徒歩5分 町内移動の単身者引越し、見積り価格20万円也。

公開日: : 最終更新日:2019/02/17 ミニマルライフ

Kaohsiung_lunchbox_4

例の騒動も相まって、この春の引越しに関するニュースを頻繁に目にする今日この頃。

「時期をずらしましょう」と言われても、みんな揃ってよーいドンの新生活シーズン、そうもいかないどうしよう、な方が多いでしょう。

ただでさえ大変な引越し、こりゃたまらんね。と唸りながら様子を見守っていたら、身近なところでリアルな悲鳴を聞きました。

通り挟んで向かい側、徒歩5分の町内引越しの見積りが、なんと20万円だったそうな。きゃー。

町内移動の単身者引越し 見積り価格は20万円也

ibishotel-hongkong-19

そもそもなぜそんな近場に引っ越すのだという話ですが、理由は単純。今の街は気に入っていて離れたくはないけれど、もう少し広い部屋に移りたい。

理想の暮らしと住まい、家はどこまでが家なのか。

何軒目かの内見で遭遇した部屋が気に入ったので、即契約。そのままサクサクと2月末での現住まい退去手続き、3月の引越し見積もりと進んだところ、たまたまハイシーズンにぶつかってしまいあらビックリ、という顛末だそうな。

しかもこれ、単身者の話ですからね。1DKに入っている荷物なんて、たかが知れているのにこの金額。そりゃ腰も抜けるというものでしょう。

あまりのことに驚いた友人、さすがに20万は高すぎる!と、見積もりサイトを駆使し、検索に次ぐ検索、交渉に次ぐ交渉に明け暮れる日々を送ったとのこと。努力の甲斐あってどうにか「条件付き」にて5万円台で契約できたらしい。

条件ってのは、例のアレ。ネット回線引いてくれたら、とか、ウォーターサーバー置いてくれたら、とかの抱き合わせプランです。

総合的に判断しておまけつき契約を受け入れ、どうにか一件落着。しかし引越し業者確定までの電話&メール営業攻撃にはほとほと疲れたとうなだれる彼女に、引越し業者見積もりアウトソーシングネタをシェアしておきました。

持たない暮らし、引越し作業は20分。

まあ、彼女はこの先しばらく引越しする機会はないだろうけども、とにかく、今年の引越しは本当に大変みたいですね。

荷物が少なくても、料金は変わらない

ミニマリストのクローゼット

「あんたみたいに身軽な人間は、引越し料金もさぞかし安かろうね」

今回の引越し劇に参った友にそう言われたけれど、いやいや、いくら荷物が少なくても屈強な男達だけ貸してくれ、は通用しないのだと説明する。

引越しのミニマムオーダーは車と作業員2名。荷物がダンボール数個しかなくても、最低限の金額は絶対に必要なのですよ。って、何回も書いていい加減しつこいですけど。

荷物が少ない引越しの見積結果。

いずれにせよ、自力で引越し作業をやろうって気には絶対にならないね、と深く頷くおばさん2人。我々、引越しの度にプロの素早さ力強さに惚れ惚れする派なのですよ。

今年は例年以上にお忙しいでしょうが、引越し業者のみなさん、怪我や事故には気をつけて頑張ってください、と言いたい。別に私に言われずとも頑張るだろうけど、言いたい。

そして新しい場所で新生活を始める友に、そしてあなたにも、幸あれ。

最低限の調味料8つ!これだけあれば料理初心者も十分自炊できる。

 




関連記事

使い勝手全振りトート 女の価値は鞄でわかる。

先日の衣替えの際に、もういい加減いいかなと思ったものがもうひとつ。 春への衣替え、ペラ

記事を読む

洗濯機?冷蔵庫?絶対必要な家電製品ってなんだろう。

以前使っていた冷蔵庫、洗濯機、ベッドは引越しの際に全て処分してしまったので、現在は所有してい

記事を読む

40代フリーランス、50手前で正社員になれるか。

会社勤めをやめてから、早いもので干支が一周しようとしています。 東京都内で屋根のある家

記事を読む

荷物の少ない旅。スーツケースは不要?

By: MIKI Yoshihito[/caption] 今回の旅では初めてLCC(Low

記事を読む

持たない暮らし、長く使えばいいというものでもない。

By: Steven S.[/caption] 毎日暑いので、ここのところ基本的に足元はギョ

記事を読む

むかしの買い物。

持ち物がどんどん減っていた3年前にはそれなりに意味もあっただろう捨てた買ったの振り返り。 昨年

記事を読む

減らす美容。

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね。酒だけじゃなく、食べるのも止

記事を読む

バブーシュの寿命で思う、小さな暮らしと大きな暮らし。

By: Karl Baron[/caption] 最近家にいる時になんとなく足元ががさがさするな

記事を読む

理想の暮らしは、定住したほうが手に入りやすい。

By: Gabriel Saldana[/caption] 先日こんな記事を書いたところです

記事を読む

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌は当然のこととして、ファッション誌

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    いやはや…2年前を思い出します。

    「ちゅーなー!速攻引継ぎしろ!
    いつなら大丈夫だ!」

    そう上司に言われ、1週間で引継ぎと
    現地住まいを見つけたちゅーなーです。
    引っ越しは黒◯コ単身引っ越しパックで。

    そもそも山◯県転勤は問題ありまくりの
    前任者を1秒でも早く追出す為のことで
    割を食ったのが私でした ww
    勿論、経費は出ましたが、思いの外安く
    何となくぼんやりしました。

    独身で身軽だから、楽だね

    私もそう言われましたが、黙ることにしました。
    会社員ゆえ、諸々黙るしかありません。

    今年20万を支払った諸兄が幸せである事を
    祈りつつ、今夜も呑んでいます。
    救いは半日で決めた住まいでしたが
    近くに良い酒屋と、良い本屋があったことですw

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      何が驚いたって、ちゅーなーさんがかの地に異動されてから既に2年が経過していたことです。人の子は成長が早いとかなんとかよく言いますが、成長が早いのは子だけじゃないですね。

      2年、2年か…私は一体何やってたんでしょうね、と訳もなく焦ってしまうような期間です。もうすっかり馴染まれたのでしょうか。

      >救いは半日で決めた住まいでしたが
      >近くに良い酒屋と、良い本屋があったことですw

      これはポイント高いですよ。神的な何かのお導きでしょう。何しろ、家との相性は家だけにあらず、ですからね。環境って大事!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑