坊ちゃんかぼちゃとベーコンのソテー、小松菜のナンプラー卵ソース献立。

公開日: : 家飯, 食べること

かぼちゃとベーコンのソテー

今回のかぼちゃは、坊ちゃんかぼちゃです。

通常サイズのかぼちゃをまるまる1個購入する勇気はありませんが、手のひらサイズの坊ちゃんかぼちゃは、一人暮らしの食卓にもやさしい。

こじんまりとしたこのサイズを活かし、うつわに見立ててグラタンやプリンなどにされることも多いようだけれど、そういう手の込んだ小洒落た料理とは残念ながら縁がありません。

しかし全部塩煮で消費するのも面白みがないので、今日はベーコンと合わせて焼きました。

かぼちゃとベーコンのソテー、小松菜のナンプラー卵ソースで晩酌

かぼちゃとベーコンのソテー、小松菜のナンプラー卵ソースで晩酌

  • キャベツの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 小松菜のナンプラー卵ソース
  • かぼちゃとベーコンのソテー

キャベツの味噌汁

キャベツの味噌汁

キャベツと油揚げの味噌汁。出汁は例のパック出汁。やっぱり私には美味しすぎるわ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはオクラとかぶ。

小松菜のナンプラー卵ソース

小松菜のナンプラー卵ソース

ゆでた小松菜をナンプラーで和えて、ゆで卵をのせます。

かぼちゃとベーコンのソテー

かぼちゃとベーコンのソテー

フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ弱火にかけ、香りがたったら種を取ってくし形に切ったかぼちゃとベーコンを並べ入れます。両面しっかり焼いてかぼちゃに火が通ったら軽く塩、胡椒で味付け。うつわに盛ってパセリのみじん切りと粉チーズをかけたら完成。

甘いかぼちゃにベーコンの塩気とにんにくの香りをまとわせる。この手の甘じょっぱさ、好き。甘いかぼちゃに砂糖をきかせてさらに甘く煮た昔ながらのかぼちゃの煮ものもいいけれど、自分が作るとなるとどうしても塩味になってしまうのです。チーズまで動員したワイン寄りのつまみだけれど、日本酒もアリ。大アリ。少々肌寒かったので、燗をつけました。

日本酒にあうおつまみレシピ

小鉢の小松菜にはゆで卵を添えていますがこれ、またまた温泉卵に失敗した開き直りゆで卵であります。温玉ができたらめんつゆ張っておひたしにしようと思っていたのに、卵が頑としていうことを聞かないから、ナンプラーに合わせてやった。

鶏もも肉と春雨のしょうが蒸し、茹でキャベツの卵ソース。

おかげで今日も統一感ゼロの謎献立。悪くはない、悪くはないんだけどね。

 




関連記事

焼きじゃがいも大葉和え

毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばクレーム頻発であろう我が家の定番

記事を読む

たらと新じゃがの塩煮

たらと新じゃがの塩煮、小葱と油揚げの酢味噌和え献立。

たらとじゃがいもの組み合わせが食べたくなって、シンプルな塩煮にしました。 イメージ的に

記事を読む

凍みこんにゃくのごま味噌炒め

シチュー、凍みこんにゃくのごま味噌炒め献立。

シチューはご飯のおかずになるか? 或いは、ご飯にかけるか? このあまりに平和すぎる論争は、

記事を読む

蒸し鶏のねぎダレ献立

蒸し鶏ねぎダレ、わかめと春雨のサラダ献立。

本体は旅の途中ですが、撮りためていた晩酌献立です。 普段使いのナイロントートに収まる旅

記事を読む

手羽元と大根のバター煮

手羽元と大根のバター煮、柿と三つ葉の白和え献立。

バター煮、なんという魅惑的な響きなのでしょう。 と言いつつ煮ていないのですが。

記事を読む

肉団子とキャベツの煮込み 献立

肉団子とキャベツの煮込み、小松菜とツナの和えもの。

一人暮らしの料理はあれこれ食材を買い揃えることが難しいのでどうしても内容が偏りがち、ではない

記事を読む

大根の温サラダ 献立

大根とひき肉の温サラダ、焼きとうもろこし。

7月最初の晩酌。 昨日に引き続き夏らしいビジュアルの晩酌メニュー...と言いたいところ

記事を読む

里芋と鶏もも肉のしょうが煮、小松菜のおひたし献立。

今週は訳あっての里芋シリーズです。 甘味探求キャンペーンの件もあり、メインはしっかり甘

記事を読む

炊飯器はいるのかいらないのか

そのままでいいのに、手を入れるからダメになる。

白ご飯の旨さは冷めていた方がよくわかるものであり、炊きたてこそが美味いというのはむしろ思い込

記事を読む

ワインに合う秋刀魚レシピ

ワインのおつまみ 秋刀魚のワイン蒸し、アボカドとチーズの塩昆布和え。

バケットがちょっと余っていたので、ワイン連打。 昨日は野菜ばっかりだったから今日は肉で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑