葱と卵の炒めもの、大根と豚肉の味噌汁献立。

公開日: : 最終更新日:2017/04/28 家飯, 食べること

白葱と卵の炒めもの

困った時の卵炒めです。

葉野菜の値段にぶるぶる震える中、大好きな白葱がいい感じの太さになっているのを感じる今日この頃。万能葱も好きだけど、葱と言ったら白葱派なんですよ。

そんな白葱をメインに据えるとなると最もお手軽なのは卵炒め。

「炒め」といってもじっくりゆっくり焼くタイプなのであまり手間がかからないのもありがたいのです。

葱と卵の炒めもの、大根と豚肉の味噌汁で晩酌

葱と卵の炒めもの献立

  • ぬか漬け
  • 大根と豚肉の味噌汁
  • 三つ葉のサラダ
  • 葱と卵の炒めもの

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、蕪、長芋の3種。長芋の漬けものってしゃくしゃくした歯応えがなんとも嬉しく好きです。

大根と豚肉の味噌汁

大根と豚肉の味噌汁
味噌汁は2~3回分の量を作り味噌を溶き入れる手前の段階で保存するパターンが多いです。これも先日の残り物に豚肉を加えたもの。黒七味がよく合います。豚汁、といえば豚汁ですが、さあ豚汁だ!というよりも余り物に肉いれちゃいました感が強いので豚汁感は薄め。完全に気分の問題ですね。

三つ葉のサラダ

三つ葉のサラダ
水にさらしてシャキッとさせた三つ葉を粗塩、ごま、ごま油で味付けした簡単サラダ。

葱と卵の炒めもの

葱と卵の炒めもの
斜め薄切りにした葱を溶き卵と合わせ塩で調味します。油を引いたフライパンに卵液を流しいれふんわり混ぜてから弱めの火加減で両面じっくり焼いて最後に酒で風味付けして完成。

最近はこのしっかり焼きバージョンがお気に入りだけど葱と卵を別に炒めてふわっと仕上げる中華の卵炒め然としたオイリー&ジューシータイプもまた旨し。ご飯に乗っける場合はふわっとバージョンのほうが合いそうです。

日本酒にあうおつまみレシピ

野菜がー野菜がーと毎日うるさい私ですが、先日友人にこの話を振ったところ、え?野菜の値段なんていつも確認せずに買ってるから今高くなってるって気がつかなかった、と返されました。なんでも彼女は幼少の頃ご両親から

「野菜の栄養価を考えればいくらであっても決して高すぎることはない」

と教えられ、以降ずっと野菜の値段を気にすることなく生きてきたのだとか。すごい、なんかすごい、かっこいい。

これは別に私がケチな小市民だから云々ではなく、なんというか野菜ひとつとっても物の見方とか価値観って本当に多様だなと感じ入ったのでありました。繰り返しいいますが、これは別に私がケチな小市民だから驚いた、という話ではありませんのであしからず。2回繰り返すところが怪しいですね。

 




関連記事

berg ジャーマンブランチ

新宿で一人飲み BERGでジャーマン・ビアセット。

By: Ben Garrett[/caption] 先日新宿でふと時間が空いたので久しぶりに

記事を読む

かぶの葉の味噌汁献立

休肝日ごはん にんじんしりしり、かぶの葉の味噌汁献立。

食材をキレイに使い切ってしまいたいタイミングに入ったので、小かぶを投入します。 実の部

記事を読む

七賢淡麗純米

山梨の酒 七賢 淡麗純米で晩酌 あさりともやしのスープ、焼き春キャベツ。

順調に関東地方を攻略中でございます。 関連 勝手に日本酒全国ツアー そろそろ次の

記事を読む

むね肉のにらだれ

むね肉のにらだれ、キャベツと卵のニョクマム和え献立。

鶏むね肉をいつものように蒸し鶏にして食べるつもりで帰宅。 蒸し鶏のねぎソース、たたきき

記事を読む

おろし梅納豆そうめん

休肝日ごはん おろし梅納豆そうめん。

週の初めは休肝日。「飲酒は週5」を、細々と守り続けています。 さて、先日は妙なそうめん

記事を読む

ねぎ入り卵焼き献立

いくつになっても失敗はする。

カメラの不調で一時中断していた晩酌記録を再開してから、早1年が経過しました。最近はだいたい

記事を読む

蒸し鶏献立

蒸し鶏のねぎソース、たたききゅうりのにんにく風味献立。

先日届いた野菜セットのおかげで、ここのところ珍しくきゅうりを食べています。 きゅうりに

記事を読む

ヤムカイダーオ(目玉焼きのタイ風サラダ)

休肝日の晩御飯 ヤムカイダーオ。

順調に週一ペースで実施中の休肝日。 早めにご飯を食べて早めに寝たらお腹が空いて早朝目が

記事を読む

豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズ和え

キャベツの塩昆布炒め、豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズで家飲み。

キャベツがあるならいつもの塩昆布和えが食べたいなと思うも、寒い。 菜の花の出現にもう

記事を読む

シンプルライフの成れの果て。

普段は朝と夜の1日2食体制を基本としていますが、誰かと一緒にとか、打ち合わせを兼ねて、なんて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑