白金高輪「酉玉」鶏のあちこちを串で楽しむ。

公開日: : 最終更新日:2015/08/25 食べること

toritama1

昨夜は友人との会合。
私のリクエストで焼き鳥にしました。

焼き鳥、大好きなんです。

が、東京ではこれといったいきつけ店を未だ見つけられておらず、慢性的な焼き鳥不足状態。開拓の意味も込めて行ったことのない白金の「酉玉」にチャレンジしました。
こちらは焼き鳥店の他に焼肉の店も展開しているようなので、もともと精肉関係なのかな?いろいろな部位が揃っていることも人気の要因になっているようです。

私は何でもOK、友人は内臓系統NGなので、別内容のおまかせ7本コースにしてもらい、後で好きなものを追加する作戦を取りました。



酉玉で上手に焼き鳥を食べるなら

うん、こちらのお店ではこのオーダーが正解だと思う。というか、それ以外はちょっと厳しいかも。

というのも、メニューを見ただけではどれがどの部位なのかがわかりずらく説明書きの類も一切ないので、この店での名称を把握してない状態で好みの部位をオーダーするのは難しいのです。お店の人と相談しながら決めたいところだけど、みなさんとっても忙しそうなのでドリンクのオーダー通すのでも気を使う有様。カウンターだけの小さな店とはいえ、常に満席状態だったのでタイミングもあるかもですが。

私が食べたのはせせり、みさき、レバー、金針菜 、八ツなどなど。いずれも焼き加減がよく、卓上に設置してある山椒や七味などをつけながら美味しく頂きました。

toritama2

これは追加でオーダーしたラクレット入りの油揚げとちょうちん(きんかん)。大好きなソレリスやきんかんもメニューにあったのが嬉しかった!

あー、やっぱりいいな、焼き鳥。焼き鳥+チューハイという黄金の組み合わせも久しぶりに堪能しました。

内臓系串は文句なしに旨いですが、食べやすい部位の串メニューや一品料理も充実しているので、内臓NGの人と一緒に行っても問題なく楽しめます。カウンター席のみだから1人でも使い勝手よさそうだけど、予約ナシで入れなさそうなところがややハードル高いかな…。1人で呑む時はふらっと立ち寄りたい派なんですよねえ。

私たちは今回恵比寿から徒歩15分程の外苑西通り沿いにある「本店」に行きましたが、恵比寿から歩くなら「別館」のほうがちょっとだけ近いですね。白金エリアの他、神楽坂や溜池山王、さらにシンガポールにも支店があるようです。へー、シンガポール?と気になって調べてみらたら、シンガポールの酉玉の隣には門仲の「折原商店」の名が。どうやら酉玉は折原がシンガポール事業の一環として手がけているようです。シンガポールでの「SAKE」の評判はどんなものなのかしら??

さてこの後はおとなしくカフェでお茶を飲んで電車で帰宅して機嫌よく就寝。結果、朝方激痛で目覚める羽目に。

酒を飲んだらちゃんと相応のケアをして寝ないと足がつるってあれほど学んだはずなのに、なぜ学習しないのか。思いっきり両足つってしまい、ひとり悶え苦しむ悲しい日曜日の朝となりました。うう。

参考 こむら返り予防に効果があった、カンタンな対策3つ。

久しぶりに高いヒールを履いて長距離歩いたことも原因かもしれないなあ。
もうホント辛いので気をつけます、はい。

酉玉(とりたま)
東京都港区白金6-22-19
03-5795-2950




関連記事

豚ロースの梅ねぎ焼き

豚ロースの梅ねぎ焼き、きのこと水菜のおひたし献立。

豚ロース肉を冷凍してたんだった、あれを焼いて食べよう。 脳内で献立を組み立て、解凍した

記事を読む

cocktail2.min

ホエー(乳清)を使って簡単カクテル。

家では専らすぐ呑めるビールやワイン、日本酒がメインで、食後に楽しむのはウィスキーが定番。

記事を読む

hongkong-foods-49

30歳過ぎたら絶望的、会えない長い日曜日。

「お酒飲めないと、人生損するよって先輩が言ってた」 ブランチがてら仕事をするために出か

記事を読む

141114d2

家飲み献立 11/14 せせり塩焼き、オレンジ白菜のスープ、自家製切り干し大根など全6品で晩酌。

TGIF! いやあ、気持ちよく晴れた金曜日でしたね。 いつも夕食は4~5品なので

記事を読む

晩酌献立

肉団子と春雨の煮込み、小松菜の梅海苔和え。

大鍋にドン、と具沢山の汁物などを作って日々消費していく、というスタイルが苦手です。 ラ

記事を読む

鰤カマの酒蒸し献立

家飲みで体をリセット。鰤カマの酒蒸し。

一人暮らしは外食が続くと自炊するのが途端に面倒になってしまいます。 今回は冷蔵庫のコン

記事を読む

きのこの黒酢炒め

きのこの黒酢炒め、パセリポテトサラダ献立。

海坊主。 自分で作って、撮っておきながら、海坊主を思わずにはいられない。 常日頃

記事を読む

鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め、ししとうのしらすおろし和え

鶏むね肉と小松菜のしょうが炒め、ししとうのしらすおろし和え献立。

以前晩酌献立シリーズをお読みいただいているどなたかに、えらい細かく食材使い回しますよね、との

記事を読む

ねぎと揚げの味噌炒め

ねぎと油揚げの味噌炒め、ぬか漬けとしらすのおろし和え献立。

家にあるものだけで完成する「飲めるつまみ」って、案外多い。 近頃の地味献立連打で益々そ

記事を読む

肉団子とキャベツの煮込み献立

肉団子とキャベツの煮込み、焼き大根、熱燗で晩酌。

いやいや、お寒うございます。 ということで今季初の熱燗投入です。 日本酒は昔から

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

焼きかぶ
冬限定の定番道具、これでよかった。

またうっかりかぶを買ってしまった。 一粒で二度おいしいお

ny_dt_39
なければないで済んだのに、手放せなくなるものがある。

師走に入り初の平日、6時外出。 これは、いよいよか。開幕

きのこと白菜の味噌汁 ぬか漬け 白菜サラダ さんま梅煮
さんまの梅煮、白菜サラダ献立。

ブログの更新頻度が幾分ゆるやかになったので、どうにも写真がたま

ny_dt_44
人生100年時代、会社を辞めたおじさんおばさんはどこにいるのか。

奥さん、師走です。 今月で2019年も終了なんですってね

白菜とツナのうま煮
白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。

→もっと見る

PAGE TOP ↑