休肝日ごはん 白菜としめじの味噌汁、小松菜の塩昆布和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

休肝日ごはん

週の始めは休肝日。マイレバーの今後の活躍を願って導入した週休二日制も、すっかり定着しました。

新年に考える今年の食計画。

本日は休肝日ごはんの定番中の定番である、具沢山味噌汁を中心に据えた献立。

具沢山で野菜たっぷり、はいいけど、ちょっともっさりしてしまいました。

休肝日ごはん 白菜としめじの味噌汁、小松菜の塩昆布和え献立

休肝日ごはん 白菜としめじの味噌汁、小松菜の塩昆布和え献立。

  • 白菜としめじの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 小松菜の塩昆布和え
  • ごはん

白菜としめじの味噌汁

白菜としめじの味噌汁

たっぷりの白菜としめじ、油揚げを入れた味噌汁。出汁はいりこ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツと黄色にんじん。

小松菜の塩昆布和え

小松菜の塩昆布和え

ゆでた小松菜にごま油をまぶし、すりごまと塩昆布を加えて和えたもの。

味噌汁、ごはん、香の物に、小鉢がひとつ。完璧な布陣に見えなくもないがしかし、問題はリズム不和なのであった。

居心地の悪いハーモニーを指す「不協和音」という音葉がありますが、本日の献立については協和はしております。音程はあっているが、リズムがいかん。何しろ、白菜、小松菜、キャベツと葉野菜かぶりが甚だしく、食感も調理法も似ている。葉野菜大好きなので大きな問題はないものの、こう、ちょっとのっぺりしちゃったな、盛り上がりに欠ける組み合わせだったな。と、葉野菜を食みながら考えたのでした。

救いとなったのは、黄色にんじんのぬか漬け。くったりした葉野菜の中にぽりぽりした歯ごたえのものが入ると、際立つねえ。

休肝日の献立

献立のリズムを考える、とりわけポイントとなる箇所や盛り上がりを作ろうとすると、どうしてもインパクトの強い味付けもしくは肉や魚などの派手な食材に頼りがちになりますが、調理法や切り方がリズムに与える影響も、案外大きい。

今日使った食材で考えると、味噌汁は小松菜としめじにして、白菜と油揚げを炒めものにするとか、白菜サラダにするとか。もしくはどかんと大きく切って白菜ステーキにするなどすれば、多少リズムが改善されたのではないかと考えるのです。ちょろっとしょうゆかけて、鰹節でもかけりゃ和のおかずでしょ。

カヴァで家飲み 白菜ステーキ、アボカドのグラタン。

満足のいく献立に必要なのは、高級食材や華麗な腕前よりも、ちょっとしたリズム感。今日もツツタータツツターターと怪しくつぶやきながら、献立及び人生に必要不可欠であるリズム感を鍛え続けたいと思います。

 




関連記事

牛肉とセロリのしょうゆ炒め

牛肉とセロリのしょうゆ炒め、エリンギの梅和え献立。

炒めもの、特に野菜炒めは難しい料理説を唱え続けています。 料理に時間をかけないための、

記事を読む

豚汁で酒

晩酌献立 豆と豆腐の塩炒め、豚汁。

鍋ものなんかもそうですが、ここしばらくで 「汁で酒を呑む楽しみ」 なるものに開眼

記事を読む

れんこんと豚肉の黒酢炒め

れんこんと豚肉の黒酢炒め、豆腐と春菊のスープ献立。

しょうゆや塩、酢などの基本調味料と比べると、黒酢とのお付き合い歴は浅めです。 トマト黒

記事を読む

油揚げと葱のしょうが炒め

家飲み献立 2/3 春雨入り白菜とツナのあっさり煮、油揚げと葱のしょうが炒め。

  2月3日は節分でしたね。 帰りにいつものスーパーに寄ってびっくり。

記事を読む

葱油の温かいポテトサラダ。

寒くなったからかどうなのか、近頃無性にお腹が空きます。食欲の秋ってやつでしょうか。 よ

記事を読む

英勲秋上がり

京都の酒 英勲 秋上がりで家飲み。まぐろあら塩焼き、キャベツの塩昆布和え。

夏からストップしていた日本酒全国ツアー。 家飲み環境が変わって新たな気持ちで再開です。

記事を読む

雁木 夏 辛口純米

山口の酒 雁木 夏 辛口純米で晩酌 ホタルイカの酢味噌和え。

中国地方コンプリート! 4月、5月は順調に駒を進めた感がありますね。 関連 勝手

記事を読む

肉じゃが

肉じゃが、青梗菜のオイル蒸し。

いい天気だし昼酒しに出掛けようかな、と考えていた日曜日。 ならばどこへ向かおうか、とあ

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエで赤ワイン。

もうそろそろ本格的に春がやってくるけれど、そういやこの冬食べてなかったな。 とふと思い

記事を読む

トマトの卵炒め献立

トマトと卵の炒めもの、青梗菜のしょうがスープ献立。

霧雨が降っているし、なんとなく肌寒いからスープでも投入しますかね。 そんな風に感じた火曜日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

50歳目前での仕事探し。

2021年初の歯科検診にいってまいりました。歯科通いもかれこ

キャベツの味噌汁 ぬか漬け カブのサラダ ゆずドレッシング 里芋ネギ炒め
里芋のねぎ塩炒め、かぶのサラダゆず風味献立

手軽に使える食材であるいも類でありながら、下ごしらえがなかな

2020年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返ってああだこうだ書く行為も、すっかり恒

→もっと見る

PAGE TOP ↑