休肝日ごはん さば納豆丼献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

さば納豆丼献立

さば缶を開けたら、まずは玉ねぎとあわせてつまみにする。

さば水煮缶と新玉ねぎのサラダ、セロリのおひたし献立。

その後は納豆に合わせることが多いです。

いつもはそのまま食べるけれど、週明けは休肝日ということで、丼ものにしてみました。丼といっても、御察しの通り、ごはんにのせただけです。

さば納豆丼、きのこと白菜の味噌汁献立

さば納豆丼献立

  • きのこと白菜の味噌汁
  • ぬか漬け
  • さば納豆丼

きのこと白菜の味噌汁

きのこと白菜の味噌汁

いりこ出汁にひらたけと白菜、油揚げを入れた味噌汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんとセロリ。

鯖納豆丼

鯖納豆丼

さばの水煮をざっくりほぐして納豆、ねぎ、しょうゆを加えて混ぜます。青菜をゆでて絞り、軽く塩で味付けして刻んだものとごまをごはんに混ぜてうつわに盛り、納豆、ねぎの小口切り、おろししょうがを乗せます。

さばと納豆をのせたごはん。想像していた味よりも一段上の旨さになったのは、しょうがのおかげかと。おろししょうがを加えることでピリッと味が引き締まり、丼としてのクオリティが上がりました。しょうがパワー恐るべし。そしてしつこくみかんを食べるのであった。

休肝日の献立

なくても全く問題ない青菜をごはんに入れたのは、かぶの葉がしなってきていて早く使いたかったからです。かぶの葉は味噌汁に入れてもよかったのだけど、前に食べた菜飯が妙に旨かったもので、また食べたくなったのですよ。

休肝日ごはん 塩鮭の粕汁、菜飯献立。

青菜が入ったごはんは歯触りが楽しいし、色合いもよくなりますね。

190225_gohan_8

納豆のせちゃったら色合いはあまりわからないか。

さて、さばと並んで本日のもうひとつの主役、納豆。普段はあまり深く考えることなく使っておりますが、これだけ癖が強いのにやたらと汎用性が高いのはなぜでしょう。何にでも合う、食べやすい食材ではないというのに使い勝手がいいなんて、不思議といえば不思議ですね。ごはんや麺にあわせるのはもちろん、野菜と和えたり、味噌汁に入れたりと、匂いがキツイくせに変幻自在。

蕪とツナのしょうが蒸し焼き、納豆汁で晩酌。

豆腐、油揚げ、厚揚げ、納豆、味噌。大豆製品なくしては、我が食生活は到底成り立ちません。素朴だけれどあればうれしい、お豆さんありがとう。

嵐のよるに。

 




関連記事

過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく書いています。 一人で過ごす

記事を読む

蒸し鶏のねぎソース

蒸し鶏のねぎソース、豆腐とごぼうの煮もの献立。

おなじみ、蒸し鶏です。あたたかくなってくると、この手の冷菜メインの晩酌もアリですね。いつも

記事を読む

鯖と新玉ねぎのサラダ

さば水煮缶と新玉ねぎのサラダ、セロリのおひたし献立。

新玉ねぎが並び始めましたね。 日の出時間が早まったり、上着を変えたくなったり、花の香り

記事を読む

家飲み献立 12/16 豚肉とれんこんの塩焼き、白菜とトマトのスープ。

いやー、ナメてたわー。 日本の寒さ完全にナメてたわー。 と、思わずミサワ化してしまう

記事を読む

白菜と豚肉の重ね蒸し献立

白菜重ね蒸し、炒め大根のスープで家飲み。

白菜が安く出ていました本当にありがとうございます。 いや、安いといってもこの時期の激安

記事を読む

天然淡路島の漁師のおさかなしゃぶしゃぶで贅沢晩酌。

前回の帰省時に引き続き、今回も贅沢なお取り寄せで家族に恩を売る作戦を実行致しました。

記事を読む

豚肉とわかめの卵炒め 献立

豚肉とわかめの卵炒め、白菜と春雨のスープ。

寒い...。 確実に日が長くなっているのに、寒い。やれやれ、もうしばらくこの寒さに耐え

記事を読む

70代ミニマリストの調味料。

By: Franck Michel[/caption] 今年の正月に人様の家の様子を勝手にブ

記事を読む

外でランチはもう古い?ランチタイムは消えるのか。

なんと!気がつけばもう2年が経過しているではないですか。 関連 休肝日は休胃日に。夕食

記事を読む

家飲み献立 10/11 パンにぶどう酒。

今日は昼が遅かったので夜は抜こうかな…と思ったのですが、遅くになって小腹が減ったし、何か呑み

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑