塩手羽とキャベツのスープ煮、なすの黒酢炒め献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

塩手羽とキャベツのスープ煮

塩漬け肉の結果が、こちらです。

手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

先日の焼きも、本日の煮も、食べやすいので切り落としていますが、手羽端もちゃんと一緒に調理しています。特に煮に関しては、出汁が取れるのでね。

旨みたっぷりの鶏スープを、キャベツと春雨に吸わせますよ。

塩手羽とキャベツのスープ煮、なすの黒酢炒めで晩酌

塩手羽とキャベツのスープ煮、なすの黒酢炒めで晩酌

  • ぬか漬け
  • なすの黒酢炒め
  • 塩手羽とキャベツのスープ煮

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根、ゴーヤ、にんじんの3種。

なすの黒酢炒め

なすの黒酢炒め

フライパンに油を熱し、乱切りにしてあく抜きしておいたなすを入れてよく炒めます。なすがしんなりしたところであらかじめ合わせておいた黒酢とにんにくしょうゆを投入。なすに含ませるように炒めわせてうつわに盛り、大葉の千切りをのせます。

塩手羽とキャベツのスープ煮

塩手羽とキャベツのスープ煮

塩を刷り込んで冷蔵庫で保存しておいた手羽先、くし形に切ったキャベツ、出汁昆布、しょうがの薄切り、荒く潰した粒胡椒を鍋に入れ、水と酒を注いで弱火にかけます。アクを取りながらじっくり煮込んでから戻しておいた春雨を投入。味が足りなければ塩を少々追加します。

「スープ煮」などとそれらしく表記してはおりますが、なんのことはない、水と酒でただただ煮ただけ。材料を放り込んでおけばあとは勝手に美味しくなってくれるこの手の煮込みは、手間いらず・失敗知らず料理の代名詞みたいなものですね。

夏の間に冷たいものを取りすぎてお疲れ気味の胃腸に染み渡る優しい鶏出汁、いかがでしょうか。ついでに酒も沁み渡らせてちゃ意味ないような気もしますけど。

おつまみレシピブログ

手羽先に限らず、塩漬け保存した鶏肉はつまみ作りに重宝します。今日はたまたまキャベツで作りましたが、相方を大根にしたり、豆腐にしたり、いろいろ応用できますからね。

鶏豆腐、海老のナンプラー風味サラダ献立。

あとは、青菜と蒸すというこれまたお手軽過ぎる手も。

鶏もも肉と水菜のフライパン蒸し、えのき梅豆腐献立。

いずれも味付けは塩だけとか、ポン酢かけるとか、味付けテクニック不要のなんちゃって料理ばかりですが、素材の組み合わせさえ間違えなければあらゆる方向へ応用可能という柔軟さがいいじゃないですか、ねえ。

 




関連記事

トマトと紫蘇のサラダ

トマトと大葉のサラダ、なめこ納豆。

桜咲き始めてますね。 早咲きの種類なのでしょうか、ちらほらと花が開いているのを目にする

記事を読む

蒸し鶏のガーリックオイルソース 7/30 一人暮らしの晩ご飯。

昨日いつものスーパーで野菜の安売りをしていました。 鰹のたたき用薬味が欲しかったこともあり、つ

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 7/27 キャベツの煮浸し。

贅沢に昼ワインを楽しんだあとはお昼寝。 目が覚めて暫くすると、雷が鳴り始めて夕立がきました

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエで赤ワイン。

もうそろそろ本格的に春がやってくるけれど、そういやこの冬食べてなかったな。 とふと思い

記事を読む

ゆでとうきび

鶏もも肉のソース焼き、ゆでとうきびで晩酌。

友人の夏の好物はとうもろこしで、私の夏の好物はオクラ。ある夏、 「今季はもう◯本食べた

記事を読む

ゴーヤと油揚げのにんにく炒め、きのこと卵の黒酢スープで晩酌

ゴーヤと油揚げのにんにく炒め、きのこと卵の黒酢スープ献立。

ゴーヤと油揚げを炒め合わせる。 残り物同士をくっつけたつまみとしては、上出来じゃないで

記事を読む

豚ロースの梅照り焼き

豚ロースの梅照り焼き、蒸しなすサラダ献立。

そろそろ魚よねえ、魚。 肉が毎日続くのはそう苦にならないし、肉も魚もない野菜メインの献

記事を読む

台湾女一人旅 桃園空港から台北駅 寧夏夜市で晩ご飯。

本来は4月ごろを予定していた台湾の旅。 午前便がいいなあ、お、羽田発もあるのか、などと

記事を読む

セロリと豆腐の炒めもの

セロリと豆腐の炒めもの、キャベツのおかか和え献立。

なんか最近この手の作戦が多めだけど、残りもの一掃献立。 先日作った豆腐炒めものが妙に旨

記事を読む

油揚げの葱味噌焼き献立

きつね葱味噌焼き、小松菜のオイル蒸し献立。

先日テレビでつくりおきダイエット云々というのをやっていました。 最近妙に人気があるらし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑