牡蠣豆腐、焼きれんこん献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

牡蠣豆腐献立

初牡蠣です。

外ではすでに何度か口にしておりましたが、家飲みつまみとしては今シーズン初登場の牡蠣。小ぶりな牡蠣がなかなかお買い得だったのでたまらず手にとった次第です。

小さくたって、牡蠣は牡蠣。

そう呟かずにはいられない牡蠣エキスたっぷりの汁飲みを堪能しました。

牡蠣豆腐、焼きれんこんで晩酌

牡蠣豆腐、焼きれんこんで家飲み

  • ぬか漬け
  • 小松菜とツナの塩昆布和え
  • 焼きれんこん
  • 牡蠣豆腐

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは紅芯大根とキャベツ。大根の色合いを活かすならぬか漬けよりも甘酢漬けがいいですね。ぬか漬けも旨いんですけどね。

小松菜とツナの塩昆布和え

小松菜とツナの塩昆布和え

ゆでた小松菜をツナと塩昆布で和えたもの。

焼きれんこん

焼きれんこん

縦方向に大きめに切ったれんこんにオリーブオイルをまぶしてフライパンで焼きます。こんがり焼き目がついたらうつわに盛り、粗塩と胡椒を振るだけ。

牡蠣豆腐

牡蠣豆腐

牡蠣は片栗粉をまぶして洗い汚れを取ります。鍋に出汁昆布と酒を入れ火にかけ、牡蠣を入れてぷっくりと膨らんだところで一旦取り出します。牡蠣エキスが出た出汁に豆腐を入れて煮たら味噌を溶き入れ牡蠣を戻し入れ、三つ葉を加えてさっと煮たら完成。

このサイズ感なら汁ものか炒めものだな。牡蠣オムレツってのもいいなあ、台湾で食べたあの感じで。

台湾一人旅でもローカルフードを楽しみたい!台湾一周旅行の食事 その1。

汁ものなら昆布出汁のみで軽く温めてポン酢でいくタイプにするかあるいは、と悩みに悩みましたが、今回は味噌味に落ち着きました。牡蠣出汁たっぷりで燗酒が旨い。旨い汁で酒を飲む汁飲みは寒い季節の大ご馳走ですね。

日本酒にあうおつまみレシピ

ころんと大ぶりの牡蠣ならばシンプルに蒸す焼く炒めるなど、それらしい勝負ができます。

牡蠣とねぎのしょうゆ炒め、しめじと玉ねぎの卵とじ献立。

でも、こう小さいと出汁として機能させたくなりますね。小さかろうが牡蠣エキスはたっぷり出るので。

牡蠣豆腐(味噌味)

牡蠣と味噌といえば、広島辺りに土手鍋という暴力的な料理がありますね。牡蠣に味噌だからそりゃおおよその味の予想はつきますが、やはりあの見た目通り破壊力抜群のお味なのでしょうか。いつかこの目でこの舌で確かめてみたいものです。

 




関連記事

蒸し鶏となすのサラダ

蒸し鶏となすのサラダ、焼きピーマン献立。

便宜上、蒸し鶏となすのサラダとしましたが、なすも蒸しています。さらに、なすとほぼ同量のトマト

記事を読む

切り昆布と豚肉の炒め煮献立

切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立。 えびとかぼちゃのタル

記事を読む

鮭と大葉の和風ポテトサラダ

鮭の和風ポテトサラダ、ピーマンの丸ごと煮献立。

36度ですって。 今週頭は寒いとかなんとか言ってたのに、36度ですって。 こう暑

記事を読む

蒸し鶏のねぎソース

蒸し鶏のねぎソース、蒸し白菜おろし和え献立。

古より受け継がれし論争といえば、一人暮らしで自炊をする意味があるのか問題。 十数年前ま

記事を読む

蒸し鶏とにらのしょうがだれ献立

しらたきのたらこ炒め、蒸し鶏とにらのしょうがだれ献立。

並び的には蒸し鶏がメインにくる献立なのですが、どうにもたらこ炒めの桃色が主張してくるので配置

記事を読む

秋刀魚の塩焼きを頭から骨ごと食べる人。

40代ともなれば体にガタもこようというもの。頭からつま先まで、あっちもこっちも気になってくる

記事を読む

かれいの煮付け

カレイの煮付け、空芯菜のおひたしで晩酌。

友人と美味い魚でも食べに行こうという話をしていてどこがいいかなとあれこれ考える日中。

記事を読む

白菜と春雨の煮もの献立

白菜と春雨の煮もの、青梗菜としめじのスープ献立。

夕食を作り始めてから急激にお腹が空いてメニューを変更することはありませんか? 私はあり

記事を読む

ごぼうと牛肉のしぐれ煮献立

ごぼうと牛肉のしぐれ煮、小松菜の白和え献立。

しっかり濃い味に煮詰めたしぐれ煮。この手のおかずはごはんも進むし、お弁当のおかずにもいいし、

記事を読む

カヴァで家飲み オイルサーディンのオーブン焼き、トルティージャ。

よく晴れた週末の朝。 むくりと起き出してカヴァを冷蔵庫に入れるところから1日がスタートした

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑