休肝日ごはん 納豆チャーハン、白菜の黒酢スープ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

納豆チャーハン献立

休肝日の晩ご飯、またまたチャーハンの登場です。

前回はシンプルの極みでしたが、今回は具入り。

ねぎと卵のシンプルなチャーハン献立。

よくよく考えたら納豆チャーハンって、納豆かけごはんを炒めただけの代物ですね。

休肝日ごはん 納豆チャーハン、白菜の黒酢スープ献立

休肝日ごはん 納豆チャーハン、白菜の黒酢スープ献立

  • 白菜の黒酢スープ
  • 大根とにんじんの甘酢漬け
  • キャベツのからし和え
  • 納豆チャーハン

白菜の黒酢スープ

白菜の黒酢スープ

鶏がらスープで白菜とえのきをゆで、黒酢と胡椒で味付けします。

大根とにんじんの甘酢漬け

大根とにんじんの甘酢漬け

本日の漬ものは大根とにんじんの甘酢漬け

キャベツのからし和え

ゆでたキャベツをからしと粗塩で和えたもの。

納豆チャーハン

納豆チャーハン

フライパンに油をひき、付属のたれで味付けした納豆を入れ表面に焼き色をつけるようなイメージであまり混ぜずに炒めます。冷やご飯と溶き卵を合わせたものを加えてパラリとなるまで炒めたらみじん切りのねぎを加え、塩とねぎ油を加えてざっと混ぜたら完成。

お気づきかと思いますが、キャベツに使ったからしは納豆についていたもの。ゆでキャベツは鰹節や梅干し、塩昆布にわさびオイル、ナンプラーにごま油など、いろんなもので味付け可能なのでどうしようかと考えたのですが、今日のところは余ったからしを採用しました。

集合写真の色味がやや寂しい気がしたので、デザートのみかんをそっと置いてみる。冬の間は毎日食べ続けていたみかんも、そろそろ終わりかな。

休肝日の献立

ごはんに納豆、卵、ねぎ。

ごはんが炊きたてであれば普通にこのまま食べてもいい組み合わせ。冷やごはんや冷凍ごはんなら炒めるのもいい選択でしょう。が、風味がどこかへ行ってしまうので、ねぎ油たらすならば納豆チャーハンじゃなくてねぎのみのチャーハンのほうが効果的だったよね、と思う。

そしてよりチャーハンっぽく盛るのならやはり茶碗で型取りが気分でしょうか。

納豆チャーハン

なんとなくそれっぽく丸く盛ってみたけれど、やや胡散臭い。

チャーハンに野菜の副菜、漬もの、スープ。休肝日にはこのパターンの献立もアリですね。チャーハンバリエーションそんなにたくさん持っていないし、具沢山よりシンプル好きなので、毎度ねぎチャーハンになりそうだけどね。

 




関連記事

せとかと甘平を食べ比べてみた。

By: skyseeker[/caption] 毎日の晩酌日記と共に記録していた今月の「お遊び」

記事を読む

家飲み献立 鶏すき。

目論見どおり白菜の外葉を干せて満足の土曜日。 天気のいい日に野菜がカラッと干しあがった

記事を読む

手羽元黒酢煮

手羽元黒酢煮、ピーマンの塩昆布和え献立。

先日久しぶりに黒酢を導入しまして。 関連 トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立

記事を読む

蕪の煮物 献立

秋の家飲み献立 蕪の煮物、塩昆布奴。

なんだか淡白すぎてタイトルを見ても全然そそらない品書きですが。 依然蕪祭り開催中です。

記事を読む

小さい里芋の蒸し焼き

かぶと豚肉の梅炒め、小さい里芋の蒸し焼き献立。

小さい里芋。もっと他に言い方はないのかと考えてはみたけれど、やっぱり小さい里芋としか表現でき

記事を読む

牛肉とれんこんのしょうゆ炒め

牛肉とれんこんのしょうゆ炒め、葱塩奴で晩酌。

秋刀魚が出始めるとああ秋だなあと妙に実感が湧きますね。 秋刀魚、大好物です。 関連

記事を読む

神戸 新開地「大谷」の貝つぼ焼きと、マスコット。

貝のつぼ焼きは、わが故郷神戸の名物料理である。 その事実を知ったのは、昨年の年明けでし

記事を読む

きのことぬか漬けのパスタ

きのことぬか漬けのスパゲティ、白菜のサラダ献立。

久しぶりにパスタで夕食。そして珍しく、ノンアルコールです。 普段夜ご飯としてパスタ系を

記事を読む

菊水純米吟醸ひやおろし

新潟の酒 菊水 純米吟醸ひやおろしで晩酌 茄子の辛味噌炒め、温奴。

最近ではスーパーでもいろんな日本酒が買えるようになっているけれど、やっぱり酒屋のほうがいろい

記事を読む

蒸し鶏のニラソース

蒸し鶏のニラソース、モロヘイヤときのこの梅ポン酢。

少々食材を買い足して、あれはこうしてこれはこう、などと頭の中で組み立てながら帰宅した夕方。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑