牛肉とこんにゃくのきんぴら、新じゃがとわかめの味噌汁献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

牛肉とこんにゃくのきんぴら

こんにゃくが食べたい。突然そんな気分になる時は、体から何かしらの信号が発せられているのでしょうか。食物繊維をもっとよこせ、という腸内の叫びか。

地味な存在のこんにゃくではありますが、こんにゃくメインのつまみって、意外といろいろある。

こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

本日はバッチバチに叩いたこんにゃくを使って一品。力任せにこんにゃくを叩く工程はストレス解消にもいいですね。

牛肉とこんにゃくのきんぴら、わかめとじゃがいもの味噌汁で晩酌

牛肉とこんにゃくのきんぴら献立

  • わかめとじゃがいもの味噌汁
  • セロリの浅漬け
  • トマトと新玉ねぎのサラダ
  • 牛肉とこんにゃくのきんぴら

わかめとじゃがいもの味噌汁

わかめとじゃがいもの味噌汁

大きめに切ったじゃがいもとわかめの味噌汁。出汁はいりこです。

セロリの浅漬け

セロリの浅漬け

薄切りにしたセロリを塩で揉んだだけの簡単浅漬け。

トマトと新玉ねぎのサラダ

トマトと新玉ねぎのサラダ

薄切りにして水にさらした新玉ねぎとくし形に切ったトマト、千切りの大葉を塩、レモン汁、オリーブオイルで和えたシンプルなサラダ。

牛肉とこんにゃくのきんぴら

牛肉とこんにゃくのきんぴら

こんにゃくは厚みを半分にして下茹でし、布巾に包んで綿棒で叩きのめしてボロ雑巾なみにボロボロにします。フライパンにごま油をひきボロボロこんにゃくを入れ、水分を飛ばすように炒めたら牛薄切り肉、唐辛子、しょうゆ、みりんを加えてさらに炒め合わせます。しっかり味が絡んだらごまを振り入れて完成。

叩かないこんにゃくでも同じくきんぴらはできるけれど、叩いたこんにゃくの味の染み方とか食感が好きなので、ついつい叩いてしまいます。しっかりと甘辛いしょうゆ味は日本酒のお供にもってこい。幸いこんにゃくにぶつけたいような怒りもストレスも今のところはございません。

日本酒にあうおつまみレシピ

こんにゃくといえば、以前ちょっとハマった時期があり、ちょくちょくこんにゃく麺を食べておりました。

糖質制限中でもお腹いっぱい食べられるおすすめ麺。

別に真剣に糖質制限してたわけじゃないんですけどね、単に味が好きでね。

マイブームが去ってからはあまり食べてないけれど、その間にこんにゃく麺もまた進化を遂げていたりするのでしょうかね。

 




関連記事

簡単おつまみ 8/15 イカとセロリの中華和え。

あれ…。 今の今まで今日は木曜日だと思ってました。 お勤めしていないのでただでさ

記事を読む

鮭の粕汁、だし巻き染めおろし

鮭の粕汁、だし巻き染めおろし献立。

今夜のメインは出汁巻き。でも、心のメインは、粕汁。 汁ものをアテに酒を飲むのが好きなの

記事を読む

まぐろの尾の身ステーキ献立

まぐろの尾の身ステーキ、白菜のサラダ献立。

焼いてステーキと銘打てばなんでもご馳走。野菜も豆腐も漬ものも、ステーキになれば一気にゴージャスな

記事を読む

家飲みメニュー 8/4 酒肴ちょこちょこ盛り。

先ほど器に関する記事を書きましたが、今使っている揃いの器は思いっきり酒呑み仕様の肴サイズだという

記事を読む

大根と牛肉のバター煮

大根と牛肉のバター煮、焼き甘長で家飲み。

大根といえば圧倒的に焼き大根率が高い我が家ですが、本日は珍しく甘辛い醤油味の煮物に。

記事を読む

神戸 新開地「大谷」の貝つぼ焼きと、マスコット。

貝のつぼ焼きは、わが故郷神戸の名物料理である。 その事実を知ったのは、昨年の年明けでし

記事を読む

新玉ねぎと卵の炒め物

家飲み献立 5/15 新たまねぎの卵炒め、春菊胡麻和え。

いやあ「新」っていいですよね。 先日も登場した新たまねぎで晩酌メニューを用意しました。

記事を読む

モツ鍋(もどき)

モツの入っていないモツ鍋(もどき)で晩酌。

いきなりの、鍋。 急に寒くなったとはいえ、なぜ今わざわざ食べるのだ、という感じの鍋。

記事を読む

梅納豆おろしうどん

休肝日のメニュー 梅納豆おろしうどん。

休肝日、とか言ってますが、休ませたいのは肝臓じゃなくて腰。ぎっくり腰のおかげで久しぶりに4日

記事を読む

砂肝ポン酢

砂肝ポン酢、大根梅紫蘇サラダで家飲み。

砂肝連打。 砂肝ってスーパーで買うとどんなに小さなパックでも1人暮らしが1回で食べ切れ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑