ペットと泊まれる宿は、朝夕部屋食がうれしい。

公開日: : 最終更新日:2018/12/13 旅人への道 ,

1812_kinugawa_17

おばさんと猫の温泉旅、続編です。

今回の温泉旅行のメインテーマは「お猫さま初めての旅」。

ペットと一緒に温泉に泊まろう。日本散歩・栃木県

よって通常であればプライオリティ上位にくるであろう食やら宿のクオリティやらは正直二の次三の次。しかしフタを開けてみればなかなか満足の内容となったのでした。

ペットと泊まれる宿は、朝夕部屋食がうれしい

ペットと泊まれる温泉の食事

温泉宿の醍醐味と言えばお部屋食。

プランによって異なるようですが、今回泊まった旅館は夕食・朝食ともにお部屋食でした。夜は部屋食でも朝はレストランで提供、というパターンも多いけれど、気軽にホイホイ外出できないペット連れの旅ではお部屋食のうれしさも倍増です。

というわけでお食事レポート、まずは夕食編。

部屋でだらだらお茶飲んで喋ってたらお膳に食事をセッティングしてくれるって、おねえさんあなたは女神様でしょうか。

配膳してくださったおねえさま情報によると、こちらの宿が最も込み合うのは年末年始とのこと。犬や猫を伴っての温泉旅行、31日に到着してのんびりと年越し、そのまま飲んで食って浸かってもう1泊して、2日にチェックアウト。というパターンがとても人気なのだとか。

確かに、それ楽しそう。特に普段仕事に家事に家族のケアにと忙しくされているお母さんお父さんにとっては最高にリラックスできる休暇の過ごし方ではないでしょうか。まあ犬猫やお子様連れの旅行ってのはそれだけで気を使うものでもありますけども、上げ膳据え膳だけでもありがたいじゃないですか。

などとお話しながら設えられた食卓はこちら。

きぬ川国際ホテル夕食

おお、4人分並ぶとさすがに賑やかですね。

1812_kinugawa_23

内容は食前酒に梅酒、前菜の盛り合わせ、湯葉の小鉢、茶碗蒸し、刺身、煮物、焼き魚、鍋はすき焼きと温泉旅館王道メニュー。

そしてさすがはペット宿泊旅館のパイオニア、猫ズにもちゃんとお夕飯付きなのです。

きぬ川国際ホテル ペットのごはん

ささみてんこ盛り。しかも、猫ズ用のお膳に名前をプリントした用紙と共にセッティングしてくれるという可愛らしさ。ペットオーナー心をくすぐってきますね。

1812_kinugawa_22

この手の宿の食事ってそんなにいいもの出ないしさほど期待していなかったんだけど、ビール飲みながら案外モリモリいけました。

最後はごはんに赤だし、漬けもののお食事セットもついていて、下戸の友人はすき焼きをおかずにごはん3杯おかわりしてました。いやいや、こんなには食べられないわ〜っていう量が入ったおひつごはん。さすがに完食とはいかなかったけれど、美味しくいただきましたよ。

1812_kinugawa_24

食後にはデザートも登場。この後もちろんお片づけしてもらってからのお布団も敷いていただいて、極楽。温泉宿ってこうじゃなきゃね。

ペットと泊まれる温泉宿のお風呂

今回の旅の主役である猫ズのせいで影が薄くなってはおりますが、ここは鬼怒川温泉。お風呂も入らなきゃいけません。

が、当然風呂にカメラ持って入るわけにいかないので、温泉の内容はこちらでご確認を。犬専用露天風呂とか犬と一緒に入れる家族風呂なんてのもあるのがなんかすごい。

1812_kinugawa_30

一応お部屋にもお風呂ついてます。う〜ん、時代感。

窓があって気持ち良さそうだったけど、部屋風呂は使わず大浴場へ行きました。温度がかなり高めだった気がするのは酔っていたせいでしょうか。

1812_kinugawa_19

風呂には入らない猫ズは、朝方に部屋で大運動会を開催。

テレビ台によじ登ったり冷蔵庫の後ろに隠れたり押入れで暴れたり人間(私)の頭に突進してみたりとそれはたいそうお楽しみだったようです。

わたしゃ酒飲んで風呂入ってぐーすか寝てたので何されたか全然知らないんですけどね。でも、生き物の気配をほんのり感じながら眠るのって、いいもんですね。

朝食もお部屋食でペットと一緒

きぬ川国際ホテル朝食

さて翌日の朝ごはん。

朝風呂に浸かってから運ばれてきたのは、またまたてんこ盛りのおひつごはんとカセットコンロに鎮座する味噌汁の鍋。油揚げと豆腐にねぎのシンプルな味噌汁だけど、これが体に染み渡る旨さでした。

1812_kinugawa_25

焼いた鮭をメインにサラダ、あんかけ豆腐、がんもどきの煮もの、納豆、卵焼き、漬けもの、焼き海苔などなど、これぞ旅館の朝ごはん。普段は朝からこんな品数食べないもんね。

1812_kinugawa_28

これだけおかずがあったらごはん一膳じゃ足りないねえ、おかわりだねえ、ということで、ごはんも味噌汁もおかわりした私。おかげでこの後昼食をパスする羽目に。猫ズには夕食と同じささみが出されました。

猫と一緒に温泉旅行、あり?なし?

1812_kinugawa_15

よくよく考えれば女4人布団を並べて寝る温泉旅行なんて学生の時以来ではなかろうか。

こういう遊び方を懐かしく感じる反面、若い頃のように夜中までガールズトークで盛り上がったりすることはなく、さっさと風呂に入って0時前には就寝してしまうあたり我々も大人になったのねとなんだか感慨深いものがあります。

正直なところ、温泉も食事も部屋の作りも突出したものはなく、犬や猫と一緒じゃなければ泊まりたいと思える要素は少ないかな?といった印象のこの宿。旅自体はものすごく楽しかったんだけどね。しかし

「他の客も犬猫連れだから、こうして猫が朝から走り回っても文句を言われる心配がないのはとてもラク」

とは今回の温泉旅行の言い出しっぺである猫ズオーナー談。確かに、ほぼ100%の宿泊客がペット同伴だからこその安心感ってあるよね。ワンワンコンパもあるしね。

結論としては犬や猫と一緒に温泉でゆるゆるだらだら過ごしたい!という向きにはかなりおすすめできる温泉宿ではないかと思います。設備は古いけれどきちんとキレイだし、ペットケアは手厚いし、スタッフさんはみんな親切で優しく、気持ちの良い対応だったのが好印象でした。

さてこの後は、東京へ戻る前にちょろっとだけ近隣を散策します。
つづく。




関連記事

大貝のつぼ焼きが神戸名物だと知らない神戸市民は多いはず。

これって方言だったんだとかてっきり全国区だと思ってたわ、みたいなことがこの歳になってもまだあ

記事を読む

台湾一人旅でもちょっと一杯したい!台湾一周一人旅の食事 その2。

少し時間が空いてしまいましたが、台湾の食まとめ第2弾。 関連 台湾一人旅でもローカルフ

記事を読む

魚に鶏に麺に芋 徳島で食べたもの 高速バスで行く徳島の旅 その5

神戸から高速バスで出かけた徳島の旅記録。最後は滞在中に行ったお店、食べたものをまとめます。

記事を読む

モアルボアルで使えるアイテム。モアルボアル滞在記録 その4。

4回目となったモアルボアル滞在記、今回でラストです。 参考 モアルボアルへの行き方。モ

記事を読む

「こだま☆楽旅IC早特」 時間を贅沢に使う旅。

前回年末の帰省ラッシュ真っ最中に果敢に挑戦して玉砕(当たり前)してしまった「こだま☆楽旅IC

記事を読む

台南 サバヒー粥の朝食コースが楽しいおしゃれリノベホテル 台湾一周一人旅。

台湾一周で利用したホテルシリーズの続きです。 道中で最も長く滞在したのは台南。

記事を読む

海の見える家で暮らしたい。

神戸・須磨散歩の続きです。 神戸ウエストサイド景勝ハンティング。日本散歩・兵庫県

記事を読む

ベトナム国内線で予約トラブル発生す。

ニャチャンでこれ以上ないほどだらだら過ごした後は、再びホーチミンに戻ります。 往路は寝

記事を読む

英作文はオリジナリティにこだわらない。セブ日記 12

久しぶりの快晴。 やはりこの島には青空が似合うなあ、こうじゃなくちゃなあ。と、大きな窓

記事を読む

河口湖畔、マミアーナジレッジで別荘遊び 日本散歩・山梨県

少し前のことですが、念願の山梨に行ってきました。 今まで足を踏み入れたことがないし、東京からの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑