秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン。

公開日: : 最終更新日:2018/09/20 家飯, 食べること ,

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風

これまでの摂取数は5尾。

今年は秋刀魚好きとしてなかなか充実した秋でした。

その内訳は

6尾目はハーブの香りで蒸し上げて、今シーズンを終えましょう。

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン

  • 蒸しかぶ
  • タコのガリシア風
  • 秋刀魚のハーブ蒸し焼き

蒸しかぶ

蒸しかぶのトリュフソルト

皮をむいて蒸したかぶとかぶの葉をうつわに盛って、トリュフ塩をパラパラっと。

タコのガリシア風

タコのガリシア風

じゃがいもは皮ごと柔らかくなるまで茹でてから皮をむき、輪切りにしてうつわに盛ります。一口大に切ったゆでだこをローリエの香りをつけた湯にあたためる程度にさっとくぐらせてじゃがいもの上にのせ、粗塩とオリーブオイルをまわしかけたら完成。

秋刀魚のハーブ蒸し焼き

秋刀魚のハーブ蒸し焼き

秋刀魚は頭と腹を取り、塩を振ってしばらく放置したのち水分をしっかり拭き取ります。フライパンに秋刀魚、薄切りにしたにんにく、ローズマリー、バジルを入れ粗塩と胡椒をふり、オリーブオイルと白ワインをまわしかけて火にかけ、蓋をして蒸し焼きに。素焼きしたエリンギとすだちを添えていただきます。

すだちが余っていたので使ったけれど、もちろんレモンでも可。というか、そっちのほうがそれらしいかな。でも、秋刀魚にはすだちがしっくりくるし、きのこにすだちってのもこれまたねえ。

魚売り場で秋刀魚とタコの板挟みにしばらく苦しんだのち、結局選択できずに両方ひっつかんでのワイン献立。たまにはこういうのもいいじゃないか。いずれも秋刀魚シーズン’17のラストを飾るにふさわしいつまみでした。

おつまみレシピブログ

さて、タコのガリシア風といえばスペインバルの定番タパスメニュー。

関連 バルに気軽なパエリアランチ バルセロナで食べたもの。

本来はタコをしっかりとやわらかく茹で上げ、パプリカをふってこそのガリシア風なのだろうから、例によって本格的なものではありません。しかし、タコとじゃがいもの組み合わせって妙に旨いのでこれはこれで。

ここで張り切ってパプリカパウダーを導入しないところが私の気の小ささであります。そしてそんなことだからつまみのバリエーションが広がらないのであります。

つまみのバリエーションが広がらないなりに家飲みを愛でる方法を日夜考え続ける。それは我々人類に課せられた大切な使命ですから、みなさまも家飲みエッセイ「ひとりぜいたく晩酌帖」を本棚にそっと追加されてはいかがでしょうか。読めば年末ジャンボが当たったり当たらなかったりというご利益もあるそうです。

 




関連記事

牡蠣豆腐

牡蠣豆腐、焼きれんこん献立。

初牡蠣です。 外ではすでに何度か口にしておりましたが、家飲みつまみとしては今シーズン初

記事を読む

むね肉のにらだれ

むね肉のにらだれ、キャベツと卵のニョクマム和え献立。

鶏むね肉をいつものように蒸し鶏にして食べるつもりで帰宅。 蒸し鶏のねぎソース、たたきき

記事を読む

ベトナム一人旅の食事 ニャチャンで貝やネムヌォンを満喫。

ベトナム一人旅の食記録、ニャチャン編です。 ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。 海沿

記事を読む

家飲み献立 10/9 イカとセロリの中華和え他全5品で晩酌。

TGIF! また大きな台風が近づいていますね。備えましょう。   今夜の

記事を読む

エンサイの納豆和え献立

エンサイの納豆和え、かぼちゃと豆腐のスープ献立。

先日、普段の調理手順について書きました。 要領が悪い人の料理。 とにかく簡単な手

記事を読む

休肝日のメニュー

抜歯で休肝日の晩ご飯 餃子入り野菜スープとぬか漬け。

以前も何度か休肝日のメニューについて書いたことがありました。 関連 休肝日の鶏出汁こん

記事を読む

塩鮭と白菜の酒蒸し、ゆずかぶらで晩酌。

実際の体温上昇云々は別としても、白菜は暖をとる野菜だよなあと感じます。 冬の野菜だから

記事を読む

家飲み献立 11/8 砂肝の葱塩和え、塩辛クリームチーズ他全5品。

恐れていたことがとうとうやってきたのかもしれません。 冬?もう、冬なの?? 11月っ

記事を読む

えのきのたらこ和え、キャベツと卵の炒めもの献立

キャベツと卵の炒めもの、えのきのたらこ和え献立。

続・魚卵。 休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツの味噌汁献立。 ごはんの

記事を読む

神亀純米

埼玉の酒 神亀 純米辛口で晩酌 蒸し鶏と青菜の生姜ポン酢、蕪のナムル。

関東地方の旅、順調に推移しております。 関連 勝手に日本酒全国ツアー いつもはこ

記事を読む

Comment

  1. くらいまー より:

    はじめまして。
    いつも、記事を楽しみにしております。
    レシピも、真似させていただいてます。

    あぶらむしも定番になりましたし
    鰤カマをネギと蒸すのも
    こちらで教えていただきました。

    そしていま、晩酌帖、予約でポチりました。
    届くのがとても楽しみです。

    • crispy-life より:

      くらいまーさん

      はじめまして。晩酌帖、早速ご予約いただいたとのことでありがとうございます! あぶらむし(ネーミング…)、鰤カマなど自分にとって馴染みの料理を食べている方がおられるとやたらと親近感が湧いてうれしいです。

      現在家を離れていますが、出発前の晩酌献立がまだいくつか手元に残っているのでそちらもおいおい更新していきますね。

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑