大分の酒 西の関 手造り純米酒で晩酌 にんじんと牛肉の塩煮、梅わかめ奴献立。

大分の酒 西の関

手持ちの札(酒屋)を何軒か見回って、ようやく大分の酒を発見しました。

残すターゲット県が少なくなってくると、やはり難しいものです。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

最近最も懇意にしている酒屋は頻繁に品揃えが変わるけれど、それでもそろそろ通販のお世話になりそうな予感がしています。

大分の酒 西の関 手造り純米酒

大分の酒 西の関 手作り純米

大分の酒、西の関。「手造り純米」とはこれいかに。

関連 手造り純米酒(西の関)

まろやかな膨らみを持つ、米本来の芳醇タイプのお酒。

あれ、めちゃくちゃあっさりした商品解説ですね。とにかく飲め、飲んで感じろ、ってことでしょうか。文言はそっけなくともサイトではそれぞれの製品の特徴がわかりやすく図解されていて、この手造り純米酒は中口の酒で、ひやもしくはぬる燗がおすすめだそう。

とりあえずはひやで一口。あ、結構濃いですね。
「濃い」というのは味わいの話。ふわっと香るタイプではないけれど、味わいはしっかり濃くやや酸味も感じる。中口というからもっと甘めなのかと思いきや、後味は意外に辛味も際立つような。確かに、ちょっと燗するのもよさそうです、とか言ってますけども、比較対象なく判断するのは難しいですね。これまで飲んだ酒を全部舌が覚えているかといえば当然そんなことないもの。

大分の酒 西の関 手造り純米酒

蔵元  萱島酒造有限会社(大分県・国東市)
種類  純米酒
精米歩合  60% (八反錦、ヒノヒカリ)
日本酒度  -1.5
酸度  1.4
アルコール度  15度

にんじんと牛肉の塩煮、梅わかめ奴献立

にんじんと牛肉の塩煮献立

  • ぬか漬け
  • ピーマンのおかか炒め
  • 梅わかめ奴
  • にんじんと牛肉の塩煮

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはオクラ、セロリ、なすの三種盛り。

ピーマンのおかか炒め

ピーマンのおかか炒め

細切りにしたピーマンを油で炒めてしょうゆをちょろっとたらし、かつお節を振ってざっと混ぜるだけ。

梅わかめ奴

梅わかめ奴

わかめ、梅干し、大葉をのせた冷や奴。ごま油をたらして。

にんじんと牛肉の塩煮

にんじんと牛肉の塩煮

フライパンで牛薄切り肉を炒め、色が変わったら大きく切ったにんじんを投入。叩き割った粒胡椒、酒を加え蓋をして蒸し煮にします。最後に戻しておいた春雨を加え、塩で調味して完成。

塩煮はいつもお世話になってます、ウーウェンさんのレシピが元ネタ。普段脇役に甘んじがちなにんじんをドカンとメインに据えてボリボリと頬ばると妙な満足感があり旨いです。これだとにんじん丸ごと1本ペロリと食べられるね。

おつまみレシピブログ

しかしなんという手抜き献立。かろうじておかか炒めと塩煮は調理のプロセスが入っているけれど、いずれもあきれるほどの手間いらず。しかしながら絶対に外してはならないポイントはにんじんがまだちょっとかたいよね?くらいで引き上げること。やわらかーく煮てしまうと全く異なる料理になる、気がするのです。

 




関連記事

塩鶏と水菜の酒蒸し

晩酌メニュー 塩鶏と水菜の酒蒸し、葱の卵炒め。

食事の準備が終わってからテーブルを見て 「あれ?今夜はちょっとボリュームが少なめだった

記事を読む

卵ときくらげの炒めもの

きくらげと卵のしょうゆ炒め、うるいとツナの和えもの献立。

ここ数年できくらげと親密になりました。 昔は殆ど使ったことがなかったきくらげ、乾物で賞

記事を読む

キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん

休肝日ごはん キャベツと豚肉のナンプラー炒めのせごはん献立。

週の初めは休肝日。 休肝日の献立は、味噌汁、漬もの、ごはんという基本の組み合わせでどう

記事を読む

にんじんだけのレシピ

人参の葱塩炒め、白菜のサラダ。

大根おろしが苦手だと再三書いていますが、千切りも好きではありませんでした。 何しろ、手

記事を読む

家呑み献立 9/2 さばの水煮とちょこちょこ小鉢。

  うーん…。 スカッと晴れたけど、やっぱりもう30度超えはないのかしら。

記事を読む

ほんの少し、を楽しむ贅沢。

先日は昼ごはんとはいえないような時間にしっかりしたものをたっぷり食べてしまったのでいつものような晩酌

記事を読む

豚とわかめの梅しゃぶ、キャベツのしょうが炒め献立。

現在わたくし本体はベトナムでごくごくビールを飲んでおります。 ベトナム一人旅、タンディン教

記事を読む

秋刀魚のしょうが味噌汁

焼き里芋、秋刀魚のしょうが味噌汁献立。

秋刀魚のアラで味噌汁の出汁をとっても良い。 それがわかったので、どうせなら身も入れてや

記事を読む

ぶりと青菜のごま油蒸し、きのこ汁で晩酌。

珍しく休肝日明けにワインメニューだったのでなんとなく久しぶりな感じがするいつもの晩酌。

記事を読む

分葱の納豆和え

晩酌献立 分葱の納豆和え、春菊のサラダ。

休肝日明けの晩酌です。 週末は外食が多くなるからか、はたまた胃と肝臓を休ませる影響なの

記事を読む

Comment

  1. 別府美人 より:

    初めまして♪ (^o^)丿
    大分県のお酒を飲んでいただき
    ありがとうございま~す★
    《西の関》・・・もしかしたら
    九州の甘いお醤油を使った料理に合うように造ったお酒ではないでしょうか♪ (^_-)-☆
    いつも「小さなおかず」を品良くまとめた盛り付けに
    ガサツなアタシは『ほぉ~~ぅ♪』と、うっとり見惚れております♪

    • crispy-life より:

      別府美人さん

      はじめまして、コメントありがとうございます。

      そんな、酒飲んでお礼を言っていただくなんて恐縮ですこちらこそありがとうございます。確かに私も飲みながら九州のしょうゆのことを思い出していました。普段辛口の酒を選びがちではありますが、料理によっては中口や甘口のほうが引き立つこともあるんですよね、きっと。細々と研究していきたいです。

      ところでわたくし相当ガサツですよ。つまみ写真ではガサツそうに見えないとしたら、それはきっと晩酌への溢れる愛の成せる技なのでしょう。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  2. みっちゃん より:

    お初で失礼いたします。

    毎度 勝手に大変お世話になっておりました。

    今回の記事でupされておりました 『ぴーまんのおかか』の器。

    とてつもなく気になるのですが、穴はなんですか、、

    • crispy-life より:

      みっちゃんさん

      コメントありがとうございます。ですよね、気になりますよね、私も気になりました。

      これは益子の陶器市で購入したうつわでして、なんでもお花とかそういうものを挿して飾るための穴だそうです。購入時に同じ質問をした際、なんとかって正式名称らしきネーミングを教えていただいたのですが、あああ出てこない。ぜんっぜん出てこない。こないだまで覚えてた気がするのに出てこない。どなたかお詳しい方教えていただけませんでしょうか。

      すっきりするお答えができずすみません。これに懲りずに今後ともよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑