山形の酒 出羽桜 吟醸缶で晩酌 タアサイと豚肉の酒蒸し、キャベツの梅おかか和え。

公開日: : 最終更新日:2020/05/21 家飯, 食べること ,

出羽桜吟醸酒 缶

帰宅途中、あ、家に酒がちょっとしかなかったんだ!ということに気づく休肝日明けの火曜日。
もう家が近づいてるしまた駅前まで戻るのもなあ、と横着して近所のコンビニで調達することにしました。

お、出羽桜の缶があるじゃないか。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

うまい具合に山形枠がまだだったのですよ。

出羽桜 吟醸缶(山形県・天童市)

出羽桜 吟醸缶

有名どころですね。
先日デパ地下で桜花の生を買おうとしていたのだけれど、その後の動きを考えて止めたところだったのでちょうどよかった。

サイトをチェックすると20年も前から開発に取り組んでいたにもかかわらずこの吟醸缶が販売に至らなかった経緯が説明されていました。

参考 出羽桜 吟醸 缶 の発売の経緯について(出羽桜酒造)

日本が豊かになり、時あたかもホンモノブームが起きました。日本酒では地酒が脚光を浴びだし、地酒こそホンモノという世の中になりました。そうしますと、「缶」はなんとなく大量生産のにおいがあり、ホンモノ志向に逆らっているような雰囲気がありました。

確かに、これはあるかもしれない。
ホンモノ云々を別にしても缶のにおいが気になることってあるもんね。私もできればビールは瓶で飲みたい派。

でも「ホンモノ志向」などと言いつつ本質じゃなくてブランド力とかパッケージなどのファッション的要素で判断される部分が多いのも確か。生産者側としては歯痒いこともあるでしょうね。

さて、これはやっぱり冷たいままがいいですね。
口に含むとかなり強めの吟醸香を感じる…のは、私があまり吟醸酒を呑まないせいもあるでしょうか。香りよくフルーティーではあるけれど、味わい自体はしっかりしているので手応えはあり、うん、好きなタイプです。なんだかいつもより早めにほろ酔い気分になってしまったのは休肝日明けだったからかそれとも別の要素がこの酒にはあるのかな。

出羽桜 吟醸酒缶 データ

蔵元 出羽桜酒造(山形県・天童市)
種類 吟醸
精米歩合 出羽燦々 50%
日本酒度  +3
酸度  1.3
アルコール度  16%

タアサイと豚肉の酒蒸しで家飲み

タアサイと豚肉の酒蒸し献立

  • 白菜漬
  • 野菜と揚げの味噌汁
  • キャベツの梅おかか和え
  • 牡蠣のオイル漬け
  • タアサイと豚肉の酒蒸し

野菜と揚げの味噌汁

野菜の味噌汁

大根とにんじん、油揚げの味噌汁。今日の出汁は久しぶりに煮干しにしてみました。じっくり煮た野菜と煮干しの合わせ出汁、甘めだけど旨い。

キャベツの梅おかか和え

キャベツの梅おかか和え

ざく切りにして茹でたキャベツを叩いた梅干しと鰹節で和えるだけ。

牡蠣のオイル漬け

牡蠣のオイル漬け和風
残り物の牡蠣のオイル漬け。日本酒に寄せるべく分葱を合わせて醤油をちょこっと。

タアサイと豚肉の酒蒸し

タアサイと豚肉の酒蒸し

ざく切りにしたタアサイの硬い部分をフライパンに並べた上に豚肉を乗せ、軽く塩を振って酒を回しかけ蓋をして蒸します。火が通ったら葉の部分を加えてさらにさっと蒸して完成。おろしポン酢を添えて。

色がきれいでエグみがないので、すっかり小松菜的な感覚で使っているタアサイ。葉の緑を色よく仕上げたいあまりに時間差で投入したせいで硬い部分がかなり柔らかくなってしまいましたが、これもいい。なんとなくシャキッとしたほうがいいような気がしていたけど、くったり煮るのもいいなあ。

日本酒にあうおつまみレシピ

いやはや、またもや箸休め的なものがない献立になってしまった。全部おつまみ的要素が強すぎてなんだか困っちゃいますね。まあ何をアテにしても喜んで呑めるってのが問題なんでしょうね。




関連記事

にらと豚のしょうが炒め

にらと豚のしょうが炒め、きのこスープ献立。

素材の切り方によって、出来上がりの料理は味わいも食感も変わってくる。 ピーマンの塩炒め

記事を読む

具が大きい豚汁献立

休肝日ごはん 具が大きい豚汁、三つ葉とえのきのおひたし献立。

豚汁は野菜がたくさん食べられて好きなので、よく作ります。 定食屋などでついてきたらうれ

記事を読む

さつまいもとベーコンのグラタン

さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋ものやおでんなどの汁っぽいもの

記事を読む

門前仲町・晴弘で昼酒1時間1本勝負 東京散歩・江東区

門前仲町散歩の続きです。 参考 早朝の門前仲町を歩く。東京散歩・江東区 久しぶり

記事を読む

トマトと卵の炒めもの、蒸し鶏ときゅうりの梅肉和えで晩酌

トマトと卵の炒めもの、おかひじきのスープ献立。

トマトと卵があったら、かなりの確率にて炒めもの、もしくはスープを作っている気がします。

記事を読む

豚肉の生姜焼き

豚肉のしょうが焼き、れんこんの梅和え献立。

つまみ至上主義の我が食卓においては珍しく、非常に家庭料理的な豚肉の生姜焼きなど。 いや

記事を読む

肉団子味噌ちゃんこ鍋

一人鍋で晩酌、肉団子味噌ちゃんこ鍋。

ちゃんこ鍋とはなんぞや。 相撲部屋で食される鍋、そして力士引退後の飲食店ビジネスの形態

記事を読む

きくらげと白葱の和えもの他5品。

夕方、光化学スモッグ注意報が出ましたね。 いきなり放送が流れ出したのでちょっとビビリました

記事を読む

家飲み献立 1/28 せせり塩鍋。

はい、まやかしでしたー、昨日の暖かさは嘘でしたー。 と、思わずミサワ化してしまう寒い1

記事を読む

ピーマンと卵の炒めもの

ピーマンと卵の炒めもの、たぬき豆腐献立。

「むじなそば」なるものの存在を知ったのは割と最近のことです。 油揚げと天かすが両方入っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑