食べても味がしない理由。

公開日: : 食べること

秋刀魚のしょうが煮

この時期は毎年、さんまさんまと大騒ぎしています。

なぜなら、さんまが好物だからです。そして、秋しか食べられないからです。

秋刀魚とキャベツのスパゲティで白ワイン

しかしご存知の通り、今年は近年稀に見る不漁。旬とはいえ驚きの価格で、なかなか手出しできずにいたのです。

しかし、とうとう我慢できずに入手。今季初のさんまを口にして驚きました。

食べても味がしない理由。

旨いのはもちろん、作るのもラクなので、毎年一度は食卓に上るしょうが蒸し。

さんまのしょうが蒸し、蒸し鶏とキャベツの梅わさび和え献立

塩焼きのように匂いが気にならず、後片付けも簡単なので、我が家の定番さんま料理に君臨しております。

さんまのかたわらにはこれまた秋の定番つまみである柿の白和えを添え、うっきうきで酒を注いだのだけれど、違った。あれ?っと思った。

一瞬考えたんです。もしかして私、例のアレにやられた?って。ほら、味がしないとかよく言ってたし、味も風味も感じないこの状態ってもしや危険なのでは…?焦って副菜に手を伸ばすと、変わることないいつもの味。

ああ、そうか。今年のさんまはこうなんだ、と理解するまでに少し時間がかかってしまいました。

こんなに味気ないさんま、食べたことない。脂のノリが違うんですかね、あの、一口食べただけでああこれこれ、さんまの味!みたいな高揚感が皆無だったのです。

今年のさんまはイマイチなので、オススメはしません。とかなんとか書かれたスーパーのPOPが話題になっていたけれど、確かになあ。美味しいヨ!と売りさばくのは胸が痛かろうて。

サイト閉鎖で考える、切ないお仕事

それでも貴重な秋の味覚。ありがたく完食しましたが、なるほど、獲れないってこういうことなんだなあと身を以て知ったのでありました。

さんまが悪いわけでもない、漁師さんの責任でもない、仕入れたスーパーの落ち度でもない、もちろん、私の調理技術のなさが招いた悲劇でもない。誰のせいでもありゃしないが、高くてイマイチな旬の味って、なかなか切ない。

今年は潔く諦めて、来年に期待します。

食べることと飲むことに関する考え方




関連記事

さばと白菜のしょうが煮

さばと白菜のしょうが煮、ひらたけとちぢみほうれん草の和えもの献立。

年明け以降無駄に忙しぶっているので、ゆっくり晩酌する時間がなかなか取れませんでした。

記事を読む

アジアンチキン

家飲みおつまみ ナンプラー手羽焼き、きのこおろし。

いやあ、日中は暑いくらいでしたね。 陽気に浮かれ、さらに日本酒のストックが切れそうだっ

記事を読む

澤乃井しぼりたて純米生原酒

東京の酒 澤乃井 純米生原酒しぼりたてで晩酌、塩肉じゃが 献立。

今年ラストの日本酒全国ツアーは、一周回って東京の酒。 勝手に日本酒全国ツアー そ

記事を読む

葉玉ねぎと新じゃがの塩煮

葉玉ねぎと新じゃがの塩煮、水菜とえのきの煮びたし献立。

使い慣れない野菜、葉玉ねぎ。 関連 葉玉ねぎのすき煮、蕪の葉とえのきのおろし和え献立。

記事を読む

パクチーが食べられない日本人がタイで暮らせるのか?

食の好みは年齢とともに変わるけれど、中には一向に食べられるようになる気配が訪れないものがあり

記事を読む

家飲み献立 12/22 温奴に熱燗。

帰り道でスーパーに寄ったら、普段は店頭に並んでいない鶏の丸焼きとかオードブルがたくさん出てい

記事を読む

黒酢酢豚

はちみつ黒酢酢豚、きゅうりの梅肉和え献立。

酢豚。それは、よく知っているのに食べる機会はなかなか訪れない料理です。 好きは好き。で

記事を読む

たたきこんにゃくと牛肉の辛味炒め

たたきこんにゃくと牛肉の辛味炒め、ちぢみほうれん草とえのきのゆずびたし献立。

本日2/14はバレンタインデーですね。 バレンタインは製菓会社の戦略がまんまとハマって

記事を読む

神亀純米

埼玉の酒 神亀 純米辛口で晩酌 蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢、蕪のナムル。

関東地方の旅、順調に推移しております。 関連 勝手に日本酒全国ツアー いつもはこ

記事を読む

晩酌メニュー

1人暮らしの家飲みおつまみ 三つ葉とかまぼこの和え物、にんじんのごま煮。

毎度質素な食卓を恥ずかしげもなく晒してすみません。 今日のはいつもよりさらに質素です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

40代一人暮らし、1食分の食費はいくらか。

一人暮らしの食費は、いくらくらいが妥当なのか。外食、昼食、自

→もっと見る

PAGE TOP ↑