秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン。

公開日: : 最終更新日:2018/09/20 家飯, 食べること ,

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風

これまでの摂取数は5尾。

今年は秋刀魚好きとしてなかなか充実した秋でした。

その内訳は

6尾目はハーブの香りで蒸し上げて、今シーズンを終えましょう。

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン

  • 蒸しかぶ
  • タコのガリシア風
  • 秋刀魚のハーブ蒸し焼き

蒸しかぶ

蒸しかぶのトリュフソルト

皮をむいて蒸したかぶとかぶの葉をうつわに盛って、トリュフ塩をパラパラっと。

タコのガリシア風

タコのガリシア風

じゃがいもは皮ごと柔らかくなるまで茹でてから皮をむき、輪切りにしてうつわに盛ります。一口大に切ったゆでだこをローリエの香りをつけた湯にあたためる程度にさっとくぐらせてじゃがいもの上にのせ、粗塩とオリーブオイルをまわしかけたら完成。

秋刀魚のハーブ蒸し焼き

秋刀魚のハーブ蒸し焼き

秋刀魚は頭と腹を取り、塩を振ってしばらく放置したのち水分をしっかり拭き取ります。フライパンに秋刀魚、薄切りにしたにんにく、ローズマリー、バジルを入れ粗塩と胡椒をふり、オリーブオイルと白ワインをまわしかけて火にかけ、蓋をして蒸し焼きに。素焼きしたエリンギとすだちを添えていただきます。

すだちが余っていたので使ったけれど、もちろんレモンでも可。というか、そっちのほうがそれらしいかな。でも、秋刀魚にはすだちがしっくりくるし、きのこにすだちってのもこれまたねえ。

魚売り場で秋刀魚とタコの板挟みにしばらく苦しんだのち、結局選択できずに両方ひっつかんでのワイン献立。たまにはこういうのもいいじゃないか。いずれも秋刀魚シーズン’17のラストを飾るにふさわしいつまみでした。

おつまみレシピブログ

さて、タコのガリシア風といえばスペインバルの定番タパスメニュー。

関連 バルに気軽なパエリアランチ バルセロナで食べたもの。

本来はタコをしっかりとやわらかく茹で上げ、パプリカをふってこそのガリシア風なのだろうから、例によって本格的なものではありません。しかし、タコとじゃがいもの組み合わせって妙に旨いのでこれはこれで。

ここで張り切ってパプリカパウダーを導入しないところが私の気の小ささであります。そしてそんなことだからつまみのバリエーションが広がらないのであります。

つまみのバリエーションが広がらないなりに家飲みを愛でる方法を日夜考え続ける。それは我々人類に課せられた大切な使命ですから、みなさまも家飲みエッセイ「ひとりぜいたく晩酌帖」を本棚にそっと追加されてはいかがでしょうか。読めば年末ジャンボが当たったり当たらなかったりというご利益もあるそうです。

 




関連記事

塩豚ときのこの黒酢スープ

塩豚ときのこの黒酢スープ、キャベツの辛み蒸し献立。

今宵の献立をありあわせの材料で間に合わせるという行為は、家庭料理、中でも一人晩酌においては中

記事を読む

材料2つの鍋料理 11/6 キャベツと豚肉の鍋。

スーパーの品揃えもすっかり衣替え。そろそろ葉物が充実してきましたね。 寒いのはめっぽう

記事を読む

ワインで家飲み 9/26 チキンのハーブロースト、セロリのサラダ。

今週はちょっと呑みすぎたかなあ。 と少々自覚があるので幾分控えめに済ませようと考えた土

記事を読む

肉じゃが献立

はちみつ肉じゃが、生白菜の梅おかか和え献立。

先日塩味ポテトサラダにした赤いじゃがいも。 豚とちぢみほうれん草の常夜鍋風、ねぎ油風味

記事を読む

白菜漬け インゲンのごま和え ネギ塩トマト豆腐 塩豚と蕪のスープ煮

塩豚と蕪のスープ煮、ネギ塩トマト豆腐献立。

先日酢豚を作った際に買った豚かたまり肉。 関連 トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひた

記事を読む

家飲み献立 12/19 レトロドールに赤ワイン。

夕方頃に有楽町にいたので、ふと思い立ってふらふらと東京駅まで歩いてしまいました。 お目当て

記事を読む

大根と牛肉のバター煮

大根と牛肉のバター煮、焼き甘長で家飲み。

大根といえば圧倒的に焼き大根率が高い我が家ですが、本日は珍しく甘辛い醤油味の煮物に。

記事を読む

ピーマンチャンプルー献立

ピーマンチャンプルー、レタス海苔サラダ献立。

それなりに好みだし、いれば便利なアイツ。 ピーマンはそんな位置付けにある野菜です。1

記事を読む

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え

蒸しなすと豚しゃぶの大葉和え、塩トマト献立。

今の時期なすが安くてうれしい。八百屋の店頭で一盛り98円のなすと目が合うと、つい手にとって

記事を読む

ガサエビの紹興酒漬け

秋田の酒 うまからまんさく特別純米酒で贅沢晩酌 トマトと卵の炒めもの、ガサエビの紹興酒漬け。

酒のつまみを自分で作る際はあまり手をかけ過ぎず、素材そのものをシンプルに味わいたい派です。

記事を読む

Comment

  1. くらいまー より:

    はじめまして。
    いつも、記事を楽しみにしております。
    レシピも、真似させていただいてます。

    あぶらむしも定番になりましたし
    鰤カマをネギと蒸すのも
    こちらで教えていただきました。

    そしていま、晩酌帖、予約でポチりました。
    届くのがとても楽しみです。

    • crispy-life より:

      くらいまーさん

      はじめまして。晩酌帖、早速ご予約いただいたとのことでありがとうございます! あぶらむし(ネーミング…)、鰤カマなど自分にとって馴染みの料理を食べている方がおられるとやたらと親近感が湧いてうれしいです。

      現在家を離れていますが、出発前の晩酌献立がまだいくつか手元に残っているのでそちらもおいおい更新していきますね。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

正月早々、老親におねだりをする50娘。

伝家の宝刀、寝正月をキメています。暮れに帰省して、簡単に近況

→もっと見る

PAGE TOP ↑