白金高輪「酉玉」鶏のあちこちを串で楽しむ。

公開日: : 最終更新日:2015/08/25 食べること

toritama1

昨夜は友人との会合。
私のリクエストで焼き鳥にしました。

焼き鳥、大好きなんです。

が、東京ではこれといったいきつけ店を未だ見つけられておらず、慢性的な焼き鳥不足状態。開拓の意味も込めて行ったことのない白金の「酉玉」にチャレンジしました。
こちらは焼き鳥店の他に焼肉の店も展開しているようなので、もともと精肉関係なのかな?いろいろな部位が揃っていることも人気の要因になっているようです。

私は何でもOK、友人は内臓系統NGなので、別内容のおまかせ7本コースにしてもらい、後で好きなものを追加する作戦を取りました。

酉玉で上手に焼き鳥を食べるなら

うん、こちらのお店ではこのオーダーが正解だと思う。というか、それ以外はちょっと厳しいかも。

というのも、メニューを見ただけではどれがどの部位なのかがわかりずらく説明書きの類も一切ないので、この店での名称を把握してない状態で好みの部位をオーダーするのは難しいのです。お店の人と相談しながら決めたいところだけど、みなさんとっても忙しそうなのでドリンクのオーダー通すのでも気を使う有様。カウンターだけの小さな店とはいえ、常に満席状態だったのでタイミングもあるかもですが。

私が食べたのはせせり、みさき、レバー、金針菜 、八ツなどなど。いずれも焼き加減がよく、卓上に設置してある山椒や七味などをつけながら美味しく頂きました。

toritama2

これは追加でオーダーしたラクレット入りの油揚げとちょうちん(きんかん)。大好きなソレリスやきんかんもメニューにあったのが嬉しかった!

あー、やっぱりいいな、焼き鳥。焼き鳥+チューハイという黄金の組み合わせも久しぶりに堪能しました。

内臓系串は文句なしに旨いですが、食べやすい部位の串メニューや一品料理も充実しているので、内臓NGの人と一緒に行っても問題なく楽しめます。カウンター席のみだから1人でも使い勝手よさそうだけど、予約ナシで入れなさそうなところがややハードル高いかな…。1人で呑む時はふらっと立ち寄りたい派なんですよねえ。

私たちは今回恵比寿から徒歩15分程の外苑西通り沿いにある「本店」に行きましたが、恵比寿から歩くなら「別館」のほうがちょっとだけ近いですね。白金エリアの他、神楽坂や溜池山王、さらにシンガポールにも支店があるようです。へー、シンガポール?と気になって調べてみらたら、シンガポールの酉玉の隣には門仲の「折原商店」の名が。どうやら酉玉は折原がシンガポール事業の一環として手がけているようです。シンガポールでの「SAKE」の評判はどんなものなのかしら??

さてこの後はおとなしくカフェでお茶を飲んで電車で帰宅して機嫌よく就寝。結果、朝方激痛で目覚める羽目に。

酒を飲んだらちゃんと相応のケアをして寝ないと足がつるってあれほど学んだはずなのに、なぜ学習しないのか。思いっきり両足つってしまい、ひとり悶え苦しむ悲しい日曜日の朝となりました。うう。

参考 こむら返り予防に効果があった、カンタンな対策3つ。

久しぶりに高いヒールを履いて長距離歩いたことも原因かもしれないなあ。
もうホント辛いので気をつけます、はい。

酉玉(とりたま)
東京都港区白金6-22-19
03-5795-2950




関連記事

福島の酒 大七 純米生酛 爽快冷酒

福島の酒 大七 純米生酛 爽快冷酒で晩酌 牛肉とにんじんの塩煮献立。

前回の福島の酒ってなんだったっけ。 福島の酒 末廣 山廃純米 ひやおろしで家飲み 白菜

記事を読む

蕪とツナのサラダ、トマト塩奴で家飲み。

三度の飯より家飲み晩酌好きな私でも、旅から戻るとしばらくは自炊が面倒になります。 面倒

記事を読む

レタスチャーハン

休肝日ごはん レタスチャーハン、ねぎのしょうゆスープ献立。

いずれも非常に家庭的な葉野菜である、レタスとキャベツ。 両方好きだけど、我が家の購入及

記事を読む

ピーマンの卵炒め

ピーマンの卵炒め、つるむらさきのおひたし献立。

ピーマンって妙な形状の野菜だから、どこからどう手出しするか結構迷いますね。 丸ごと食べ

記事を読む

にんじんと牛肉の塩煮、かくや和えで家飲み。

和食の煮物はしょうゆ、砂糖を使った甘辛い味付けが王道ですね。 この甘辛系おかず群はやっ

記事を読む

セロリと豚の塩炒め

セロリと豚肉の塩炒め、三つ葉奴で家飲み。

外食では自ずとご馳走要素の強いメニューを選ぶことになります。 一人で外食する時には家で

記事を読む

銀座・三州屋的 鶏豆腐。

TGIF! いい天気だったけれどまだまだ寒い今夜。 帰りにスーパーに寄ると、久しぶり

記事を読む

プーパッポンカリー 一人

一人でもプーパッポンカリーが食べたい!バンコク女性一人旅の食事 その2。

さて、前回の続きです。 参考 一人でもマッサマンカレーが食べたい!バンコク女性一人旅の

記事を読む

銀座 泰明庵で、清く正しい蕎麦屋酒。

今日は夕方銀座で終了だったので 「明日は絶対蕎麦を食べるんだ」 と、昨日のうちか

記事を読む

塩鮭の粕汁、卵とキャベツのしょうゆ炒め献立。

冬の存在意義。それは、汁っぽい料理をアテに酒を飲む、いわゆる「汁飲み」が滅法捗ることである。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑