家飲み献立 9/8 花に嵐のたとえもあるぞ、中秋の名月に。

公開日: : 最終更新日:2015/09/27 シェアハウス, シェアハウスで料理, 家飯 , ,

moonlight

すっかり秋を感じる1日でした。

今日は中秋の名月でしたか。

そうと知っていれば日本酒でも仕入れて酒肴を傍らに一献。

…といきたかったですが、すっかり忘れていました。

 

今夜の晩酌献立

140908d2

  • 塩豚ときのこのスープ
  • バケット
  • チーズ
  • プロシュート
  • アーモンド
  • 白ワイン

140908d3

オリーブオイルでニンニクと玉ねぎを炒めて香りがたったら3cm角にカットした塩豚を投入。油が回ったところでしめじを加えてお湯を注ぎ、ローリエを入れて20分ほど煮たら完成。仕上げに胡椒を少々。
青みがないのがちょっと寂しいけれど、塩豚の塩気と旨みだけでじんわり旨いスープになりました。ああ、秋だなあ。

あとはアリもののつまみ。中秋の名月らしからぬワインにあわせた晩酌でした。

トレーにのせている花は、先月友人からいただいたもの。最近のブーケって凄く長持ちするんですね。今我が家には豪華な花器はないのでコップに生けただけだけど、花を添えるだけで食卓が華やいでいいものですね。

さて、中秋の名月といえば、いつもこの詩を思い浮かべます。

今宵は仲秋名月
初恋を偲ぶ夜
われら万障くりあわせ
よしの屋で独り酒をのむ

春さん蛸のぶつ切りをくれえ
それも塩でくれえ
酒はあついのがよい
それから枝豆を一皿

ああ 蛸のぶつ切りは臍みたいだ
われら先づ腰かけに坐りなほし
静かに酒をつぐ
枝豆から湯気が立つ

今宵は仲秋名月
初恋を偲ぶ夜
われら万障くりあわせ
よしの屋で独り酒をのむ
(逸題)

今はもう井伏が謳った新橋の「よしの屋」は存在しないけれど、
この詩を思い出す度に、折り目正しい居酒屋で日本酒が呑みたくなります。

来年の中秋の名月は9/27。もしも日本にいたら、この詩がぴったり来る月島の「岸田屋」にでも出かけたいな…と思ったら日曜日。うーん、定休日か。

kishidaya

ま、来年を待たずに行けばいいだけですよね。

コノサカヅキヲ受ケテクレ
ドウゾナミナミツガシテオクレ
ハナニアラシノタトエモアルゾ
「サヨナラ」ダケガ人生ダ
(勧酒)

※追記 やっぱり忘れていました2015。来年こそは井伏的な名月をと誓う。

 

井伏鱒二全詩集 (岩波文庫)
井伏 鱒二
岩波書店
売り上げランキング: 338,640



関連記事

豚しゃぶのキムチ和えで家飲み。

シェアハウス生活になる前に少し悩んだのは自炊についてでした。 広いキッチンと十分すぎる調理器具

記事を読む

ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルー、キャベツの香味醤油和えで晩酌。

ゴーヤ2日目は定番のゴーヤチャンプルーで。 と言っても具材がかなりシンプルであんまりチ

記事を読む

海鮮塩炒め

海鮮塩炒め、焼きなすと春雨のサラダで紹興酒。

先日のロールイカの残りに海老を加えて海鮮炒めにしようと思い立ち組み合わせる青みを考える。

記事を読む

むね肉のにらだれ

むね肉のにらだれ、キャベツと卵のニョクマム和え献立。

鶏むね肉をいつものように蒸し鶏にして食べるつもりで帰宅。 蒸し鶏のねぎソース、たたきき

記事を読む

納豆入り油揚げ

家飲み献立 2/10 きつね納豆、トマトと卵のスープ。

読みたい本がたくさんあるし、行きたいところあちこちあるし、いい仕事がしたいし、もちろん生きるため

記事を読む

療養中の晩ご飯 8/5 鶏出汁卵とじうどん。

療養中、ってのも大げさですが。 ぎっくり腰発症当日はそもそも呑まず食わずの休肝日設定曜

記事を読む

塩鶏献立

塩鶏とキャベツのしょうが蒸し、とうもろこしのしょうゆ炒めで家飲み。

塩漬けというのは偉いもんですね。 そもそもは保存を目的として発達した調理法なんでしょう

記事を読む

厚揚げ 献立

晩酌おつまみ 9/18 厚揚げと葱の香味しょうゆ炒め、ベトナム風なます。

余っていた厚揚げをまたまたシンプルに焼いて食べようか。 と考えていたのですが、少々変化

記事を読む

油揚げと三つ葉の卵とじ、砂肝のポン酢漬け。

さーむっ!!!! と、思わず叫んでしまう寒い1日でした。 今日は帰りがすごく遅く

記事を読む

塩豚とじゃがいものオイル焼き 献立

塩豚とじゃがいものオイル焼き、キャベツのおかか和え。

微妙な面構えの写真を晒してすみません。 と、いきなり謝罪。 いやあ、春ですね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ぬか漬け
夏のお約束、今年もはじめました。

いきなり夏になりましたね。寒いより暑い方が断然好きなので、何

やりたいことをやる中年。

長年あたため続けてきた大イベントを、今月ようやく開催できまし

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

→もっと見る

PAGE TOP ↑