春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

肉団子と春キャベツのスープ煮

人間は、長くて短い生涯でいくつの団子を練るのでしょうか。

人間は、などと無駄に主語を大きくしてしまいましたが、私個人の話をすれば、2018年上半期の団子製造数は通年ベーズを遥かに上回っています。

70代ミニマリスト主婦が団子を練らない理由。

今日も元気に練りました。

春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和えで晩酌

春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立

  • 梅大根
  • えのきとわかめのごま酢和え
  • 春キャベツと肉団子のスープ煮

梅大根

梅大根

薄く切った大根を塩で揉んでから洗い、水分を絞って叩いた梅干しと和えたもの。

えのきとわかめのごま酢和え

えのきとわかめのごま酢和え

茹でたえのきとわかめをごま油、しょうゆ、酢、すりゴマ、胡椒で和えます。

春キャベツと肉団子のスープ煮

春キャベツと肉団子のスープ煮

鶏ひき肉にねぎのみじん切り、おろししょうが。塩、胡椒、酒、しょうゆ、ごま油、片栗粉を加えて練り、団子状にまとめます。鍋に水と酒、昆布を入れて火にかけ、団子を入れて煮込み、火が通ったらざく切りの春キャベツを投入。塩で味を整え、戻しておいた春雨を加えてさっと煮たら完成。

あっさり塩味の鶏団子スープに添えるは、やや辛口の純米酒。本日も燗でいきました。

日本酒にあうおつまみレシピ

肉団子は毎度少し多めに出来てしまうので、煮えた時点で一部をスープとともに取り出して保存。翌日のつまみに回します。

塩の話

condiments

さて、先日コメントにてご質問をいただいておりました。

crispy-lifeさんは塩づかいがとってもお上手だと思うんですけれど、塩って使い分けていますか?海塩派ですか?岩塩派ですか?

普段使用している塩はごく一般的な海塩と粗めの岩塩の2種類のみ。使い分けとしては通常は顆粒の海塩を、出来上がった料理に後から振るような場合はゲランドの粗塩を使って食感にアクセントを添えるパターンが多いでしょうか。焼き野菜とか、冷奴とか。

粗塩を使ったおつまみ

以前はいろんな塩を所有していて、藻塩とかフレーク状のマルドンとかトリュフソルトなどのフレーバー系あたりも試してみましたが、いかんせん一人暮らしでは使い切れずに持て余してしまうもので、今はこの2種に落ち着いた次第です。

塩。

ご指摘の通り、現在の私の食卓は相当な塩頼み。いや、もちろん一般的に調理をするにあたって塩は基本中の基本というか、なければ成立しない基本的な調味料ではありますが、それを差し引いてもここ最近塩への依存度は高い。

これでも一応はむやみやたらと塩を採り過ぎないようにと気をつけているつもりなので、好きだからといって大量に盛ったりはしませんが、とにかく塩愛が強いのです。

しかし、単純に好きなだけでさほど冒険をしておらず、というか、食材同様調味料も使い切りたい体質なもので、いろんな種類を買い揃えて味や使い勝手を比べてみるということができず、イマイチ探究心に欠けた塩生活となっております。

単純に私の舌がそれほど多くの塩バリエーションを晩酌に求めていない証かもしれませんが、今のところ、現状の塩布陣でそこそこ満足しています。

最低限の調味料8つ!これだけあれば料理初心者も十分自炊できる。

 




関連記事

豚肉とわかめの冷しゃぶ、しらたき明太子献立。

漬もの在庫がダブついてきたので、豪勢に盛り付けてやりました。 たった5種類で豪勢、は言

記事を読む

一人暮らしの晩ご飯献立 鶏もも肉のソース焼き、春菊のサラダ。

うう。 窓を開けてたら寒い。 昨日は暑いくらいだったのに、日々温度差が激しいです

記事を読む

家飲み献立 9/14 ビールか、ワインか?アンチョビポテト。

今日は朝からアンチョビを食べると決めていました。 って、昨日と同じパターンですが、なんでし

記事を読む

谷川岳 源水吟醸

群馬の酒 谷川岳 源水吟醸とピェンローで晩酌。

残る関東地方の酒でお目当てがなかなか入手できず、今週は諦めて別の地方へ飛ぼうかなと思ったので

記事を読む

里芋と鶏もも肉のしょうが煮、小松菜のおひたし献立。

今週は訳あっての里芋シリーズです。 甘味探求キャンペーンの件もあり、メインはしっかり甘

記事を読む

牛肉と新玉ねぎの炒めもの、焼きにんじんで家飲み。

先日食べたにんじんが妙に気に入ったのでまたまたまるごとにんじん料理。ちょっと気に入ると続けて

記事を読む

にんじんとセロリのアーモンドサラダ 小松菜のオイル蒸し じゃがいものクリームチーズ和え チキンソテー

チキンソテー、にんじんとセロリのアーモンドサラダで赤ワイン。

なんぞこれ。 久しぶりに皮パリパリチキンソテーでワインでも飲んだろかいと考えたらパリパ

記事を読む

銀座 泰明庵で、清く正しい蕎麦屋酒。

今日は夕方銀座で終了だったので 「明日は絶対蕎麦を食べるんだ」 と、昨日のうちか

記事を読む

せせり鍋

一人鍋で晩酌 鶏の塩鍋。

冷蔵庫を空にして出かけるために、鍋は外せません。 まあそうでなくても冬場は鍋率が高くな

記事を読む

幻のエビ・ガサエビ

秋田県八森漁港直送 幻のガサエビづくしで贅沢晩酌。

突然ですがみなさま「ガサエビ」って食べたことありますか? 日本海側でしか水揚げされない

記事を読む

Comment

  1. meme より:

    塩問題へのアンサーありがとうございます!
    なるほど、「味付けは海、仕上げは岩」なのですね。

    海塩の方は(「やさしお」以前には常に使っていたので)馴染みが深いのですが、岩塩は料理に使ったことが無いのです。その昔、風呂には入れた記憶があるのですが。
    いま台所にあるのは「やさしお」と「クレイジーソルト」という、なんじゃそりゃ?というか、にじみでるダメさがいっそジャパネスクというか、そういうラインナップなのですが、「分厚いパプリカや新じゃがに塩をゴリゴリ砕いてかける」という絵にあこがれがあるので、「クレイジーソルト」使い切った暁には、岩塩、試してみます。

    春キャベツの色がやさしい…。
    こういう色が出せるのも、塩味ならではですね。
    今週末はキャベツかレタスのスープ作ろうっと(とりあえず「やさしお」で)。

    • crispy-life より:

      memeさん

      風呂!入れましたね風呂に。15年位前に、なんたらというバスソルトを風呂に入れて浸かった後、バスタオルに包まるとどうこうなるとかならないとかいう美容法が流行った記憶があるのですが、ものすごくざっくりした記憶しか残っていなくて今書きながら呆れています。やったくせに。

      つぶつぶ感のある塩はいいアクセントになるので楽しいですよ。あ、そういや海塩がもうそろそろなくなるので買わなきゃ、と今思い出しました。

      さほど華麗な塩使いじゃなくて恐縮ですが、参考になれば幸いです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑