台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その3. 嘉義駅 鐵路招牌里肌肉飯。

公開日: : 最終更新日:2016/10/22 旅人への道, 食べること

chiayi_lunchbox_19

台湾旅行に興味はあったけれど台湾の地名にはとんと疎かった私。台北とか台中はもちろん知っていたけれけど、嘉義?それどこ?状態でした。今回の台湾鉄道一周の旅がなければ決して来ることはなかったでしょう。

参考 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

そして、ちょっとした冒険もして美味しいものも食べてすっかり満喫できました。うん、いいとこだったよありがとう、と嘉義での思い出を噛みしめつつ次の街へと向かいます。

その前に、駅弁買わなくちゃ。



台湾駅弁その3. 嘉義駅 鐵路招牌里肌肉飯

chiayi_lunchbox_1

次の目的地である台南駅へは13:32発の自強号(特急)で向かいます。所要時間は40分、139元(=約490円)のショートトリップ。よって、駅弁は車内に持ち込まず駅の待合ベンチで食べる台湾スタイルでいってみましょう。そのために出発時刻がやや遅めなのですよ。

が、ここで問題が。

嘉義に到着した日、お昼をちょっと過ぎた時間にも関わらず売店に駅弁がなかったのをしっかりチェックしていたのです。取り扱い個数が少ないのかなあ、たまたまだったのかなあ、と気になっていたところ、正面改札ではなく後站(裏口)のほうに立派な店舗があるではないですか。

chiayi_lunchbox_28

よかった〜。が、なんか正面に貼り紙してあるな?と見てみるとなんと

「明日定休日」

の文字が。駅売店に定休日とかアリですか?念のために店員さんに確認してみるとやはり私が嘉義を出発する日はお休みとのこと。ショック…。

と落ち込んでいる場合ではないので対策を考える。

chiayi_lunchbox_7

当日、正面改札側売店に早めに行ってみると品数は結構豊富に揃っておりました。ホッ。

chiayi_lunchbox_8

でもなあ、排骨は台北で食べたしなあ。

chiayi_lunchbox_9

ベジタリアンバージョン駅弁の素食便當も気になるけど、確認してみると嘉義以外でも売ってるみたいだし、うーむ。

chiayi_lunchbox_4

というわけで、前日街を散策していた時に噴水公園あたりで見つけた火車頭便當なるお弁当屋さんまで出向くことに。台中同様街の駅弁風弁当屋さん、ですね。

chiayi_lunchbox_3

メニュー豊富!
魚系がいいなと思ったのだけれど、全部フライだったので肉系をチョイス。見てたら注文聞いてから揚げてたので凄く美味しそうだったんだけどね、この日休肝日だったものでね。ええ、旅の途中でも律儀に休肝日を守っているのです。フライものなんか選んだらついつい飲みたくなっちゃうからねえ。

chiayi_lunchbox_10

chiayi_lunchbox_6

無事購入。調べたらここも全国チェーン店っぽいけど、出来立て弁当確保できたからよしとしましょう。

chiayi_lunchbox_11

切符売り場側にあったテーブルを拝借して撮影しております。

chiayi_lunchbox_12

鐵路招牌里肌肉飯。人気の豚ロース肉駅弁、ってとこかな?見た目は豚の生姜焼きみたいですが、実際は炒めではなく大きな鍋でしっかり煮込まれておりました。弁当箱は木のつくり。

chiayi_lunchbox_13

見た目はちょっとパサついてそうかな?と思った肉、柔らかい!そしてにんにくがえらいきいてるなあ、と思ったらにんにくの風味がついているのは肉ではなく

chiayi_lunchbox_16

肉の下に敷き詰められたキャベツの炒め物でした。他には茹で青梗菜、練り物に漬物。

chiayi_lunchbox_14

反対側には豆腐と煮卵、腸詰が。具沢山だなあ、そして煮卵はやっぱり駅弁の定番具材なのですね。

ところで駅弁のみならず、台湾料理って八角が常についてまわるものだというイメージがあったのだけれど、この弁当は卵も豆腐も全然八角の香りがしない。台湾の弁当だって言わなきゃわかんないんじゃないかなあ、なんてうっかりしてると腸詰の風味にハッとする。そうそう、今台湾にいるんだよ、ってね。

chiayi_lunchbox_17

車内で食べるのもいいけど、こうして列車を待ちながらってのもなかなか。

chiayi_lunchbox_18

別アングルにて完食記念の一枚。この弁当もやっぱりお米が美味しくて、がつがつとあっという間に平らげてしまいました。満腹。

chiayi_lunchbox_20

さよなら嘉義、またね。

chiayi_lunchbox_21

chiayi_lunchbox_22

もっといろんな種類の電車に乗ることになるかと思っていたのだけど、自強号ばっかり使ってますね。早いし、席幅広いし、窓大きいし、乗り心地良し。

chiayi_lunchbox_23

売店で太陽餅を見つけたのでまたまた購入。25元(約88円)と台中で食べたものよりややお高い。

chiayi_lunchbox_24

こちらはパサパサ感はやや控えめで中に詰まっているのは白あんでした。メーカーによって結構味が違うもんなんだね。個人的には台中の駅売店で買ったやつのほうが好みかな。僅差だけども。そしてやっぱり烏龍茶は甘かった。

chiayi_lunchbox_25

雨が多い台湾でもここまで無駄に晴れ女ぶりを発揮していた私、さすがにそろそろ一雨来そうな空模様です。連日の炎天下と強冷房で体力奪われ気味なので、ここらでちょっと降ってくれると正直ありがたい。

chiayi_lunchbox_26

無事に4都市目の台南に到着。

chiayi_lunchbox_27

雨の台南。この旅初めての雨となりました。

台南は結構楽しみにしていた街で、滞在日数も他の都市よりも長め。さてどうなることやら。

台湾鉄道一人旅、まだまだ続きます。

関連 台湾一周一人旅 林百貨店に国立台湾文学館、台南の街を散策する。




関連記事

ゴーヤチャンプルー献立

一人暮らしの家飲みメニュー 5/24 ゴーヤチャンプルー、ピーマンとちくわのナムル。

またか! って感じでゴーヤチャンプルーです。 ゴーヤとかにんじんとか豆腐とか豚肉

記事を読む

焼きれんこん献立

焼きれんこん、白菜のしょうが味噌煮込みで家飲み。

久しぶりの家飲みポストです。 本体は只今南の島で軟禁生活を送っていますが、出発前の晩酌

記事を読む

じゃがいもカルボナーラ

じゃがいものカルボナーラ、ピミエント・デ・パドロンで白ワイン。

一人暮らしで手軽に食事を済ませたい時の筆頭メニューはパスタ。 パスタ、なんですが。

記事を読む

By: Vlastimil Koutecký

妥協せずとも欲しいモノを作れる強さ。

By: Karyn Christner[/caption] 先日とある会で知り合った女性が食

記事を読む

By: Lauren McKinnon

自由きままに生きることの不自由さ。

By: Lauren McKinnon[/caption] 自由とは、辞書によれば 「

記事を読む

kobefood1608_8

大貝のつぼ焼きが神戸名物だと知らない神戸市民は多いはず。

これって方言だったんだとかてっきり全国区だと思ってたわ、みたいなことがこの歳になってもまだあ

記事を読む

白菜の卵とじ献立

白菜の卵とじ、インゲンと豚肉のごまマヨネーズ和え献立。

季節の変わり目は服選びに困る、とはもはや挨拶時のお約束的トピックスではありますが、困るのは服

記事を読む

漬物炒め献立

漬物ステーキ、トマト納豆で晩酌。

少し前に作った漬物と卵の炒めもの、所謂「漬物ステーキ」が気に入ったのでまた食べたい。

記事を読む

鯖と白菜の味噌煮込み

家飲みメニュー 鯖と白菜の味噌煮込み、蕪の葉の辛味炒め。

さあ、どんどん献立が怪しくなる時期がやって参りました。 自宅を一定期間留守にする場合は

記事を読む

塩手羽とキャベツのスープ煮

塩手羽とキャベツのスープ煮、なすの黒酢炒め献立。

塩漬け肉の結果が、こちらです。 手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

tainandog2
いかにして働かずに暮らすか。

先日某誌の編集者から 「毎度読者の食いつきがいいのは老後

なすのにんにく炒め
なすのにんにく炒め、ちくわとピーマンの塩昆布和え献立。

そろそろなすが手に取りやすくなってきたような。 今日日な

1905kakegawa_51
都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜

目玉焼き丼献立
休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをの

suginami_67
愚痴を聞くために呼び出される。

愚痴を聞いて下さい。 あまりにもあからさまなその要望に、

→もっと見る

PAGE TOP ↑