理でも書く度にレシピが変わっている事実に対する言い訳なんかじゃありません。

 




関連記事

家飲み献立 9/17 三つ葉と豆腐のサラダ、わかめ炒め他全5品。 

今日は午後4時くらいから猛烈にお腹が減ってそわそわしました。 あまりの空腹に何かおやつ

記事を読む

塩鮭の粕汁、菜飯献立。

休肝日ごはん 塩鮭の粕汁、菜飯献立。

週の初めは休肝日、今週もノンアルコール献立でスタートです。 寒い日が続いたので、粕汁が

記事を読む

塩豚とじゃがいものオイル焼き 献立

塩豚とじゃがいものオイル焼き、キャベツのおかか和え。

微妙な面構えの写真を晒してすみません。 と、いきなり謝罪。 いやあ、春ですね。

記事を読む

白鶴酒造記念館 酒蔵巡り

白鶴酒造資料館 最後は立ち呑みで〆。灘の酒蔵巡り その4.

しつこく書いている灘の酒蔵巡り、ようやく最終回です。 参考 灘の酒蔵巡り 2015

記事を読む

門前仲町・晴弘で昼酒1時間1本勝負 東京散歩・江東区

門前仲町散歩の続きです。 参考 早朝の門前仲町を歩く。東京散歩・江東区 久しぶり

記事を読む

豆腐の明太子炒め献立

豆腐の明太子炒め、キャベツのおひたし献立。

あ、すみません。なんかちょっと盛り付けが汚らしいですね。 色もぼんやり、形状もぼんやり

記事を読む

豚肉とつるむらさきのからし和え献立

豚肉とつるむらさきのからし和え、焼きにんじん献立。

ちょっと前の晩酌献立ではありますが、ここ数日妙に暑いし、冷しゃぶをつまみに飲むのもまだいけ

記事を読む

菊水純米吟醸ひやおろし

新潟の酒 菊水 純米吟醸ひやおろしで晩酌 茄子の辛味噌炒め、温奴。

最近ではスーパーでもいろんな日本酒が買えるようになっているけれど、やっぱり酒屋のほうがいろい

記事を読む

材料2つの鍋料理 11/6 キャベツと豚肉の鍋。

スーパーの品揃えもすっかり衣替え。そろそろ葉物が充実してきましたね。 寒いのはめっぽう

記事を読む

肉団子 献立

家飲み献立 9/25 肉団子と春雨の煮込み、大根と塩昆布のサラダ。

ちょっと涼しくなってくるとやたらと活躍し始めるのが春雨。 春雨って、美味いよねえ。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑