休肝日ごはん さば納豆丼献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

さば納豆丼献立

さば缶を開けたら、まずは玉ねぎとあわせてつまみにする。

さば水煮缶と新玉ねぎのサラダ、セロリのおひたし献立。

その後は納豆に合わせることが多いです。

いつもはそのまま食べるけれど、週明けは休肝日ということで、丼ものにしてみました。丼といっても、御察しの通り、ごはんにのせただけです。

さば納豆丼、きのこと白菜の味噌汁献立

さば納豆丼献立

  • きのこと白菜の味噌汁
  • ぬか漬け
  • さば納豆丼

きのこと白菜の味噌汁

きのこと白菜の味噌汁

いりこ出汁にひらたけと白菜、油揚げを入れた味噌汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんとセロリ。

鯖納豆丼

鯖納豆丼

さばの水煮をざっくりほぐして納豆、ねぎ、しょうゆを加えて混ぜます。青菜をゆでて絞り、軽く塩で味付けして刻んだものとごまをごはんに混ぜてうつわに盛り、納豆、ねぎの小口切り、おろししょうがを乗せます。

さばと納豆をのせたごはん。想像していた味よりも一段上の旨さになったのは、しょうがのおかげかと。おろししょうがを加えることでピリッと味が引き締まり、丼としてのクオリティが上がりました。しょうがパワー恐るべし。そしてしつこくみかんを食べるのであった。

休肝日の献立

なくても全く問題ない青菜をごはんに入れたのは、かぶの葉がしなってきていて早く使いたかったからです。かぶの葉は味噌汁に入れてもよかったのだけど、前に食べた菜飯が妙に旨かったもので、また食べたくなったのですよ。

休肝日ごはん 塩鮭の粕汁、菜飯献立。

青菜が入ったごはんは歯触りが楽しいし、色合いもよくなりますね。

190225_gohan_8

納豆のせちゃったら色合いはあまりわからないか。

さて、さばと並んで本日のもうひとつの主役、納豆。普段はあまり深く考えることなく使っておりますが、これだけ癖が強いのにやたらと汎用性が高いのはなぜでしょう。何にでも合う、食べやすい食材ではないというのに使い勝手がいいなんて、不思議といえば不思議ですね。ごはんや麺にあわせるのはもちろん、野菜と和えたり、味噌汁に入れたりと、匂いがキツイくせに変幻自在。

蕪とツナのしょうが蒸し焼き、納豆汁で晩酌。

豆腐、油揚げ、厚揚げ、納豆、味噌。大豆製品なくしては、我が食生活は到底成り立ちません。素朴だけれどあればうれしい、お豆さんありがとう。

嵐のよるに。

 




関連記事

ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルー、小松菜の梅和え献立。

夏だ夏だ、夏野菜だ! 先日のとうもろこしに引き続き、こちら今季初となるゴーヤの登場です

記事を読む

春の晩酌レシピ 鶏もも肉と水菜の酒蒸し、蕗味噌。

お、ふきのとうが出てる。 いつもの八百屋にパトロールに出るとふきのとうが目立つところに

記事を読む

まぐろの尾の身ステーキ献立

まぐろの尾の身ステーキ、白菜のサラダ献立。

焼いてステーキと銘打てばなんでもご馳走。野菜も豆腐も漬ものも、ステーキになれば一気にゴージャスな

記事を読む

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。 2週間でウエストマイナスんcm

記事を読む

きくらげとねぎの卵炒め献立

きくらげとねぎの卵炒め、肉団子と大根の味噌汁献立。

二日目のカレーは美味しい、などと申しますが、二日目の肉団子も旨い。 いや、旨いのは団子

記事を読む

キャベツとしらすのアーリオオーリオ

休肝日ごはん キャベツとしらすのアーリオオーリオ。

週の初めは休肝日。日・月と2日連続ノンアルコールで過ごしています。 基本はごはんものが

記事を読む

40代1人暮らしの晩ご飯 カラフルな食卓。

葉野菜が好きなもので、普段はどうしても緑の多い食卓になってしまいます。 が、今夜は違う

記事を読む

要領が悪い人の料理。

要領が悪い人、それは私です。 どれくらいの悪さかというと、効率を重視して動ける人、もしくは

記事を読む

豚肉と青梗菜の炒めもの、なめこおろしでひとり晩酌。

いやー。 寒さより暑さに100倍強い私ですが、さすがにここまで来ると 「暑い..

記事を読む

さんまの酒蒸し献立

さんまの酒蒸し、きのこと小松菜の梅和え献立。

家具やらインテリア製品やらを購入するにあたって、店でチェックしたときにはそうでもなかったのに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑