鶏豆腐、海老のナンプラー風味サラダ献立。

公開日: : 最終更新日:2017/04/28 家飯, 食べること ,




鶏豆腐 晩酌

寒くなると三州屋風鶏豆腐を家でもちょくちょく作ります。

メインはもちろん鶏肉と豆腐、なんだけどこの料理には絶対に春菊が欠かせない。なくても完成するけどあったほうが俄然旨い。よって今日は絶対春菊春菊、と春菊のことばかり考えて日中を過ごし無事入手して帰宅。さて仕込みましょうかねとキッチンへ立ってからようやく豆腐を買い忘れたことに気付きました。

いつもならこれも致し方なしとメニュー変更でお茶を濁すところだけれど、すっかり鶏豆腐の口になっていたので我慢できず、寒空の下裸足で飛び出し泣きながら豆腐を求めてひた走る。

ああ、鶏の出汁が、春菊の香りが、豆腐買い出しにより一層冷えた体に染み渡る師走の夜。鶏豆腐をより深く堪能するための事前プレイとしては少々手間がかかりすぎました。

鶏豆腐、海老のナンプラー風味サラダで家飲み

鶏豆腐で晩酌

  • 白菜漬け
  • 海老のナンプラー風味サラダ
  • 小松菜のおひたし
  • 焼き大根
  • 鶏豆腐

海老のナンプラー風味サラダ

海老のナンプラー風味サラダ

サラダ、などと銘打ってみましたが塩茹でした海老に先日の紅白なますと千切り大葉を合わせただけの代物。ちょこっとナンプラーを追加しました。

小松菜のおひたし

小松菜のおひたし

茹でた小松菜を鰹節とポン酢で食べる簡易版おひたし。本当はもうちょい手を加えた1品にする予定でしたが寒空爆走事件が勃発したので却下。

焼き大根

焼き大根

厚切りにした大根をオリーブオイルを引いたフライパンでじっくり焼くいつもの焼き大根。味付けは粗塩と胡椒のみ。本日はフタ有りで蒸し焼きバージョンで少々時短です。

鶏豆腐

鶏豆腐

鍋に水、酒、出汁昆布、塩漬け保存していた鶏もも肉を一口大に切ったものを入れフタをし弱火にかけます。鶏の出汁が出たら塩でスープの味を整えて木綿豆腐とネギを入れ、最後に春菊を加えてさっと煮て完成。黒七味を振ってこのまま出汁をぐいぐい飲んでもよし、つけダレにポン酢を添えてもよし。

焼き大根も鶏豆腐も火にかけてしまえば後はさほど手がかからないのでラクといえばラクな献立です。ああ出汁を肴に熱燗を飲むっていいよね。このままずっと出汁に溺れていたいよ。

日本酒にあうおつまみレシピ

今シーズン初の鶏豆腐、やはり春菊はマスト食材だわと改めて感じました。嫌いな人は嫌いだろうけどこの鮮烈な香りが鶏出汁に溶け出してこれまた重要な出汁になるんだなあ。

などと考えていてまたパクチーのことを思い出す。パクチー好きな人ってきっとこういう感覚なんだろうな。パクチー抜きとかそれもはやラープじゃないじゃん、フォーにパクチーの香りは絶対でしょ、ってなもんで。

羨ましい。

 




関連記事

トマトと大葉のオイルパスタ

休肝日ごはん トマトと大葉のオイルパスタ献立。

連休中に出かけたベトナムで調達したバッチャン焼きの椀。昨日初めて使ってみましたが、なかなかい

記事を読む

大根葉と油揚げの炒め煮献立

大根葉と油揚げの炒め煮、きのこおろし献立。

大根は煮たり焼いたりおろしたり、どんな風に扱うのも好きです。 そして、大根葉も好きです

記事を読む

いか大根

いか大根、ねぎ塩昆布やっこ献立。

いか大根といえば、するめいかを筒切りにしたもので作るのが定番でしょうか。 が、本日のい

記事を読む

家飲み献立 11/21 VIRONのレトロドールにヴァッケビアンケで赤白ワイン。

ボジョレーとは無関係にワインを飲もうと決めた金曜日。 東京駅近くにいたので、前から試してみ

記事を読む

鶏団子ときのこのスープ

鶏団子ときのこスープ、ふだん草のおひたし献立。

珍しく結構なボリュームのランチを食べてしまった日の夕方、当然お腹が全然減らない。 減ら

記事を読む

煎り焼き豆腐

いり焼き豆腐、きのこおろし献立。

お店で食べて気に入ったメニューを家でも作ってみることが多々あります。 もちろんお店でい

記事を読む

豚肉とわかめの卵炒め 献立

豚肉とわかめの卵炒め、白菜と春雨のスープ。

寒い...。 確実に日が長くなっているのに、寒い。やれやれ、もうしばらくこの寒さに耐え

記事を読む

ベトナム一人旅の食事 ニャチャンで貝やネムヌォンを満喫。

ベトナム一人旅の食記録、ニャチャン編です。 ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。 海沿

記事を読む

豆腐の卵とじ、アンチョビかぼちゃなど5品で晩酌。

キッチンで晩ごはん準備をしている途中のこと。 窓から圧倒的な夕焼けが見えたので急いで部

記事を読む

イカとセロリの和え物

イカとセロリの中華和え、梅紫蘇奴。

毎日のメニューを予めしっかり決めて、材料もきちんと揃えて日々調理する。 これはなかなか難し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだとい

マスクを外す、その日が怖い。

「オンラインミーティングなのに、マスクつけてる女の子いるよね、あれ、

もうどうでもいいわという投げやりな態度で。

奥さん、6月です。そろそろ開いてる店も増えてきたので、修理に出すタ

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

→もっと見る

PAGE TOP ↑