秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン。

公開日: : 最終更新日:2018/09/20 家飯, 食べること ,

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風

これまでの摂取数は5尾。

今年は秋刀魚好きとしてなかなか充実した秋でした。

その内訳は

6尾目はハーブの香りで蒸し上げて、今シーズンを終えましょう。




秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン

  • 蒸しかぶ
  • タコのガリシア風
  • 秋刀魚のハーブ蒸し焼き

蒸しかぶ

蒸しかぶのトリュフソルト

皮をむいて蒸したかぶとかぶの葉をうつわに盛って、トリュフ塩をパラパラっと。

タコのガリシア風

タコのガリシア風

じゃがいもは皮ごと柔らかくなるまで茹でてから皮をむき、輪切りにしてうつわに盛ります。一口大に切ったゆでだこをローリエの香りをつけた湯にあたためる程度にさっとくぐらせてじゃがいもの上にのせ、粗塩とオリーブオイルをまわしかけたら完成。

秋刀魚のハーブ蒸し焼き

秋刀魚のハーブ蒸し焼き

秋刀魚は頭と腹を取り、塩を振ってしばらく放置したのち水分をしっかり拭き取ります。フライパンに秋刀魚、薄切りにしたにんにく、ローズマリー、バジルを入れ粗塩と胡椒をふり、オリーブオイルと白ワインをまわしかけて火にかけ、蓋をして蒸し焼きに。素焼きしたエリンギとすだちを添えていただきます。

すだちが余っていたので使ったけれど、もちろんレモンでも可。というか、そっちのほうがそれらしいかな。でも、秋刀魚にはすだちがしっくりくるし、きのこにすだちってのもこれまたねえ。

魚売り場で秋刀魚とタコの板挟みにしばらく苦しんだのち、結局選択できずに両方ひっつかんでのワイン献立。たまにはこういうのもいいじゃないか。いずれも秋刀魚シーズン’17のラストを飾るにふさわしいつまみでした。

おつまみレシピブログ

さて、タコのガリシア風といえばスペインバルの定番タパスメニュー。

関連 バルに気軽なパエリアランチ バルセロナで食べたもの。

本来はタコをしっかりとやわらかく茹で上げ、パプリカをふってこそのガリシア風なのだろうから、例によって本格的なものではありません。しかし、タコとじゃがいもの組み合わせって妙に旨いのでこれはこれで。

ここで張り切ってパプリカパウダーを導入しないところが私の気の小ささであります。そしてそんなことだからつまみのバリエーションが広がらないのであります。

つまみのバリエーションが広がらないなりに家飲みを愛でる方法を日夜考え続ける。それは我々人類に課せられた大切な使命ですから、みなさまも家飲みエッセイ「ひとりぜいたく晩酌帖」を本棚にそっと追加されてはいかがでしょうか。読めば年末ジャンボが当たったり当たらなかったりというご利益もあるそうです。

 






関連記事

さつまいものにんにく焼き

さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活を送っているもので、季節の変わ

記事を読む

きのこの卵とじ

きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃがいもとたらをさっと煮たものと

記事を読む

たらと新じゃがの塩煮

たらと新じゃがの塩煮、小葱と油揚げの酢味噌和え献立。

たらとじゃがいもの組み合わせが食べたくなって、シンプルな塩煮にしました。 イメージ的に

記事を読む

141226d2

家飲み献立 12/26 鶏もも肉のソース焼き、にんじんナムル。

窓の外から「火の用心」の声が聞こえてくる師走の夜。本日で2014年の仕事納め、という方も多か

記事を読む

アッシパルマンティエで赤ワイン

アッシパルマンティエ、はちみつドレッシングのアーモンドサラダ。

駆け込み冬メニューシリーズ、今季初のアッシパルマンティエで赤ワインです。 ここ数年一貫

記事を読む

トマトの卵炒め献立

トマトと卵の炒めもの、青梗菜のしょうがスープ献立。

霧雨が降っているし、なんとなく肌寒いからスープでも投入しますかね。 そんな風に感じた火曜日

記事を読む

161214ienomi_5

蕪と手羽先のしょうがあんかけ、梅えのき納豆献立。

本体はアメリカにおりますが、撮りためていた晩酌献立を。クリスマスとはおよそ無関係です。

記事を読む

鯖のおろし和え

鯖のおろし和え、えのきの卵とじ献立。

先日スーパーの店先で鯖の水煮パウチを見かけました。   はごろ

記事を読む

140929d47

ワインで家飲み 9/29 アッシパルマンティエ、パプリカのマリネ。

いやあ、いい天気でしたね。 暦の上ではもう秋。 とはわかっているんですが、青空と

記事を読む

鶏肝煮献立

鶏肝煮、おつまみ奴献立。

気持ち悪い。 自分で画像を加工しながら、ちょっとグロいなと思ってしまいました。

記事を読む

Comment

  1. くらいまー より:

    はじめまして。
    いつも、記事を楽しみにしております。
    レシピも、真似させていただいてます。

    あぶらむしも定番になりましたし
    鰤カマをネギと蒸すのも
    こちらで教えていただきました。

    そしていま、晩酌帖、予約でポチりました。
    届くのがとても楽しみです。

    • crispy-life より:

      くらいまーさん

      はじめまして。晩酌帖、早速ご予約いただいたとのことでありがとうございます! あぶらむし(ネーミング…)、鰤カマなど自分にとって馴染みの料理を食べている方がおられるとやたらと親近感が湧いてうれしいです。

      現在家を離れていますが、出発前の晩酌献立がまだいくつか手元に残っているのでそちらもおいおい更新していきますね。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑