後悔しない生き方なんて。

公開日: : 最終更新日:2018/09/07 ミニマルライフ, 生き方と考え方




edogawa55

免許の更新のため、最寄りの警察署に出かける途中で、そういや東京で免許の更新をするのは初めてだなと気付く。

交付された新しい免許証を受け取り、こうして表面に東京の住所が印字されたものを持つのも初めてだなあと思う。そりゃそうか。

ちなみに、旧免許証に印字されていたのは、1日足りとも住んだことのない住所。

別に訳ありとか怪しい話じゃないですよ。単に、住民票登録する住所としてお借りしていたというだけのことです。

なる時はどうやったって、なってしまう

sumida_42

ここのところはね、交通事故による死亡事故は減ってきていて、いいことだと思います。昭和30年代はとにかく事故が多くて、交通戦争なんて呼ばれてましたからね。と、講習担当の男性が話すのを一番前の席で聴く。

チコタンのアホ。

今までは免許の更新なんて、ぼんやりとビデオを見たくらいの記憶しかないけれど、今回の講習は面白かった。担当の男性が妙に話上手で、笑いを挟む間隔も、オチのタイミングも実によくできており感心する。ただの免許更新講習だというのに、観客(とは言わないか)を楽しませようとする気概が見えてほほう、となる。

筋金入りのペーパードライバーである私が交通事故の加害者になることは100%ないけれど、どんなに気をつけていても被害者になってしまう可能性は0%にはならない。事故に限らず、病気にだってなる時はなってしまうのだと、リアルに感じるこの頃。

迷惑な友人、思い出は数ミリの誤差。

台風の影響で両親宅あたりが冠水している様子をニュースで見て、ああ、こういう時に無駄な正義感発揮して海沿いにパトロールとか行っちゃいがちなんだよなあ、あの人。と、妙な方向の心配をする。

嵐のよるに。

さすがにこれだけ酷いと外出はしていないだろうけど、どうだかなあ。気にはなるものの、大の大人にわざわざ私が注意することでもないので、敢えて連絡は入れず。気遣いのメッセージをくれた友人に、わざわざありがとうね、大丈夫みたいだよ、と返す。

朝になり、今度は私がその友人に全く同じ内容のメッセージを送ることになる。わざわざありがとうね。道内の親族全員連絡が取れました、と返ってくる。

後悔しない生き方なんて

minatoku6

毎日、どこかで、なんかしらの災害が起きているように感じる今年。災害じゃなくても、事故や病気だってあるし、当たり前に明日がくるとは限らない。というか、明日がくるのって、そこそこ奇跡。

いつ何が起こってもおかしくはないのだから、後悔のない生き方を。なんてよく言うけれど、まあするよね、後悔は。後悔じゃなくても、あの時ああしていれば、というたらればは、いつだって、いくつだってあちこちに転がっている。

黄色いパンツ、選ばなかったもうひとつの道。

いろいろやりきったから、もしも明日が来なくてもまあ、それはそれで。というやや刹那的な生き方を自分はしてはいるけれど、もう少しやりたいことがあったのにとか、もっと一緒にいたかったのに、なんて悔いの残る生き方だって、いい気がする。

そういう種類の後悔なら、いい気がする。

どうせ捨てるなら、何も持たないほうがいい。

今日は洗濯の日だったのに、停電になってしまったとメッセージが入る。そうか、曜日毎にすることを決めているのはなんだか兄さんらしいなと思う。そして、洗濯機は持っているんだな、とも。

勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円。

大変ですがどうぞお気をつけて、と返した数時間後、洗濯ができないのでこうなりました。という文章とともに、いつものイタリアンのカウンターで景気良く泡のボトルを開けているご機嫌な写真が送られてくる。

なるほど、そうきたか。なんだかある種の正解を見た気がして、私もまた普通の毎日へと帰っていくのでした。

持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

 

 




関連記事

黒シャツのコーディネイト 大人買いと褪せた色。

By: Fred Benenson[/caption] 洋服の定番カラー、黒。困った時の黒。

記事を読む

京都散歩2017

京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。 関連 今すぐ一から人生全部や

記事を読む

その後の毛の話、抜けても生えるありがたさ。

お盆休みも終盤戦ですし、毛の話でも回収しましょう。 毛について騒いでから早3週間が経過

記事を読む

やりたいことをリスト化して書き出す理由と効果。

西側の生まれで相応の技術を持たない私ですら、ベランダだけでそれなりのサイズ感のだるまを製作可

記事を読む

履かない靴

履けない履かない靴のその後。

ずっと履いていなかったパンプス。 他に処分する服と一緒にファストファッションOKの買取サイ

記事を読む

ダウンシフトは「降りる」こと?減速して自由に生きる。

読もうと思って手元に置いている本がたまり始めたので、週末はおとなしく読書。 まず読んだのは

記事を読む

シンプルは孤独、そして何よりも面倒なこと。

久しぶりに髪を切りに出かけて待ち時間に雑誌を広げる。 パラパラとめくると 「シン

記事を読む

お金のためだけに働いて悪いか。

お金のためだけに働く。 個人的にはその行為が悪いことだとはとんと思いません。もちろん、

記事を読む

身軽な旅を実現するために大切なこと。

昨年のタイ旅行でホステルの便利さにすっかりはまった私。 関連 バンコク女性一人旅。ゲス

記事を読む

21世紀の英会話 高城剛氏はなぜこの本を書いたのか。

By: Steven S.[/caption] 先日、私が英語を学び始めたのは40歳を過ぎて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

もうどうでもいいわという投げやりな態度で。

奥さん、6月です。そろそろ開いてる店も増えてきたので、修理に出すタ

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

→もっと見る

PAGE TOP ↑