鶏もも肉と水菜のフライパン蒸し、えのき梅豆腐献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鶏もも肉と水菜の酒蒸し

水菜がある、鶏もも肉も余っている。となると自動的にこのメニューかしら。

毎度おなじみ肉×野菜のフライパン蒸しですがこれ、実はお店で食べたホイル蒸しが元ネタでして。

塩鶏と水菜のホイル蒸し、ベジブロスのキャベツ煮浸し。

ホイルがない方が手軽と思ってしまうけれど、後片付け的にはホイルがあるほうが楽なのかどうなのか。




鶏もも肉と水菜のフライパン蒸し、えのき梅豆腐献立

鶏もも肉と水菜の酒蒸し、えのき梅豆腐献立

  • トマトと卵のスープ
  • 春キャベツの浅漬け
  • えのき梅豆腐
  • 鶏もも肉と水菜の酒蒸し

トマトと卵のスープ

トマトと卵のスープ

鶏がらスープで角切りにしたトマトをさっと煮て、水溶き片栗粉でとろみをつけます。溶き卵を流し入れふんわりと固めたらごま油で風味をつけて完成。

えのき梅豆腐

えのき梅豆腐

叩いた梅肉を出汁しょうゆで伸ばし、茹でたえのきを和えたものを乗せた冷奴。青味は千切りにした大葉です。

鶏もも肉と水菜の酒蒸し

鶏もも肉と水菜の酒蒸し

鶏もも肉は一口大に切り、塩を揉み込んでおきます。フライパンに肉を並べ酒を回しかけ蓋をして弱火で蒸し煮に。肉の色が変わったらざく切りにした水菜を加えてさらに蒸して完成。

今回はやや強めの塩加減にしたので、黒七味を振っただけですが、ポン酢をちょびっとたらしたり、柑橘系を絞ってもよろしいかと。鶏から出た出汁と水菜から出る水分が絡んだシンプルな旨味を存分に味わうならば、水分を加えて汁飲み仕様にしてもいいですね。

鶏豆腐、蕪の温サラダ献立。

前にも似たようなことを書いた気がしますが、我が食卓は小型の片手鍋とこれまた小型のフライパン(いずれも蓋つき)でほぼすべての加熱調理をまかなっている状態であります。もちろん、本日の晩酌献立もそう。年中通して考えてもこの組み合わせによる献立は体感値90%を超えている。

よって、最初に揃える調理器具としてはこの2点をおすすめしたいと考えるのであります。

しかしながら調理器具や調味料の「これさえあれば」は人によって異なるようで、例えば中華鍋ひとつあればなんでもできるという猛者もおられますね。私には重量的に無理でしたけども、中華鍋。今でもあれを華麗に振り回してみたい思いはあるけれど、憧れは依然憧れのままで。

 






関連記事

141031d5

家飲み献立 10/31 半干しキャベツと鶏もも肉の煮込み他全5品。

TGIF! そして、今日はハロウィン、ですか。 私が子供の頃通っていた学校の隣にイン

記事を読む

かぼちゃのすっぱいスープ

蕪の葉のしらす炒め、かぼちゃと豆腐のスープ。

酷い雨です。 みなさま十分にお気をつけくださいませ。 こちらはといえば大きな被害

記事を読む

150826d7

茄子の甘酢炒め、ゴーヤの梅和え。

寒さにめげずに夏野菜大会。 買い物に行かなかったので何をどうしてやろうかといろいろ考え

記事を読む

新玉ねぎ卵炒め献立

新玉ねぎ卵炒め、小松菜と蒸し鶏の梅和え献立。

つい先日さよならを告げたのに、まだ食べます。 蒸し鶏の香味黒酢ソース、かぶの和サラダ献

記事を読む

白鶴酒造記念館 酒蔵巡り

白鶴酒造資料館 最後は立ち呑みで〆。灘の酒蔵巡り その4.

しつこく書いている灘の酒蔵巡り、ようやく最終回です。 参考 灘の酒蔵巡り 2015

記事を読む

モツ鍋(もどき)

モツの入っていないモツ鍋(もどき)で晩酌。

いきなりの、鍋。 急に寒くなったとはいえ、なぜ今わざわざ食べるのだ、という感じの鍋。

記事を読む

セロリときのこの塩炒め

セロリときのこの炒めもの、豚汁献立。

日々の晩酌を記録しているからといってこんなものまで書き残しておく必要はあるのだろうかとふと疑

記事を読む

150823d

ワインで家飲み アンチョビドレッシングのサラダ。

本日月曜日は休肝日かつ休胃日。 週末は外食することも多いし、早い時間から簡単なつまみと

記事を読む

れんこんハンバーグ、小松菜の黄身和え献立。

れんこんハンバーグ、小松菜の黄身和え献立。

丸はんぺんを焼いたのですか? という謎ビジュアルになっていますが、違います。れんこん入

記事を読む

141104d

キャベツと釜揚げしらすのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ。

今日は帰宅が遅くなってしまった。 夕食はワインとチーズだけにしようかな。 なんて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑