鶏もも肉と水菜のフライパン蒸し、えのき梅豆腐献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鶏もも肉と水菜の酒蒸し

水菜がある、鶏もも肉も余っている。となると自動的にこのメニューかしら。

毎度おなじみ肉×野菜のフライパン蒸しですがこれ、実はお店で食べたホイル蒸しが元ネタでして。

塩鶏と水菜のホイル蒸し、ベジブロスのキャベツ煮浸し。

ホイルがない方が手軽と思ってしまうけれど、後片付け的にはホイルがあるほうが楽なのかどうなのか。



鶏もも肉と水菜のフライパン蒸し、えのき梅豆腐献立

鶏もも肉と水菜の酒蒸し、えのき梅豆腐献立

  • トマトと卵のスープ
  • 春キャベツの浅漬け
  • えのき梅豆腐
  • 鶏もも肉と水菜の酒蒸し

トマトと卵のスープ

トマトと卵のスープ

鶏がらスープで角切りにしたトマトをさっと煮て、水溶き片栗粉でとろみをつけます。溶き卵を流し入れふんわりと固めたらごま油で風味をつけて完成。

えのき梅豆腐

えのき梅豆腐

叩いた梅肉を出汁しょうゆで伸ばし、茹でたえのきを和えたものを乗せた冷奴。青味は千切りにした大葉です。

鶏もも肉と水菜の酒蒸し

鶏もも肉と水菜の酒蒸し

鶏もも肉は一口大に切り、塩を揉み込んでおきます。フライパンに肉を並べ酒を回しかけ蓋をして弱火で蒸し煮に。肉の色が変わったらざく切りにした水菜を加えてさらに蒸して完成。

今回はやや強めの塩加減にしたので、黒七味を振っただけですが、ポン酢をちょびっとたらしたり、柑橘系を絞ってもよろしいかと。鶏から出た出汁と水菜から出る水分が絡んだシンプルな旨味を存分に味わうならば、水分を加えて汁飲み仕様にしてもいいですね。

鶏豆腐、蕪の温サラダ献立。

前にも似たようなことを書いた気がしますが、我が食卓は小型の片手鍋とこれまた小型のフライパン(いずれも蓋つき)でほぼすべての加熱調理をまかなっている状態であります。もちろん、本日の晩酌献立もそう。年中通して考えてもこの組み合わせによる献立は体感値90%を超えている。

よって、最初に揃える調理器具としてはこの2点をおすすめしたいと考えるのであります。

しかしながら調理器具や調味料の「これさえあれば」は人によって異なるようで、例えば中華鍋ひとつあればなんでもできるという猛者もおられますね。私には重量的に無理でしたけども、中華鍋。今でもあれを華麗に振り回してみたい思いはあるけれど、憧れは依然憧れのままで。

 




関連記事

140822d

シェアハウスで料理 8/22 何も作らない晩ごはん。

今週はあれこれ作ってちょこちょこ残していたので、今夜は作りおき食材メインで晩御飯です。 わ

記事を読む

塩焼き芋

秋刀魚の梅昆布蒸し、塩焼き芋献立。

しつこいですが、秋刀魚です。 先日は梅煮で食べる気満々だったのに梅が間に合わず、しょう

記事を読む

さつまいもときのこのグラタン

ワインで家飲み さつまいもときのこのグラタン。

グラタンとワインの組み合わせって結構好きです。 グラタンはいろんな具で作れる便利な料理

記事を読む

141222d

家飲み献立 12/22 温奴に熱燗。

帰り道でスーパーに寄ったら、普段は店頭に並んでいない鶏の丸焼きとかオードブルがたくさん出てい

記事を読む

isuzu2

パン飲み上等!神戸に来たら絶対に外せない、2つのパン屋。

神戸市はパンへの支出が全国で最も高い都市なんだそうで。 参考 家計調査品目別都道府県庁

記事を読む

れんこんの黒酢炒め

白菜あんかけ豆腐、れんこん黒酢炒め献立。

寒い日にはあったかい汁ものが定番ではありますが、とろみもまた捨てがたい。 熱々のとろみ

記事を読む

切り昆布の煮もの

切り昆布の煮もの、青菜のおろし和え献立。

久しぶりに切り昆布を手にとる。 昆布の煮ものっていいですね。何せ、出汁を取らなくていい

記事を読む

蒸ししゃぶ献立

蒸ししゃぶ、焼き甘長献立。

引越しして以前より調理環境が良くなりました。冷蔵庫も大きくなったので、冷凍だってできちゃうん

記事を読む

ニラ納豆

食べて飲んで、人体実験。

なんだかんだで観終わった後にセンター街を抜けるのは気分的にしんどかった。 関連 見習う

記事を読む

夏野菜の焼き浸し献立

エンサイとひき肉の炒めもの、なすと島オクラの焼きびたし献立。

エンサイってなんじゃらほい。 馴染みのない青菜だけれど、その姿形はよく知っている。調べ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

ひいかと里芋の煮つけ
ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラダ献立。

あれっ?ひいかって、春じゃなかったっけ?いや、春はホタルイカか

sanma
秋刀魚の塩焼きを頭から骨ごと食べる人。

40代ともなれば体にガタもこようというもの。頭からつま先まで、

yokosuka_6
栓抜きを使ったことがない。

カウンターのみの小さな店で、店主らは基本カウンターから外には出

→もっと見る

PAGE TOP ↑