砂肝とわけぎの塩炒め、トマトとわかめのサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること

砂肝とわけぎの塩炒め献立

贅沢にも貝やらエビやらが続いていた先週の晩酌献立。

秋田の酒 うまからまんさく特別純米酒で贅沢晩酌 トマトと卵の炒めもの、ガサエビの紹興酒漬け。

ここらへんで海鮮ものは一休み。ということで、久しぶりに砂肝など焼いてみました。

噛み応え、食べ応えのあるつまみってやつは、妙な満足感がありますね。

砂肝とわけぎの塩炒め、トマトとわかめのサラダで晩酌

砂肝とわけぎの塩炒め、トマトとわかめのサラダ献立。

  • ほうれん草の味噌汁
  • 三つ葉のおひたし
  • トマトとわかめのサラダ
  • 砂肝とわけぎの塩炒め

ほうれん草の味噌汁

ほうれん草の味噌汁

茹でたほうれん草と刻んだ油揚げの味噌汁。出汁はいりこ。

三つ葉のおひたし

三つ葉のおひたし

茹でた三つ葉を豆皿に盛って、しょうゆをたらすだけ。

トマトとわかめのサラダ

トマトとわかめのサラダ

わかめとくし形に切ったトマトをごま油、ポン酢、すりごまで和えたサラダ。

砂肝とわけぎの塩炒め

砂肝とわけぎの塩炒め

砂肝は厚みのある部分に数カ所切り込みを入れて軽く塩、胡椒を振り、油を引いたフライパンで炒めます。砂肝に火が通ったら4cm長さに切ったわけぎを投入、酒をまわしかけざっと炒め合わせたら完成。うつわにもって粗塩を振り、レモンを添えます。

特筆すべき点は何もない、砂肝炒め。砂肝だけでももちろん美味しいけど、こうしてちょっと野菜が入ると見た目も味も、そして食べ進める過程でのリズム的にもうれしい。

この手のつまみにはビールかなあと思いつつ、夜はまだちょい冷えるのでおとなしくひや酒で。晩酌時のビール解禁は、もう少し先かな。

ビールを飲む日のおつまみ

時々無性に食べたくなる砂肝。そして、調理するたびに迷う砂肝。

基本的には銀側を外したほうが歯触りがよく食べやすい、とはわかっているのだけれど、あの噛み応えがあるところを含め砂肝を好んでいるところがあるので、今日は外そうか、たまには下ごしらえを、と毎度考えつつも結局は丸ごと食べてしまいます。

じゃあもう考えなければいいのでは、と思わなくもない。

そんなワイルドな私も、砂肝を好むようになったのなんてここ10年くらいのことじゃないだろうか。焼き鳥食べに行ってもズリ、ハツ、キモ辺りは全く受け付けなかったもんね。そして絶対的にタレ派だったもんね。

内臓系と塩を好む今の状態が最終形態なのか、それとも今後まだ進化を残しているのか。

その辺りに興味があるので、もう少し生きてみようかと思います。

 




関連記事

家飲み献立

キャベツとささみのしょうがダレ、きくらげと白葱の和え物。

あれ? 2日間殆ど同じ献立になってる...。 と、作っている最中に気付きました。

記事を読む

健康診断の心電図「洞性徐脈」って何?

別室に連れて行かれたのは、単なるオペレーションの変更によるものでした。 健康診断終了後

記事を読む

手羽先とキャベツのにんにく蒸し

家飲みメニュー 手羽先と春キャベツのにんにく蒸し、自家製切り干し大根。

ビールを呑もうかな、と思いました。 だってねえ、あんな陽気を持ってこられちゃうっかり気

記事を読む

玉乃光 28pf 2019

京都の酒 玉乃光 純米吟醸 28Pf Summerで晩酌塩鶏と大根のスープ煮

お久しぶりです。京都です。 勝手に日本酒全国ツアー 相変わらず晩酌はちびちびとや

記事を読む

エンサイの納豆和え献立

エンサイの納豆和え、かぼちゃと豆腐のスープ献立。

先日、普段の調理手順について書きました。 要領が悪い人の料理。 とにかく簡単な手

記事を読む

葱の肉巻き献立

晩酌献立 白葱の豚肉巻き、にんじんと卵の炒めもの。

遅くなる夜は潔く外食を選ぶかか出来合いのもので済ませることが多いです。が、先日は後は盛るだけ

記事を読む

新玉ねぎと卵の炒めもの

新玉ねぎと卵の炒めもの、生かぶサラダ献立。

オニオンスライスに続いて、こちらの新玉ねぎメニューの定番、卵炒めです。 さば水煮缶と新

記事を読む

家飲み献立 12/1 豚と葱の生姜蒸し、かぼちゃのにら醤油ソテー他全5品で晩酌。

師走らしく本格的な冷え込みが到来、という予報が出ていたのでぶるぶる震えながら警戒していた月初

記事を読む

手取川冬限定純米辛口

石川の酒 手取川 冬 純米辛口 生 で晩酌 ぶりカマとキャベツのしょうが蒸し。

丹念なご近所パトロールの成果により、徒歩圏内にもいくつか日本酒に力を入れている酒屋を発見。

記事を読む

大貝のつぼ焼きが神戸名物だと知らない神戸市民は多いはず。

これって方言だったんだとかてっきり全国区だと思ってたわ、みたいなことがこの歳になってもまだあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑