春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

肉団子と春キャベツのスープ煮

人間は、長くて短い生涯でいくつの団子を練るのでしょうか。

人間は、などと無駄に主語を大きくしてしまいましたが、私個人の話をすれば、2018年上半期の団子製造数は通年ベーズを遥かに上回っています。

70代ミニマリスト主婦が団子を練らない理由。

今日も元気に練りました。



春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和えで晩酌

春キャベツと肉団子のスープ煮、えのきとわかめのごま酢和え献立

  • 梅大根
  • えのきとわかめのごま酢和え
  • 春キャベツと肉団子のスープ煮

梅大根

梅大根

薄く切った大根を塩で揉んでから洗い、水分を絞って叩いた梅干しと和えたもの。

えのきとわかめのごま酢和え

えのきとわかめのごま酢和え

茹でたえのきとわかめをごま油、しょうゆ、酢、すりゴマ、胡椒で和えます。

春キャベツと肉団子のスープ煮

春キャベツと肉団子のスープ煮

鶏ひき肉にねぎのみじん切り、おろししょうが。塩、胡椒、酒、しょうゆ、ごま油、片栗粉を加えて練り、団子状にまとめます。鍋に水と酒、昆布を入れて火にかけ、団子を入れて煮込み、火が通ったらざく切りの春キャベツを投入。塩で味を整え、戻しておいた春雨を加えてさっと煮たら完成。

あっさり塩味の鶏団子スープに添えるは、やや辛口の純米酒。本日も燗でいきました。

日本酒にあうおつまみレシピ

肉団子は毎度少し多めに出来てしまうので、煮えた時点で一部をスープとともに取り出して保存。翌日のつまみに回します。

塩の話

condiments

さて、先日コメントにてご質問をいただいておりました。

crispy-lifeさんは塩づかいがとってもお上手だと思うんですけれど、塩って使い分けていますか?海塩派ですか?岩塩派ですか?

普段使用している塩はごく一般的な海塩と粗めの岩塩の2種類のみ。使い分けとしては通常は顆粒の海塩を、出来上がった料理に後から振るような場合はゲランドの粗塩を使って食感にアクセントを添えるパターンが多いでしょうか。焼き野菜とか、冷奴とか。

粗塩を使ったおつまみ

以前はいろんな塩を所有していて、藻塩とかフレーク状のマルドンとかトリュフソルトなどのフレーバー系あたりも試してみましたが、いかんせん一人暮らしでは使い切れずに持て余してしまうもので、今はこの2種に落ち着いた次第です。

塩。

ご指摘の通り、現在の私の食卓は相当な塩頼み。いや、もちろん一般的に調理をするにあたって塩は基本中の基本というか、なければ成立しない基本的な調味料ではありますが、それを差し引いてもここ最近塩への依存度は高い。

これでも一応はむやみやたらと塩を採り過ぎないようにと気をつけているつもりなので、好きだからといって大量に盛ったりはしませんが、とにかく塩愛が強いのです。

しかし、単純に好きなだけでさほど冒険をしておらず、というか、食材同様調味料も使い切りたい体質なもので、いろんな種類を買い揃えて味や使い勝手を比べてみるということができず、イマイチ探究心に欠けた塩生活となっております。

単純に私の舌がそれほど多くの塩バリエーションを晩酌に求めていない証かもしれませんが、今のところ、現状の塩布陣でそこそこ満足しています。

最低限の調味料8つ!これだけあれば料理初心者も十分自炊できる。

 




関連記事

豚肉とにんじんのにんにく蒸し

にんじんと豚肉のにんにく蒸し焼き、かぼちゃと卵のサラダで家飲み。

ゴロッと大きめに切ったにんじんをむしゃむしゃ頬張るのが好きです。 にんじんってそれなり

記事を読む

ひいかと里芋の煮つけ

ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラダ献立。

あれっ?ひいかって、春じゃなかったっけ?いや、春はホタルイカか。 などと考えつつも、イ

記事を読む

手羽先のナンプラー漬け焼き

手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

骨つき肉にかぶりつきたくなったので、手羽先です。 手羽先ってのはいついかなる時も骨つき

記事を読む

福岡の酒 神力

福井の酒 富成喜 神力米 かすみ生原酒で晩酌 冷しゃぶわかめおろし和え献立。

本日は福井の酒で晩酌です。 勝手に日本酒全国ツアー なぜ福井かと言うと、近頃お気

記事を読む

納豆チーズオムレツ

納豆チーズオムレツ、きくらげと豆腐のスープ献立。

納豆オムレツって、居酒屋料理って感じがしませんか。少なくとも、カフェのランチメニューにはない

記事を読む

砂ずり塩焼き

砂肝の塩焼き、にんじんとわかめのナムル。

砂肝、砂ずり。 個人的には焼き鳥屋の品書きで記されている印象の強い「ずり」がしっくりく

記事を読む

塩鮭と蕪の味噌煮込み

塩鮭と蕪の味噌煮込み、ちぢみほうれん草と椎茸のおひたし献立。

お得意の汁飲みです。 「汁飲み」とは、味噌汁、スープなどの汁物をアテに酒を飲むスタイル

記事を読む

喜楽長辛口純米吟醸

滋賀の酒 喜楽長辛口純米吟醸で家飲み 油揚げの甘辛煮、豚肉の梅しそ和え。

愛知が飛んでしまっていますが、滋賀の酒があったのでとりあえず近畿へ突入。 関連 勝手に

記事を読む

漬物ステーキ

白菜漬けの卵炒め、トマトとわかめのサラダで家飲み。

夏場はぬか漬け、冬場は白菜漬けが最も手軽で便利で使える漬物だと思っています。 よって、

記事を読む

牛肉とれんこんのしょうゆ炒め

牛肉とれんこんのしょうゆ炒め、葱塩奴で晩酌。

秋刀魚が出始めるとああ秋だなあと妙に実感が湧きますね。 秋刀魚、大好物です。 関連

記事を読む

Comment

  1. meme より:

    塩問題へのアンサーありがとうございます!
    なるほど、「味付けは海、仕上げは岩」なのですね。

    海塩の方は(「やさしお」以前には常に使っていたので)馴染みが深いのですが、岩塩は料理に使ったことが無いのです。その昔、風呂には入れた記憶があるのですが。
    いま台所にあるのは「やさしお」と「クレイジーソルト」という、なんじゃそりゃ?というか、にじみでるダメさがいっそジャパネスクというか、そういうラインナップなのですが、「分厚いパプリカや新じゃがに塩をゴリゴリ砕いてかける」という絵にあこがれがあるので、「クレイジーソルト」使い切った暁には、岩塩、試してみます。

    春キャベツの色がやさしい…。
    こういう色が出せるのも、塩味ならではですね。
    今週末はキャベツかレタスのスープ作ろうっと(とりあえず「やさしお」で)。

    • crispy-life より:

      memeさん

      風呂!入れましたね風呂に。15年位前に、なんたらというバスソルトを風呂に入れて浸かった後、バスタオルに包まるとどうこうなるとかならないとかいう美容法が流行った記憶があるのですが、ものすごくざっくりした記憶しか残っていなくて今書きながら呆れています。やったくせに。

      つぶつぶ感のある塩はいいアクセントになるので楽しいですよ。あ、そういや海塩がもうそろそろなくなるので買わなきゃ、と今思い出しました。

      さほど華麗な塩使いじゃなくて恐縮ですが、参考になれば幸いです!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1905kakegawa_51
都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜

目玉焼き丼献立
休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをの

suginami_67
愚痴を聞くために呼び出される。

愚痴を聞いて下さい。 あまりにもあからさまなその要望に、

むね肉のにらだれ
むね肉のにらだれ、キャベツと卵のニョクマム和え献立。

鶏むね肉をいつものように蒸し鶏にして食べるつもりで帰宅。

1905kakegawa_29
天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・静岡県

静岡県で天竜浜名湖線に乗ってきました。 静岡といえば、昨年の

→もっと見る

PAGE TOP ↑