青森の酒 じょっぱり純米で晩酌 きくらげと卵の炒めもの、ほうれんそうときのこの梅和え。

じょっぱり純米

先日からご近所酒屋を巡るもなかなか日本酒に力を入れている店が発見できず。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

酒屋で酒選ぶの好きなんだけどなあ、などと考えつつネット検索。

ツアーの道順はまったくもってデタラメではありますが、今回は青森。なんとなく北側から攻めている感があります。




じょっぱり 純米(青森県・弘前市)

じょっぱり純米

じょっぱり。
これ、きっと方言だよね。

参考 代表銘柄(六花酒造)

津軽の方言で「頑固者」や「意地っ張り」を表現し、その言葉が表しているような「辛口」のお酒を造っています。

津軽弁かあ。最近は全国的に方言がマイルドになっているようで地方でも標準語しか話さない若者が増えているようですが、青森あたりはどうなんでしょうか。

まずはひやで一杯。最初のぐっと喉にくる感じでお、結構辛口なのか?と思いきや後味が甘い。かなりまったりと甘い。かぼちゃと合わせたからか、その甘みがよくわかりました。どことなく粉っぽさを感じるような舌触りでアルコール感は強め。おすすめは燗ということで、最初の一杯の後はぬる燗でいただきました。燗にすると香りが立っていいね。

表示によると淡麗辛口なのだけど、甘いと感じる。単に味覚の個人差なのか、それとも私がずれているのか。

じょっぱり 純米データ

蔵元 六花酒造(青森県・弘前市)
種類 純米
精米歩合 60%
日本酒度  ±0
酸度  1.7
アルコール度  15%

 

きくらげと卵の炒めもの献立

きくらげと卵の炒めもの

  • 糠漬け
  • 手羽先と大根のスープ
  • ほうれん草ときのこの梅和え
  • かぼちゃの塩煮
  • きくらげと卵の炒めもの

糠漬け

糠漬け

本日の糠漬けは大根、人参、茄子。しばらくこの組み合わせが続きそう。

手羽先と大根のスープ

手羽先と大根のスープ

塩を揉み込んで保存していた手羽先を乱切りの大根と一緒に鍋に入れ水と酒を加え弱火でコトコト煮ます。材料が柔らかくなったら塩胡椒で味を整えて完成。少々時間はかかるけどほったらかしでできるので便利。

ほうれん草ときのこの梅和え

151201ienomi2
先日の残りのきのこ類とちぎった梅肉を混ぜ合わせて茹でたほうれん草を和えました。醤油や出汁は加えなくてもきのこの風味があるので梅干しの塩気だけで十分。残り物再利用メニューだけどこういうのって結構酒が進みます。

かぼちゃの塩煮

かぼちゃの塩煮

毎度おなじみかぼちゃの塩煮。一口大に切ったかぼちゃに塩をまぶして鍋に入れ汗をかいたら少量の水を加えて柔らかくなるまで蒸し煮にします。出来上がりはかぼちゃ自体の美味しさにかなり依存するこの料理、今回は大当たりでした。ほっくほく。

きくらげと卵の炒めもの

きくらげと卵の炒めもの

油を引いたフライパンを熱し割りほぐした卵をふんわり炒めて取り出します。同じフライパンで生姜の千切りと塩、故障、酒、片栗粉で下味をつけておいた豚肉を炒め、戻したきくらげ、斜めに切った葱を順に加え、酒とにんにく醤油で調味したら卵を戻し入れざっと混ぜ合わせて完成。卵はふんわりと柔らかいほうが旨いです。

鶏と豚がちょこっとづつ残っていたので肉重ね。結構ボリュームのある晩ご飯になりました。

一人暮らしの料理レシピ

きくらげと卵の炒めもの、ここのところよく登場している気がするなあ。余った材料と乾物でそれなりにボリュームのある一品になるから便利なんですよね。

他の食材同様、乾物類もあれこれ常備はしませんが、きくらげと春雨はストック率高し。ちょっと物足りないな、という時スープや炒めもの、和えものに使えてなにかと頼れます。

 






関連記事

zeitaku-awabi-3

年末年始はアワビ祭りで贅沢晩酌。

師走です。年末です、クリスマスです、そして来れお正月。 みなさま、ここぞとばかり贅沢し

記事を読む

かぼちゃのすっぱいスープ

蕪の葉のしらす炒め、かぼちゃと豆腐のスープ。

酷い雨です。 みなさま十分にお気をつけくださいませ。 こちらはといえば大きな被害

記事を読む

日本酒 つまみ

日本酒で晩酌献立 5/23 豚しゃぶ梅ポン酢、きのこ温奴。

休肝日を設定しようと決意したからなのかどうなのか、もしやこのまま酒を呑まない人生という選択も

記事を読む

140813d.min

1人暮らしの料理 8/13 お盆に郷愁を誘う味。

街は今夜もお盆らしくひっそりとしています。 帰省しない私のお盆は、冷蔵庫の霜取りなどでそれ

記事を読む

秋刀魚のしょうが蒸し献立

秋刀魚のしょうが蒸し、にんじん塩炒めで晩酌。

秋刀魚ですよ、秋刀魚。わーい。 みなさま秋刀魚、食べてますか。この秋何尾いきましたか。

記事を読む

白ワイン

ワインで家飲み きのこのオムレツ。

ちょっと久しぶり? な感じの週末ワイン。 ちょこちょこ残っていた食材を使い切りたいば

記事を読む

金目鯛のかぶと煮献立

金目鯛のかぶと煮、水菜ときのこのおひたし献立。

鯛食べ過ぎ問題。 つい先日、鯛あら酒蒸し、潮汁と鯛あら連打したというのにまた鯛。狂った

記事を読む

塩鶏献立

塩鶏とキャベツのしょうが蒸し、とうもろこしのしょうゆ炒めで家飲み。

塩漬けというのは偉いもんですね。 そもそもは保存を目的として発達した調理法なんでしょう

記事を読む

せせり塩焼き

せせり塩焼き、梅しらす奴で家飲み。

写真が暗い。 なんだかどんよりした梅雨らしさ満載の写真になっている気がしますが、まあこ

記事を読む

鯖と白菜の味噌煮込み

家飲みメニュー 鯖と白菜の味噌煮込み、蕪の葉の辛味炒め。

さあ、どんどん献立が怪しくなる時期がやって参りました。 自宅を一定期間留守にする場合は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

hongkong-foods-13
堅尼地城で早朝飲茶を楽しむ 香港一人旅で食べたもの その3。

年末から続いていた香港一人旅記録、今回がラストです。 関

cebu-driver_3
続ける方法 とりあえずは、耳に挿せ。

フィリピン、セブ島での4週間短期留学を終えてから、そろそろ1ヶ

150117k2
禿げる。

去年ふざけた話を書いた祟りでしょうか。 関連 外野が何を

hongkong-foods-34
西營盤のバーと夜食と坂道と 香港一人旅で食べたもの その2

香港一人旅の食記録、第二弾です。 関連 海老ワンタン麺の

サンホワイト ワセリン
キレイの基準が低すぎる。

やったね、有言実行! 逃げ切り宣言からまだ2ヶ月ですが、

→もっと見る

PAGE TOP ↑