休肝日ごはん 白菜としめじの味噌汁、小松菜の塩昆布和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

休肝日ごはん

週の始めは休肝日。マイレバーの今後の活躍を願って導入した週休二日制も、すっかり定着しました。

新年に考える今年の食計画。

本日は休肝日ごはんの定番中の定番である、具沢山味噌汁を中心に据えた献立。

具沢山で野菜たっぷり、はいいけど、ちょっともっさりしてしまいました。

休肝日ごはん 白菜としめじの味噌汁、小松菜の塩昆布和え献立

休肝日ごはん 白菜としめじの味噌汁、小松菜の塩昆布和え献立。

  • 白菜としめじの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 小松菜の塩昆布和え
  • ごはん

白菜としめじの味噌汁

白菜としめじの味噌汁

たっぷりの白菜としめじ、油揚げを入れた味噌汁。出汁はいりこ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツと黄色にんじん。

小松菜の塩昆布和え

小松菜の塩昆布和え

ゆでた小松菜にごま油をまぶし、すりごまと塩昆布を加えて和えたもの。

味噌汁、ごはん、香の物に、小鉢がひとつ。完璧な布陣に見えなくもないがしかし、問題はリズム不和なのであった。

居心地の悪いハーモニーを指す「不協和音」という音葉がありますが、本日の献立については協和はしております。音程はあっているが、リズムがいかん。何しろ、白菜、小松菜、キャベツと葉野菜かぶりが甚だしく、食感も調理法も似ている。葉野菜大好きなので大きな問題はないものの、こう、ちょっとのっぺりしちゃったな、盛り上がりに欠ける組み合わせだったな。と、葉野菜を食みながら考えたのでした。

救いとなったのは、黄色にんじんのぬか漬け。くったりした葉野菜の中にぽりぽりした歯ごたえのものが入ると、際立つねえ。

休肝日の献立

献立のリズムを考える、とりわけポイントとなる箇所や盛り上がりを作ろうとすると、どうしてもインパクトの強い味付けもしくは肉や魚などの派手な食材に頼りがちになりますが、調理法や切り方がリズムに与える影響も、案外大きい。

今日使った食材で考えると、味噌汁は小松菜としめじにして、白菜と油揚げを炒めものにするとか、白菜サラダにするとか。もしくはどかんと大きく切って白菜ステーキにするなどすれば、多少リズムが改善されたのではないかと考えるのです。ちょろっとしょうゆかけて、鰹節でもかけりゃ和のおかずでしょ。

カヴァで家飲み 白菜ステーキ、アボカドのグラタン。

満足のいく献立に必要なのは、高級食材や華麗な腕前よりも、ちょっとしたリズム感。今日もツツタータツツターターと怪しくつぶやきながら、献立及び人生に必要不可欠であるリズム感を鍛え続けたいと思います。

 




関連記事

移動のお供に最適、ジャンボンクリュ・コルニッション。

いやー、びっくりした。 東京駅、激混み。 在来線のラッシュにすら縁のない私、こん

記事を読む

わかめ納豆温玉のせ

わかめ納豆温玉のせ、キャベツとツナの蒸し煮献立。

冷凍卵に裏切られ続けたこの頃でしたが、ようやくそれらしい形状のものだ出来上がりました。

記事を読む

白菜と春雨のうま煮

オレンジ白菜と春雨のうま煮、わかめとねぎの和えもの献立。

安くて旨くて使い勝手が良いので、冬は白菜を食べがちですね。そして白菜は豚肉と合わせて蒸しがち

記事を読む

えびとかぼちゃのタルタルサラダ

えびとかぼちゃのタルタルサラダ、キャベツときのこのわさび和え献立。

古漬け活用タルタルソースメニュー第二弾です。 山形の酒 出羽桜 咲 発泡日本酒で晩酌

記事を読む

ぶりと小松菜のしょうが蒸し献立

ぶりと小松菜のしょうが蒸し、蒸しなすサラダ献立。

あら、ここ数日魚多めですね。 福島の酒 榮川純米吟醸生貯蔵酒で晩酌 まぐろカマ塩焼き献

記事を読む

葱油芋奶のレシピと献立

里芋のねぎ油炒め、豚とにらのスープ献立。

蒸した里芋にねぎの風味をまとわせるシンプルな料理、葱油芋艿。以前本だったか何だかでこの料理を

記事を読む

愛媛 深山

愛媛の酒 深山 特別純米 限定直汲み生原酒 塩鶏もつ煮で晩酌。

なかなか進まない日本酒ツアーです。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 愛知と出会えぬ

記事を読む

ガサエビの紹興酒漬け

秋田の酒 うまからまんさく特別純米酒で贅沢晩酌 トマトと卵の炒めもの、ガサエビの紹興酒漬け。

酒のつまみを自分で作る際はあまり手をかけ過ぎず、素材そのものをシンプルに味わいたい派です。

記事を読む

豚肉とわかめの冷しゃぶ、しらたき明太子献立。

漬もの在庫がダブついてきたので、豪勢に盛り付けてやりました。 たった5種類で豪勢、は言

記事を読む

喜久酔 特別純米

静岡の酒 喜久酔 特別純米酒で晩酌。砂肝の葱和え、えのき納豆。

少々久しぶりの感がある日本酒ツアー。 何か訳があって止めていたわけではなく、単に東海地

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑