手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

公開日: : 最終更新日:2018/09/05 家飯, 食べること ,

手羽先のナンプラー漬け焼き献立

骨つき肉にかぶりつきたくなったので、手羽先です。

手羽先ってのはいついかなる時も骨つき肉欲を手軽に満たしてくれる、誠にありがたい食材であります。

スーパーで手羽先を購入すると大体1パックで5~6本入っているでしょうか。

1人暮らしの食卓では、いつも2回にわけて消費します。今日がその1回目。

手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろしで晩酌

180821_ienomi_5

わかめとねぎのスープ
ぬか漬け
えのき梅おろし
手羽先のナンプラー漬け焼き

わかめとねぎのスープ

わかめとねぎのスープ

鍋に油をひいて斜めに切った白ねぎを炒め、香りがたったらしょうゆをじゅっと回しかけ、水を加えて煮ます。わかめを入れてさっと火を通したらごま、ごま油、胡椒で調味して完成。出汁を入れない炒めねぎのスープはウー・ウェンさんのレシピが元ネタです。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根となす。

えのき梅おろし

えのき梅おろし

大根おろしに叩いた梅干し、しょうゆを合わせ、ゆでたえのきを和えます。

手羽先のナンプラー漬け焼き

手羽先のナンプラー漬け焼き

手羽先はにんにくのみじん切り、輪切りの唐辛子、ナンプラーを揉み込んでおきます。油をひかないフライパンで手羽先を皮目からパリッと焼き、中までしっかり火が通ったら完成。途中でフライパンに乗せて一緒に焼いた輪切りのゴーヤとレモンを添えていただきます。

付け合せに緑色のものが欲しくて余っていたゴーヤを焼いただけで、何もゴーヤである必要性はありません。しかし、手羽先の風味がうつった焼きゴーヤはサクサクと食感もよく、なかなかの出来栄えでした。

手羽焼きときたら、やはりビールですかね。

ビールのおつまみ

せっかくビールを買ったし、ナンプラーのきいた手羽焼きにレモンを絞ってかぶりつく妄想に取り憑かれていたのでこうなってしまったけれど、手羽は普通の塩焼きにして、わかめの味噌汁を添えたほうが献立バランスとしてはよかったですね。純和風な感じで。

手羽焼き、おつまみ奴献立。

さて、残りの手羽先はといえば、塩を刷り込んで保存しました。豚肉でも鶏肉でも、余ったら塩を刷り込んでキッチンペーパーとラップで包んで保存するパターンが多い。冷凍保存もいいけれど、数日以内に食べ切るならば塩漬け保存のほうが気楽なんですよね。解凍の手間も要らないし、使い勝手もいいし。

塩豚とレンコンの蒸し焼き、水菜のおひたし献立

まあ、結局は塩味というシンプルすぎる味付けが好きなせいですね。今日の出汁なしスープもそうだけど、素朴な味付けを好きになってしまえば普通の調味料だけで作れる単純な料理で満足するので、食事の準備も簡単になる。おお、なんとお得なんでしょう。

 




関連記事

したい暮らしに、出会おう「ぜいたくな暮らし」書きました。

久しぶりにお仕事ネタなど。 住宅情報のライフルホームズが運営する暮らし情報サイトでコラ

記事を読む

白菜漬けときのこのスープ

にんじんと白ねぎの卵炒め、かぶのごま味噌和え献立。

ごぼうのささがきはにんじんの千切りほどには面倒ではない。 つい先日そう言い放ったばか

記事を読む

いわしの梅蒲焼献立

いわしの梅蒲焼、おつまみ奴献立。

駅を出て、帰り道とは逆側にある店に足を伸ばず余裕がある日は、絶対にいわし。 そう、次に

記事を読む

塩鶏献立

塩鶏とキャベツのしょうが蒸し、とうもろこしのしょうゆ炒めで家飲み。

塩漬けというのは偉いもんですね。 そもそもは保存を目的として発達した調理法なんでしょう

記事を読む

ピーマンチャンプルー献立

ピーマンチャンプルー、レタス海苔サラダ献立。

それなりに好みだし、いれば便利なアイツ。 ピーマンはそんな位置付けにある野菜です。1

記事を読む

塩辛じゃがバター

塩辛じゃがバター、小松菜と豚肉のからし和え献立。

じゃがバターですよ、奥さん。長年晩酌記録を続けていますが、じゃがバターは初登場ではないでし

記事を読む

柿のサラダ

豚ロースの糠漬け、柿と春菊のサラダ。

毎日飽きずに糠漬けを食べ続けているのは乳酸菌がとか酵素がとかそういう健康・美容意識からくるも

記事を読む

漬けもの納豆、白菜の煮浸し

漬けもの納豆、白菜の煮浸し献立。

漬けもの納豆。 あまりにもヒネりのないネーミングで恐縮ですが、漬けもの納豆です。 冷

記事を読む

やりいかとじゃがいものオイル煮

やりいかとじゃがいものオイル煮、春菊とくるみのサラダ。

先日ひいかを煮てたいそう旨かったものですから。 ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラ

記事を読む

枝豆ごはん献立

大したことないと軽んじていたヤツの底力を見た。

またまた夏っぽい献立です。 枝豆といえばビール、ビールといえば枝豆という切っても切れ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

肉体疲労児の栄養補給とクローゼットの停滞。

めずらしく、体がだるい。 都民の60人に1人がアレみた

→もっと見る

PAGE TOP ↑