なすの味噌炒め、小松菜とツナの塩昆布和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

なすの味噌炒め

この夏はなすをたくさん食べている。

エンサイとひき肉の炒めもの、なすと島オクラの焼きびたし献立。

理由は簡単。近所の八百屋でよいサイズ感のなすをいつも安売りしているからです。

季節の野菜は旨いうえに安い。なんだか申し訳ないような気もしますが、素直にうれしいです。

なすの味噌炒め、小松菜とツナの塩昆布和えで晩酌

なすの味噌炒め献立

  • 卵ときのこの黒酢スープ
  • かくや和え
  • 小松菜とツナの塩昆布和え
  • なすの味噌炒め

卵ときのこの黒酢スープ

卵ときのこの黒酢スープ

えのきを水からゆでて、塩、胡椒、しょうゆで味付けし、水溶き片栗粉でとろみをつけます。溶き卵を流し入れてふんわりと固め、黒酢、ごま油をたらしてさらしねぎを散らします。

かくや和え

かくや和え

長期間ぬか床に放置していたにんじんと大根のぬか漬けを薄切りにし、ごまと千切りの大葉で和えたもの。なんかおかしいな、と思ったら、しょうがを入れるのを忘れておりました。

小松菜とツナの塩昆布和え

小松菜とツナの塩昆布和え

ゆでた小松菜とツナ缶、塩昆布をあわせて、レモン汁を絞ります。

なすの味噌炒め

なすの味噌炒め

乱切りにしたなすとしょうがの千切りを油で炒め、しんなりしたところにあらかじめあわせておいた味噌、酒、しょうゆを投入。軽く煮詰めるように炒め合わせてうつわに盛り。千切りの大葉をのせます。

暑い時には暑いもの、ってことで夏場もほぼ毎日添えている汁もの。普段は味噌汁にすることが多いですが、メインが味噌炒めの時は味噌かぶりを回避します。今日は近頃お気に入りのなんちゃってサンラータン風卵スープにしました。酸味のきいたスープがしみじみと心地良いのは、やっぱりこの暑さのせいかしら。合わせる酒は、迷った時の焼酎ソーダ割り。

さて、本日は炒めにていただきましたが、なすを使ったつまみで頻繁に登場するのは蒸しなすでしょうか。

蒸しなすつまみいろいろ

こうして見ると、本当に蒸しなすばかり食べている。蒸してしまえばしょうゆやナンプラー、梅干し、ポン酢など、どんな味付けにも対応できるから、使い勝手がいいんですよね。

蒸しなすを多様するようになったきっかけは、台湾一周の旅。いろんな食堂で食べたなす料理にすっかり影響されてしまったのでした。

台湾一周一人旅

でも、台湾で食べたなす料理って、ほぼ揚げか炒めだったんだけどね。それを勝手に脳内で変換して、より簡単な蒸しなすにしてしまっただけなんだけどね。

のほほんと過ごしていたら、もう9月。今年中にまたふらりと海外行けるかな?

 




関連記事

白菜と卵の味噌汁 大根しょうゆ漬け ほうれん草ときのこのナムル さつまいもとひき肉のしょうが煮

さつまいもとひき肉のしょうがあん、白菜とおとし卵の味噌汁献立。

本日のメインは、さつまいも。めずらしくいも系のおかずが続きます。 さつまいもと肉の組み

記事を読む

要領が悪い人の料理。

要領が悪い人、それは私です。 どれくらいの悪さかというと、効率を重視して動ける人、もしくは

記事を読む

トマトと大葉のオイルパスタ

休肝日ごはん トマトと大葉のオイルパスタ献立。

連休中に出かけたベトナムで調達したバッチャン焼きの椀。昨日初めて使ってみましたが、なかなかい

記事を読む

蓬莱小町桜

岐阜の酒 蓬莱小町桜で晩酌 蒸し鶏のネギザーサイ和え、焼き大根。

東海地方に入りました。 ここまで来るとものすごく進んだ気がしてしまいます。 関連

記事を読む

焼ききたあかり

焼ききたあかり、ほうれん草と豚肉のからし和え献立。

2020年最初の晩酌記事です。 といいつつ、年末に撮った写真がまだ少し残っているので小

記事を読む

魚で家飲み 7/29 薬味たっぷり鰹の塩たたき

あああ、土用の丑の日か!! 鰻大好物なんです。 が、行列や混雑がことのほか苦手なので、今日鰻

記事を読む

秋鮭とキャベツのしょうが蒸し、なめこ豆腐 一人晩酌 12/8。

ネットで注文していて本日到着する予定だった日本酒が届いていない。 うう、一旦帰宅してか

記事を読む

きぬかつぎ

白菜と蒸し鶏の梅和え、きぬかつぎ献立。

白菜が幅をきかせてまいりました。 白菜愛好家としては何かと捗るこの季節。どかんと大きい

記事を読む

豚ロースの梅照り焼き定食

豚ロースの梅照り焼き、小松菜とひらたけのおひたし献立。

生野菜をむしゃむしゃ頬張る快感は白ごはんのそれとも通じるものがある。そう考えるようになってか

記事を読む

秋刀魚のしょうが蒸し

秋刀魚のしょうが蒸し、キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え献立。

さんま、サンマ、秋刀魚の季節になりました。 今年は豊漁という耳寄りなニュースがあった途

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑