鯛のかぶと煮、きのこと梅のすまし汁献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

鯛のかぶと煮献立

習慣で日々の晩酌献立を撮影し、ちまちまと記録し続けております。

暮らしの定点観測のすすめ。

食べものの写真を撮り、加工するという工程がなぜか昔から好きでして、だからこそこんなことをやっておるわけですが、作業テンションが上がらない日も当然ありまして。

例えば、今日とか。

鯛のかぶと煮、きのこと梅のすまし汁で晩酌

鯛のかぶと煮、きのこと梅のすまし汁献立

きのこと梅のすまし汁

きのこと梅のすまし汁

昆布出汁でしめじを煮てうつわに盛り、千切りの大葉と梅干しをあしらったすまし汁。味付けは梅干しのみなので、上手に崩しながらいただきます。

小松菜の海苔和え

小松菜の海苔和え

ゆでた小松菜をちぎった焼き海苔、塩、ごま油で和えたもの。

鯛のかぶと煮

鯛のかぶと煮

鯛の頭は霜降りして、ていねいにウロコと汚れを取りのぞいておきます。フライパンに鯛を入れ、しょうゆ、みりん、酒、水、薄切りのしょうがを入れて煮立て落し蓋をして煮ます。途中豆腐とわかめを順に入れ、煮汁が軽く煮詰まり豆腐が色づく程度まで煮たら完成。

あら炊きの類はぽってぽての濃い煮汁に煮汁をちびちびつけながら食べるパターンが、それとも水分多めの優しめ出汁を味わうか、迷うところではありますが、今日は豆腐を入れたかったので水分多めバージョンで。味の染みた豆腐も旨いし、こう見えて可食部多めだし、こりゃいいつまみだわい。なのですが、いかんせんビジュアルに難あり。あり過ぎる。

魚を使ったおつまみ

鯛のお頭といっても、あらですからね。キレイな切り身を使った煮魚に比べれば皮剥がれや煮崩れなどに気を使わずともよいので気楽です。でも、こう、もうちょいかわいい顔はできないのかと問いたい。あなた、顔怖いよ。いえね、これは鯛の責任ではなく私の調理&盛り技術問題によるところが大きいのだけど、こう配置が決まらないと画像編集意欲が失せてしまうのでお願いどうにかスマイルフォー・ミー、スマイルフォー・ユー。

このサイズのうつわ、使い勝手はいいのだけれど、配置バランスは難しめなのかな。もうちょい深さのあるそれで戦うべきなのかな。などと毎日試行錯誤して遊んでいる次第です。

 




関連記事

塩鶏とキャベツの蒸し焼き

塩鶏とキャベツの蒸し焼き、なめこの梅和え献立。

高級食材、キャベツで晩酌です。 若い頃、友人が5万だか6万だかするサングラスをホイホイ

記事を読む

トリュフ塩のオムレツ

トリュフ塩のオムレツで赤ワイン。

あれ、朝ごはん?朝からワインですか、いいご身分で。 そう言われても何ら不思議はないビジ

記事を読む

鍋ひとつで料理 8/17 塩豚とキャベツのポットロースト

夏休みも今日で終わり。 明日から通常運転という方が多いのでしょうか。 毎日が仕事で毎日が休み

記事を読む

蒸し鶏のニラソース

蒸し鶏のニラソース、モロヘイヤときのこの梅ポン酢。

少々食材を買い足して、あれはこうしてこれはこう、などと頭の中で組み立てながら帰宅した夕方。

記事を読む

晩酌献立

肉団子と春雨の煮込み、小松菜の梅海苔和え。

大鍋にドン、と具沢山の汁物などを作って日々消費していく、というスタイルが苦手です。 ラ

記事を読む

料理に時間をかけないための、作りおき以外の方法。

By: Rosmarie Voegtli[/caption] 先日コメントでご質問をいただい

記事を読む

焼きにんじん

焼きにんじん、蒸し鶏とねぎのサラダ献立。

日々の晩酌記録をつけるようになってから、ようやくにんじんの千両役者っぷりに気がついた私。

記事を読む

セロリと豚の塩炒め

セロリと豚肉の塩炒め、三つ葉奴で家飲み。

外食では自ずとご馳走要素の強いメニューを選ぶことになります。 一人で外食する時には家で

記事を読む

休肝日ごはん せりの卵とじ献立

休肝日ごはん せりの卵とじ、野菜味噌汁献立。

2019年から採用している週に2回の休肝日生活。 新年に考える今年の食計画。 す

記事を読む

きのこの卵とじ

きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃがいもとたらをさっと煮たものと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑