青森の酒 じょっぱり純米で晩酌 きくらげと卵の炒めもの、ほうれんそうときのこの梅和え。

じょっぱり純米

先日からご近所酒屋を巡るもなかなか日本酒に力を入れている店が発見できず。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

酒屋で酒選ぶの好きなんだけどなあ、などと考えつつネット検索。

ツアーの道順はまったくもってデタラメではありますが、今回は青森。なんとなく北側から攻めている感があります。



じょっぱり 純米(青森県・弘前市)

じょっぱり純米

じょっぱり。
これ、きっと方言だよね。

参考 代表銘柄(六花酒造)

津軽の方言で「頑固者」や「意地っ張り」を表現し、その言葉が表しているような「辛口」のお酒を造っています。

津軽弁かあ。最近は全国的に方言がマイルドになっているようで地方でも標準語しか話さない若者が増えているようですが、青森あたりはどうなんでしょうか。

まずはひやで一杯。最初のぐっと喉にくる感じでお、結構辛口なのか?と思いきや後味が甘い。かなりまったりと甘い。かぼちゃと合わせたからか、その甘みがよくわかりました。どことなく粉っぽさを感じるような舌触りでアルコール感は強め。おすすめは燗ということで、最初の一杯の後はぬる燗でいただきました。燗にすると香りが立っていいね。

表示によると淡麗辛口なのだけど、甘いと感じる。単に味覚の個人差なのか、それとも私がずれているのか。

じょっぱり 純米データ

蔵元 六花酒造(青森県・弘前市)
種類 純米
精米歩合 60%
日本酒度  ±0
酸度  1.7
アルコール度  15%

 

きくらげと卵の炒めもの献立

きくらげと卵の炒めもの

  • 糠漬け
  • 手羽先と大根のスープ
  • ほうれん草ときのこの梅和え
  • かぼちゃの塩煮
  • きくらげと卵の炒めもの

糠漬け

糠漬け

本日の糠漬けは大根、人参、茄子。しばらくこの組み合わせが続きそう。

手羽先と大根のスープ

手羽先と大根のスープ

塩を揉み込んで保存していた手羽先を乱切りの大根と一緒に鍋に入れ水と酒を加え弱火でコトコト煮ます。材料が柔らかくなったら塩胡椒で味を整えて完成。少々時間はかかるけどほったらかしでできるので便利。

ほうれん草ときのこの梅和え

151201ienomi2
先日の残りのきのこ類とちぎった梅肉を混ぜ合わせて茹でたほうれん草を和えました。醤油や出汁は加えなくてもきのこの風味があるので梅干しの塩気だけで十分。残り物再利用メニューだけどこういうのって結構酒が進みます。

かぼちゃの塩煮

かぼちゃの塩煮

毎度おなじみかぼちゃの塩煮。一口大に切ったかぼちゃに塩をまぶして鍋に入れ汗をかいたら少量の水を加えて柔らかくなるまで蒸し煮にします。出来上がりはかぼちゃ自体の美味しさにかなり依存するこの料理、今回は大当たりでした。ほっくほく。

きくらげと卵の炒めもの

きくらげと卵の炒めもの

油を引いたフライパンを熱し割りほぐした卵をふんわり炒めて取り出します。同じフライパンで生姜の千切りと塩、故障、酒、片栗粉で下味をつけておいた豚肉を炒め、戻したきくらげ、斜めに切った葱を順に加え、酒とにんにく醤油で調味したら卵を戻し入れざっと混ぜ合わせて完成。卵はふんわりと柔らかいほうが旨いです。

鶏と豚がちょこっとづつ残っていたので肉重ね。結構ボリュームのある晩ご飯になりました。

一人暮らしの料理レシピ

きくらげと卵の炒めもの、ここのところよく登場している気がするなあ。余った材料と乾物でそれなりにボリュームのある一品になるから便利なんですよね。

他の食材同様、乾物類もあれこれ常備はしませんが、きくらげと春雨はストック率高し。ちょっと物足りないな、という時スープや炒めもの、和えものに使えてなにかと頼れます。

 




関連記事

141128d2

家飲み献立 11/28 蕪のしょうがあんかけ、砂肝ポン酢漬他全5品で晩酌。

TGIF! 発注していた一升瓶が到着したし、金曜日だし、何か目先の変わったものでも作ろ

記事を読む

鶏じゃが

家飲みメニュー 鶏じゃが、つるむらさきのおひたし。

近所でダウンジャケットを着用している女性を見かけて、さすがにまだ早くない?なんて思ったら外国

記事を読む

鶏ゆず白菜献立

鶏ゆず白菜、塩昆布ねぎ奴献立。

いつもの八百屋でゆずを見つけ、思わず手に取りました。 ゆず、すだち、レモン、ライム、シ

記事を読む

つくねと生のピーマン

家飲みつまみ 黄身つくねと生ピーマン、白菜のサラダ。

鶏団子はスープとか鍋物とか、とにかく 「茹でる」 という調理法を用いることが圧倒

記事を読む

190417_ienomi_3

豚とわかめの梅しゃぶ、キャベツのしょうが炒め献立。

現在わたくし本体はベトナムでごくごくビールを飲んでおります。 ベトナム一人旅、タンディン教

記事を読む

きのこの黒酢炒め

きのこの黒酢炒め、パセリポテトサラダ献立。

海坊主。 自分で作って、撮っておきながら、海坊主を思わずにはいられない。 常日頃

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

そのままでいいのに、手を入れるからダメになる。

白ご飯の旨さは冷めていた方がよくわかるものであり、炊きたてこそが美味いというのはむしろ思い込

記事を読む

サバ缶と新玉ねぎのサラダ

鯖と新玉ねぎのサラダ、鶏出汁トマト春雨スープで晩酌。

新玉ねぎがあまりにも旨くて連打。 と言っても最初に購入したものを毎日少しづつ食べている

記事を読む

じゃがいもカルボナーラ

じゃがいものカルボナーラ、ピミエント・デ・パドロンで白ワイン。

一人暮らしで手軽に食事を済ませたい時の筆頭メニューはパスタ。 パスタ、なんですが。

記事を読む

ごぼうと牛肉のしぐれ煮献立

ごぼうと牛肉のしぐれ煮、小松菜の白和え献立。

しっかり濃い味に煮詰めたしぐれ煮。この手のおかずはごはんも進むし、お弁当のおかずにもいいし、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

hochiminh_foods_17
ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。

ベトナム一人旅で食べたもの、ホーチミン編です。 ベトナムに限

鶏出汁エスニックそうめん
休肝日ごはん 鶏出汁エスニックそうめん献立。

久しぶりに行ったベトナムの食感覚を体が舌が覚えているうちに、そ

nhatrang_10
まだそのサンダル履いてるの?

昨日あのお方より、開幕宣言を拝受しました。 勝ち組兄さん

ねぎとベーコンのチャーハン献立
休肝日ごはん ねぎとベーコンのチャーハン献立。

ノンアルコール週間のため、そして新しいうつわの盛り実験のため、

yuming
くさったおばさんと、恋のうた。

小さい頃は神様がいたっけかなあ。不思議に夢を叶えてくれたりした

→もっと見る

PAGE TOP ↑