お湯割りの向こう側。

公開日: : 一人飲み, 食べること

新橋ときそば

先週末だったか、ちょっと寒くなった日があったじゃないですか。

午前中はカラッと晴れていたし、ぐんぐん気温上昇週間だったしで、Tシャツにノーカラージャケットという軽やかなスタイルで外出してしまった自分を呪うほど、午後は冷えた。

所用を終えたら近所のカウンター中華でビールと餃子の昼酒と洒落込むぞと相当前のめりで楽しみにしていたのに、その意気込みがあっさり折れるほどに、冷えた。

こんな寒さじゃビールなんて飲めやしない。突然の温度変化にがっかりした私はジャケットの前を抑えて震えながら、ちゃきちゃき女将が仕切る居酒屋の扉を開けたのであった。いや、帰れよ。

お湯割りの向こう側

私の中では寒い日=熱燗の方程式がすっかり出来上がっており、ビールを回避したこの日も当然熱燗のつもりでおりました。冷えるといっても暦は4月。さすがにもうおでんじゃないし、寿司って気分でもない。熱燗熱燗、アテは何にするかなあ、と一通りの候補を脳内でリストアップするもまとまらず、困った時は、の、居酒屋選択。カウンターに陣取って熱燗、と言いかけて、あ、そうか、お湯割りって手もあったかと心変わりする。

初っ端から焼酎飲むのなんて、久しぶりだなあ。ハンドル付きの小ぶりなグラスに注がれたお湯割りで狙い通りに体を温める。大きな豆腐が入った煮込みをアテに温まったはいいけど、このお湯割りがやたら効く。

どうしよう。結構酔った気がする。

太っ腹女将による特濃お湯割り1杯で撃沈しそうになり、慌ててチューハイに切り替えてリセットを試みる。でも、やっぱりというか当然というか、チューハイもお湯割りに負けず劣らずの濃さで、さらに酔いが加速するという大失態となりました。だから帰れってば。

「いやあ、久しぶりにお湯割り飲んだらめちゃくちゃ回ってびっくりしたわ」

我が最新飲酒事情をプルシェンコにシェアすると

「お湯割りって旨いけど酔うよね」

と返ってくる。そういうものなのか。久しぶりに焼酎飲んだからだと思ってたけど、お湯割り効果なのか。

「危うく真昼間から泥酔するところだったよ」

「私はもう泥酔するまで飲めないわ。そこに行き着く前に眠くなっちゃうんだよねえ」

もう少し強くなりたいわあ、と続けるプルシェンコ。初めての合コンで慣れない酒を飲み醜態を晒した女子大生じゃあるまいし、かれこれ30年も飲み続けてきて、何を今さら。

どうでもよすぎて愛しいメッセージ

new-ipod

いやね、私も眠くはなるんだけど、その手前に変に行動的になる癖があってさ。例えば突然掃除洗濯などの家事を始めたり、風呂に入って丹念なグルーミングに励んだり、おもむろに丁寧なメイクを施したり、ほったらかしていたメールの返信をしてみたり、とか。

ああ、そういう人いるらしいね。なんか突然整理整頓がしたくなって要るものまでもバカスカ捨てちゃって後で青ざめたりするらしいよ。

などという死ぬほどどうでもいいやりとりを延々と繰り返す40女。なんという時間とテクノロジーの無駄遣い。他にすることないのか、と思うし、これだから酒飲みは嫌だなあ、とも思う。

馬鹿とはお茶できない。

しかし不思議な事に、自分が記憶喪失時に送信したメッセージを読み返しては青くなったり赤くなったりしているくせに、誰かから同様のものを送られるのはかなり好きだきているからややこしい。これは別に自分だけじゃないのねと安心したいから、とかではなく、誰かの上機嫌なひとときをおすそ分けしてもらっているような気がして、単純にうれしいのです。

例えそれが、酷くどうでもいい内容だったとしても。

毎度どうでもいい話ですみませんが、つまり、酔っ払いコメントはいつでも大歓迎ですよ、というお話でした。

 

 




関連記事

焼き野菜、出し巻き。

今日あたりは随分人出が少なくなりそうだな、と思っていたのだけど、ご近所の店は思いの他混雑して

記事を読む

ゴーヤと油揚げの炒め物

ゴーヤと油揚げの炒め物、トマトと卵のスープ。

寒い。 寒いは言い過ぎかもしれませんが、なんかいきなり秋の気配。秋刀魚も並び始めている

記事を読む

砂肝ポン酢漬け

セロリと卵の炒めもの、砂肝のポン酢漬け献立。

なんらかの野菜ひとつと卵を炒める。お手軽かついいつまみになるのでこの手口はさんざん使い倒して

記事を読む

家飲み献立 12/9 鮭ときのこの豆乳スープ。

今日は済ませておきたい作業があれこれあったので、ラップトップを持ってなんとなく近所のファミリ

記事を読む

ピーマンの塩炒め

ピーマンの塩炒め、牛肉とごぼうのしぐれ煮献立。

副菜に肉が入ってるし、冷奴の大豆たんぱくもあるし、こりゃ今日のメインは野菜だなー。ピーマン焼

記事を読む

焼きまいたけ献立

焼き舞茸、干しあみエビと白菜の煮もの。

昨秋は突然えのきブームが到来したり、旅行明けにはきのこスープでせっせとリセットしたり。

記事を読む

せせりポン酢

せせりポン酢、わかめのナムル献立。

せせりポン酢。 この字面、音の響きにはとても馴染みがあるけれど、実際食べた記憶がないの

記事を読む

にんじんだけのレシピ

人参の葱塩炒め、白菜のサラダ。

大根おろしが苦手だと再三書いていますが、千切りも好きではありませんでした。 何しろ、手

記事を読む

家飲み献立 9/22 鶏胸肉のバジル炒め、しめじとわかめの温奴、他全5品。

いやー、くしゃみと鼻水が止まりません。 風邪引いたわけじゃなくて、花粉症っぽいぐしゅぐしゅ

記事を読む

さば水煮缶レシピ

鯖納豆、さつまいもと半熟卵の温サラダ献立。

最近、書店に行くと魚の水煮缶レシピ本をよく見かけます。 水煮缶、流行っているのでしょう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑