山形の酒 出羽桜 吟醸缶で晩酌 タアサイと豚肉の酒蒸し、キャベツの梅おかか和え。

公開日: : 最終更新日:2017/01/13 家飯, 食べること ,

出羽桜吟醸酒 缶

帰宅途中、あ、家に酒がちょっとしかなかったんだ!ということに気づく休肝日明けの火曜日。
もう家が近づいてるしまた駅前まで戻るのもなあ、と横着して近所のコンビニで調達することにしました。

お、出羽桜の缶があるじゃないか。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

うまい具合に山形枠がまだだったのですよ。



出羽桜 吟醸缶(山形県・天童市)

出羽桜 吟醸缶

有名どころですね。
先日デパ地下で桜花の生を買おうとしていたのだけれど、その後の動きを考えて止めたところだったのでちょうどよかった。

サイトをチェックすると20年も前から開発に取り組んでいたにもかかわらずこの吟醸缶が販売に至らなかった経緯が説明されていました。

参考 出羽桜 吟醸 缶 の発売の経緯について(出羽桜酒造)

日本が豊かになり、時あたかもホンモノブームが起きました。日本酒では地酒が脚光を浴びだし、地酒こそホンモノという世の中になりました。そうしますと、「缶」はなんとなく大量生産のにおいがあり、ホンモノ志向に逆らっているような雰囲気がありました。

確かに、これはあるかもしれない。
ホンモノ云々を別にしても缶のにおいが気になることってあるもんね。私もできればビールは瓶で飲みたい派。

でも「ホンモノ志向」などと言いつつ本質じゃなくてブランド力とかパッケージなどのファッション的要素で判断される部分が多いのも確か。生産者側としては歯痒いこともあるでしょうね。

さて、これはやっぱり冷たいままがいいですね。
口に含むとかなり強めの吟醸香を感じる…のは、私があまり吟醸酒を呑まないせいもあるでしょうか。香りよくフルーティーではあるけれど、味わい自体はしっかりしているので手応えはあり、うん、好きなタイプです。なんだかいつもより早めにほろ酔い気分になってしまったのは休肝日明けだったからかそれとも別の要素がこの酒にはあるのかな。

出羽桜 吟醸酒缶 データ

蔵元 出羽桜酒造(山形県・天童市)
種類 吟醸
精米歩合 出羽燦々 50%
日本酒度  +3
酸度  1.3
アルコール度  16%

 

タアサイと豚肉の酒蒸しで家飲み

タアサイと豚肉の酒蒸し献立

  • 白菜漬
  • 野菜と揚げの味噌汁
  • キャベツの梅おかか和え
  • 牡蠣のオイル漬け
  • タアサイと豚肉の酒蒸し

野菜と揚げの味噌汁

野菜の味噌汁

大根とにんじん、油揚げの味噌汁。今日の出汁は久しぶりに煮干しにしてみました。じっくり煮た野菜と煮干しの合わせ出汁、甘めだけど旨い。

キャベツの梅おかか和え

キャベツの梅おかか和え

ざく切りにして茹でたキャベツを叩いた梅干しと鰹節で和えるだけ。

牡蠣のオイル漬け

牡蠣のオイル漬け和風
残り物の牡蠣のオイル漬け。日本酒に寄せるべく分葱を合わせて醤油をちょこっと。

タアサイと豚肉の酒蒸し

タアサイと豚肉の酒蒸し

ざく切りにしたタアサイの硬い部分をフライパンに並べた上に豚肉を乗せ、軽く塩を振って酒を回しかけ蓋をして蒸します。火が通ったら葉の部分を加えてさらにさっと蒸して完成。おろしポン酢を添えて。

色がきれいでエグみがないので、すっかり小松菜的な感覚で使っているタアサイ。葉の緑を色よく仕上げたいあまりに時間差で投入したせいで硬い部分がかなり柔らかくなってしまいましたが、これもいい。なんとなくシャキッとしたほうがいいような気がしていたけど、くったり煮るのもいいなあ。

日本酒にあうおつまみレシピ

いやはや、またもや箸休め的なものがない献立になってしまった。全部おつまみ的要素が強すぎてなんだか困っちゃいますね。まあ何をアテにしても喜んで呑めるってのが問題なんでしょうね。

 




関連記事

つくねと生のピーマン

家飲みつまみ 黄身つくねと生ピーマン、白菜のサラダ。

鶏団子はスープとか鍋物とか、とにかく 「茹でる」 という調理法を用いることが圧倒

記事を読む

150828d2

ほんの少し、を楽しむ贅沢。

By: Nick Allen[/caption] 先日は昼ごはんとはいえないような時間にしっ

記事を読む

豚ロースの梅照り焼き

豚ロースの梅照り焼き、蒸しなすサラダ献立。

そろそろ魚よねえ、魚。 肉が毎日続くのはそう苦にならないし、肉も魚もない野菜メインの献

記事を読む

141225d5

家飲み献立 12/25 鶏もも肉と白菜の香味蒸し、にら月見。

Merry Christmas! 昨夜は一時帰国中の友人ファミリーとイブを過ごしました

記事を読む

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し献立

キャベツと鶏のしょうが蒸し、菜の花の辛子和え献立。

長旅を終えて自宅に戻りました。 家飯好きではあってもしばらく自炊をしないでいると途端に

記事を読む

尾の身塩焼き

まぐろ尾の身塩焼き、小松菜の塩昆布和え献立。

鮪の尾の身って結構気軽に手に入るのだな、と。 築地市場の店なんかではステーキなぞになっ

記事を読む

蓬莱小町桜

岐阜の酒 蓬莱小町桜で晩酌 蒸し鶏のネギザーサイ和え、焼き大根。

東海地方に入りました。 ここまで来るとものすごく進んだ気がしてしまいます。 関連

記事を読む

ゴーヤと油揚げの炒め物

ゴーヤと油揚げの炒め物、トマトと卵のスープ。

寒い。 寒いは言い過ぎかもしれませんが、なんかいきなり秋の気配。秋刀魚も並び始めている

記事を読む

焼きキャベツ献立

焼きキャベツ、肉団子と野菜の味噌汁献立。

毎度お馴染み 「野菜焼いちゃいました」 シリーズです。イメージとしては甘栗むいち

記事を読む

さつまいもときのこのグラタン

ワインで家飲み さつまいもときのこのグラタン。

グラタンとワインの組み合わせって結構好きです。 グラタンはいろんな具で作れる便利な料理

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ぬか漬けの卵炒め
ぬか漬けの卵炒め、塩昆布キャベツ献立。

ぬか床に使っている野菜の切れ端を食べ切ってしまいたい、そんな時

suginami_35
ミニマリスト主婦の退屈な毎日。

マドンナへのご質問を頂戴いたしました。 70代ミニマリス

new-ipod
携帯電話を持たない人、電話で会話したい人。

相変わらず電話が苦手なので、通話頻度は減少の一途を辿っています

秋刀魚のしょうが蒸し
秋刀魚のしょうが蒸し、キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え献立。

さんま、サンマ、秋刀魚の季節になりました。 今年は豊漁と

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

→もっと見る

PAGE TOP ↑