牛肉とこんにゃくのきんぴら、新じゃがとわかめの味噌汁献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

牛肉とこんにゃくのきんぴら

こんにゃくが食べたい。突然そんな気分になる時は、体から何かしらの信号が発せられているのでしょうか。食物繊維をもっとよこせ、という腸内の叫びか。

地味な存在のこんにゃくではありますが、こんにゃくメインのつまみって、意外といろいろある。

こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

本日はバッチバチに叩いたこんにゃくを使って一品。力任せにこんにゃくを叩く工程はストレス解消にもいいですね。

牛肉とこんにゃくのきんぴら、わかめとじゃがいもの味噌汁で晩酌

牛肉とこんにゃくのきんぴら献立

  • わかめとじゃがいもの味噌汁
  • セロリの浅漬け
  • トマトと新玉ねぎのサラダ
  • 牛肉とこんにゃくのきんぴら

わかめとじゃがいもの味噌汁

わかめとじゃがいもの味噌汁

大きめに切ったじゃがいもとわかめの味噌汁。出汁はいりこです。

セロリの浅漬け

セロリの浅漬け

薄切りにしたセロリを塩で揉んだだけの簡単浅漬け。

トマトと新玉ねぎのサラダ

トマトと新玉ねぎのサラダ

薄切りにして水にさらした新玉ねぎとくし形に切ったトマト、千切りの大葉を塩、レモン汁、オリーブオイルで和えたシンプルなサラダ。

牛肉とこんにゃくのきんぴら

牛肉とこんにゃくのきんぴら

こんにゃくは厚みを半分にして下茹でし、布巾に包んで綿棒で叩きのめしてボロ雑巾なみにボロボロにします。フライパンにごま油をひきボロボロこんにゃくを入れ、水分を飛ばすように炒めたら牛薄切り肉、唐辛子、しょうゆ、みりんを加えてさらに炒め合わせます。しっかり味が絡んだらごまを振り入れて完成。

叩かないこんにゃくでも同じくきんぴらはできるけれど、叩いたこんにゃくの味の染み方とか食感が好きなので、ついつい叩いてしまいます。しっかりと甘辛いしょうゆ味は日本酒のお供にもってこい。幸いこんにゃくにぶつけたいような怒りもストレスも今のところはございません。

日本酒にあうおつまみレシピ

こんにゃくといえば、以前ちょっとハマった時期があり、ちょくちょくこんにゃく麺を食べておりました。

糖質制限中でもお腹いっぱい食べられるおすすめ麺。

別に真剣に糖質制限してたわけじゃないんですけどね、単に味が好きでね。

マイブームが去ってからはあまり食べてないけれど、その間にこんにゃく麺もまた進化を遂げていたりするのでしょうかね。

 




関連記事

きくらげと白葱の和えもの他5品。

夕方、光化学スモッグ注意報が出ましたね。 いきなり放送が流れ出したのでちょっとビビリました

記事を読む

焼きなすとツナのおろし和え

焼きなすとツナのおろし和え、ゆでとうきび献立。

夏野菜連打の夏祭りです。 本日はなすをメインに据えました。 大きななすをたっぷり

記事を読む

鶏肝煮献立

鶏肝煮、おつまみ奴献立。

気持ち悪い。 自分で画像を加工しながら、ちょっとグロいなと思ってしまいました。

記事を読む

油揚げと三つ葉の卵とじ、砂肝のポン酢漬け。

さーむっ!!!! と、思わず叫んでしまう寒い1日でした。 今日は帰りがすごく遅く

記事を読む

東京駅でも買える品川名物「貝づくし」はかなり危険な駅弁だった。

さて、またまた移動です。 行き先はまたまた関西方面です。 なんだかんだと言いながらも

記事を読む

白菜と春雨の煮もの献立

白菜と春雨の煮もの、青梗菜としめじのスープ献立。

夕食を作り始めてから急激にお腹が空いてメニューを変更することはありませんか? 私はあり

記事を読む

砂ずり塩焼き

砂肝の塩焼き、にんじんとわかめのナムル。

砂肝、砂ずり。 個人的には焼き鳥屋の品書きで記されている印象の強い「ずり」がしっくりく

記事を読む

牡蠣と春雨の炒めもの

牡蠣と春雨の炒めもの、わかめと卵のスープ献立。

近所の店で広島産の大ぶりな牡蠣が小分けで、しかも安くで売られている。あれをどうしてやろうかと

記事を読む

渋谷 鳥竹総本店

渋谷・鳥竹総本店で昼飲みを楽しむ。

By: Kzaral[/caption] 土曜日の渋谷は久しぶり。 というか、人混みが

記事を読む

エンサイと豚肉の炒めもののっけごはん

エンサイと豚肉の炒めもののっけごはん。

エンサイ。つまり、空芯菜です。 先日勢いで購入した香り米があるし、これはのっけごはんし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑