台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その3. 嘉義駅 鐵路招牌里肌肉飯。

公開日: : 最終更新日:2016/10/22 旅人への道, 食べること

chiayi_lunchbox_19

台湾旅行に興味はあったけれど台湾の地名にはとんと疎かった私。台北とか台中はもちろん知っていたけれけど、嘉義?それどこ?状態でした。今回の台湾鉄道一周の旅がなければ決して来ることはなかったでしょう。

参考 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。

そして、ちょっとした冒険もして美味しいものも食べてすっかり満喫できました。うん、いいとこだったよありがとう、と嘉義での思い出を噛みしめつつ次の街へと向かいます。

その前に、駅弁買わなくちゃ。



台湾駅弁その3. 嘉義駅 鐵路招牌里肌肉飯

chiayi_lunchbox_1

次の目的地である台南駅へは13:32発の自強号(特急)で向かいます。所要時間は40分、139元(=約490円)のショートトリップ。よって、駅弁は車内に持ち込まず駅の待合ベンチで食べる台湾スタイルでいってみましょう。そのために出発時刻がやや遅めなのですよ。

が、ここで問題が。

嘉義に到着した日、お昼をちょっと過ぎた時間にも関わらず売店に駅弁がなかったのをしっかりチェックしていたのです。取り扱い個数が少ないのかなあ、たまたまだったのかなあ、と気になっていたところ、正面改札ではなく後站(裏口)のほうに立派な店舗があるではないですか。

chiayi_lunchbox_28

よかった〜。が、なんか正面に貼り紙してあるな?と見てみるとなんと

「明日定休日」

の文字が。駅売店に定休日とかアリですか?念のために店員さんに確認してみるとやはり私が嘉義を出発する日はお休みとのこと。ショック…。

と落ち込んでいる場合ではないので対策を考える。

chiayi_lunchbox_7

当日、正面改札側売店に早めに行ってみると品数は結構豊富に揃っておりました。ホッ。

chiayi_lunchbox_8

でもなあ、排骨は台北で食べたしなあ。

chiayi_lunchbox_9

ベジタリアンバージョン駅弁の素食便當も気になるけど、確認してみると嘉義以外でも売ってるみたいだし、うーむ。

chiayi_lunchbox_4

というわけで、前日街を散策していた時に噴水公園あたりで見つけた火車頭便當なるお弁当屋さんまで出向くことに。台中同様街の駅弁風弁当屋さん、ですね。

chiayi_lunchbox_3

メニュー豊富!
魚系がいいなと思ったのだけれど、全部フライだったので肉系をチョイス。見てたら注文聞いてから揚げてたので凄く美味しそうだったんだけどね、この日休肝日だったものでね。ええ、旅の途中でも律儀に休肝日を守っているのです。フライものなんか選んだらついつい飲みたくなっちゃうからねえ。

chiayi_lunchbox_10

chiayi_lunchbox_6

無事購入。調べたらここも全国チェーン店っぽいけど、出来立て弁当確保できたからよしとしましょう。

chiayi_lunchbox_11

切符売り場側にあったテーブルを拝借して撮影しております。

chiayi_lunchbox_12

鐵路招牌里肌肉飯。人気の豚ロース肉駅弁、ってとこかな?見た目は豚の生姜焼きみたいですが、実際は炒めではなく大きな鍋でしっかり煮込まれておりました。弁当箱は木のつくり。

chiayi_lunchbox_13

見た目はちょっとパサついてそうかな?と思った肉、柔らかい!そしてにんにくがえらいきいてるなあ、と思ったらにんにくの風味がついているのは肉ではなく

chiayi_lunchbox_16

肉の下に敷き詰められたキャベツの炒め物でした。他には茹で青梗菜、練り物に漬物。

chiayi_lunchbox_14

反対側には豆腐と煮卵、腸詰が。具沢山だなあ、そして煮卵はやっぱり駅弁の定番具材なのですね。

ところで駅弁のみならず、台湾料理って八角が常についてまわるものだというイメージがあったのだけれど、この弁当は卵も豆腐も全然八角の香りがしない。台湾の弁当だって言わなきゃわかんないんじゃないかなあ、なんてうっかりしてると腸詰の風味にハッとする。そうそう、今台湾にいるんだよ、ってね。

chiayi_lunchbox_17

車内で食べるのもいいけど、こうして列車を待ちながらってのもなかなか。

chiayi_lunchbox_18

別アングルにて完食記念の一枚。この弁当もやっぱりお米が美味しくて、がつがつとあっという間に平らげてしまいました。満腹。

chiayi_lunchbox_20

さよなら嘉義、またね。

chiayi_lunchbox_21

chiayi_lunchbox_22

もっといろんな種類の電車に乗ることになるかと思っていたのだけど、自強号ばっかり使ってますね。早いし、席幅広いし、窓大きいし、乗り心地良し。

chiayi_lunchbox_23

売店で太陽餅を見つけたのでまたまた購入。25元(約88円)と台中で食べたものよりややお高い。

chiayi_lunchbox_24

こちらはパサパサ感はやや控えめで中に詰まっているのは白あんでした。メーカーによって結構味が違うもんなんだね。個人的には台中の駅売店で買ったやつのほうが好みかな。僅差だけども。そしてやっぱり烏龍茶は甘かった。

chiayi_lunchbox_25

雨が多い台湾でもここまで無駄に晴れ女ぶりを発揮していた私、さすがにそろそろ一雨来そうな空模様です。連日の炎天下と強冷房で体力奪われ気味なので、ここらでちょっと降ってくれると正直ありがたい。

chiayi_lunchbox_26

無事に4都市目の台南に到着。

chiayi_lunchbox_27

雨の台南。この旅初めての雨となりました。

台南は結構楽しみにしていた街で、滞在日数も他の都市よりも長め。さてどうなることやら。

台湾鉄道一人旅、まだまだ続きます。

関連 台湾一周一人旅 林百貨店に国立台湾文学館、台南の街を散策する。




関連記事

travel3

僕らが旅に出る理由 その3 ~あまりに辛い変化~

40過ぎたというのに若い人が中心のシェアハウスで生活しながら日々モノを減らす作業を続けている

記事を読む

塩豚と白菜のソテー献立

塩豚と白菜のソテー、ごぼうの黒七味醤油漬。

昨日は午後の時間が少々空いたので、キッチンで下ごしらえ作業をしていました。 基本的に毎

記事を読む

トマト卵とじうどん

抜歯で休肝日ご飯 トマト卵とじうどん。

書く順番がやや前後しておりますが、休肝日献立シリーズです。 関連 食べない生活 お腹ぶ

記事を読む

五人娘

千葉の酒 五人娘 純米で晩酌 うるいのおひたし、生わかめ炒め。

なんだか肉っけが続いていた先週。 休肝日明けの献立はちょっと軽めに組んでみました。注文

記事を読む

cebucity1608_4

これからの働き方と暮らし方。

東京を離れて早2週間が経過しました。 今回のセブ島滞在では珍しく予定をびっしり入れてい

記事を読む

益子陶器市

やきものライナーで行く 益子陶器市 その1

うつわが欲しいなあ。 そう思い始めたのは自炊率が高くなったからでしょうか。 関連 ミ

記事を読む

asukayama_19

石鍋商店で出会う東京のくず餅 東京散歩・北区。

飛鳥山公園の紫陽花散策、続きです。 東京散歩と言えば、出先で酒を飲むのがお約束になって

記事を読む

卵黄の醤油漬け

卵黄醤油漬け、三つ葉奴で家飲み。

気になっていたのですが、ここ数日写真がどうにもおかしい。 原因はカメラか?また故障か?

記事を読む

手羽焼きで晩酌

手羽焼き、おつまみ奴献立。

鶏肉を焼く。だから、焼き鳥。 焼き鳥は、焼いて塩を振るだけで出来上がるありがたいつまみ

記事を読む

tainandog6

台湾鉄道一人旅 番外編 台湾の犬アルバム。

犬が好きです。 猫も好きなのですが、どちらか選べと言われれば断然犬、と答える犬派です。その

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nishinomiya_41
お金のためだけに働いて悪いか。

お金のためだけに働く。 個人的にはその行為が悪いことだと

さんまの酒蒸し献立
さんまの酒蒸し、きのこと小松菜の梅和え献立。

家具やらインテリア製品やらを購入するにあたって、店でチェックし

moooncafe
開かない扉、脂汗、咄嗟の判断。

カフェなど飲食店のトイレ、男女別になっているところが多いじゃな

豚ロースの梅照り焼き定食
豚ロースの梅照り焼き、小松菜とひらたけのおひたし献立。

生野菜をむしゃむしゃ頬張る快感は白ごはんのそれとも通じるものが

ota_68
普通のことができない人がやらかさないために。

「想像を絶するだらしなさ」 と表現していたけれど、このま

→もっと見る

PAGE TOP ↑