後悔しない生き方なんて。

公開日: : 最終更新日:2018/09/07 ミニマルライフ, 生き方と考え方

edogawa55

免許の更新のため、最寄りの警察署に出かける途中で、そういや東京で免許の更新をするのは初めてだなと気付く。

交付された新しい免許証を受け取り、こうして表面に東京の住所が印字されたものを持つのも初めてだなあと思う。そりゃそうか。

ちなみに、旧免許証に印字されていたのは、1日足りとも住んだことのない住所。

別に訳ありとか怪しい話じゃないですよ。単に、住民票登録する住所としてお借りしていたというだけのことです。

なる時はどうやったって、なってしまう

sumida_42

ここのところはね、交通事故による死亡事故は減ってきていて、いいことだと思います。昭和30年代はとにかく事故が多くて、交通戦争なんて呼ばれてましたからね。と、講習担当の男性が話すのを一番前の席で聴く。

チコタンのアホ。

今までは免許の更新なんて、ぼんやりとビデオを見たくらいの記憶しかないけれど、今回の講習は面白かった。担当の男性が妙に話上手で、笑いを挟む間隔も、オチのタイミングも実によくできており感心する。ただの免許更新講習だというのに、観客(とは言わないか)を楽しませようとする気概が見えてほほう、となる。

筋金入りのペーパードライバーである私が交通事故の加害者になることは100%ないけれど、どんなに気をつけていても被害者になってしまう可能性は0%にはならない。事故に限らず、病気にだってなる時はなってしまうのだと、リアルに感じるこの頃。

迷惑な友人、思い出は数ミリの誤差。

台風の影響で両親宅あたりが冠水している様子をニュースで見て、ああ、こういう時に無駄な正義感発揮して海沿いにパトロールとか行っちゃいがちなんだよなあ、あの人。と、妙な方向の心配をする。

嵐のよるに。

さすがにこれだけ酷いと外出はしていないだろうけど、どうだかなあ。気にはなるものの、大の大人にわざわざ私が注意することでもないので、敢えて連絡は入れず。気遣いのメッセージをくれた友人に、わざわざありがとうね、大丈夫みたいだよ、と返す。

朝になり、今度は私がその友人に全く同じ内容のメッセージを送ることになる。わざわざありがとうね。道内の親族全員連絡が取れました、と返ってくる。

後悔しない生き方なんて

minatoku6

毎日、どこかで、なんかしらの災害が起きているように感じる今年。災害じゃなくても、事故や病気だってあるし、当たり前に明日がくるとは限らない。というか、明日がくるのって、そこそこ奇跡。

いつ何が起こってもおかしくはないのだから、後悔のない生き方を。なんてよく言うけれど、まあするよね、後悔は。後悔じゃなくても、あの時ああしていれば、というたらればは、いつだって、いくつだってあちこちに転がっている。

黄色いパンツ、選ばなかったもうひとつの道。

いろいろやりきったから、もしも明日が来なくてもまあ、それはそれで。というやや刹那的な生き方を自分はしてはいるけれど、もう少しやりたいことがあったのにとか、もっと一緒にいたかったのに、なんて悔いの残る生き方だって、いい気がする。

そういう種類の後悔なら、いい気がする。

どうせ捨てるなら、何も持たないほうがいい。

今日は洗濯の日だったのに、停電になってしまったとメッセージが入る。そうか、曜日毎にすることを決めているのはなんだか兄さんらしいなと思う。そして、洗濯機は持っているんだな、とも。

勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円。

大変ですがどうぞお気をつけて、と返した数時間後、洗濯ができないのでこうなりました。という文章とともに、いつものイタリアンのカウンターで景気良く泡のボトルを開けているご機嫌な写真が送られてくる。

なるほど、そうきたか。なんだかある種の正解を見た気がして、私もまた普通の毎日へと帰っていくのでした。

持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

 

 




関連記事

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西

記事を読む

朝礼での社訓唱和が熱くて怖い。

就職活動中の大学生と話す機会がありました。 慣れないリクルートスーツに身を包み、慣れな

記事を読む

スヌードコーデ

スヌードのコーディネイトで知る40代ファッションのアクセント。

By: TownePost Network[/caption] 旅の間は手持ちの洋服をぐっと

記事を読む

仕事ができない人とは一緒に働きたくない。

リクエストされたレトロ喫茶でケーキをつつきながら、近況報告を聞く。 内定が出た企業の社

記事を読む

毎日の暮らしに、楽しみがないから。

先日、ちょっとした打ち上げ的な機会を作っていただきまして。 関連 ブログ書籍化の経緯、

記事を読む

人に何かをすすめるのはものすごくパワーがいる。

By: Christian Schnettelker[/caption] このブログはWor

記事を読む

NYの治安と物価

どんな状況であっても、味方になってくれる人はいるか。

「自分がどんな状況におかれようと味方になってくれる人はいるか」 珍しく遅い時間まで居座

記事を読む

小さい折り畳み傘

男の日傘、折りたたみ傘。

私はまだ遭遇したことがないのですが、意識して見ていないからでしょうか。日傘には長年お世話にな

記事を読む

実はいらなかったと気づいたものを、再び取り戻すか。

例のアレが想像以上に長引いていて、良くも悪くも共存に慣れつつあるこの頃。行動が制限され、生

記事を読む

40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕事をしていて、あれ、こりゃ結構

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑