いわしの梅煮、小松菜海苔和え奴献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

いわしの梅煮献立

先日のなす料理に引き続き、読んで食べたくなって作ったパターンです。

なすにんにく炒め、しめじと大根の味噌汁献立。

いわしの煮付け。これまで何度も晩酌に登場しているつまみだけれど、今日は我流ではなく向田先生のお知恵を拝借しました。

いわしは2尾使用。写真で見ると、ちょっと梅が多かった気がしなくもない。

いわしの梅煮、小松菜海苔和え奴で晩酌

いわしの梅煮、小松菜海苔和え奴

  • 焼きなすの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 小松菜海苔和え奴
  • いわしの梅煮

焼きなすの味噌汁

焼きなすの味噌汁

真っ黒になるまで焼いて皮をむき、大きめに切ったなすオンリーの味噌汁。出汁はいりこだし、青味は千切りにした大葉。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんとゴーヤ。

小松菜海苔和え奴

小松菜海苔和え奴

ゆでて水気をしっかり絞ってから細かく刻んだ小松菜をちぎった焼き海苔、ごま、ごま油、塩で和えたものを豆腐にのせました。

いわしの梅煮

いわしの梅煮

フライパンに酒を入れ火にかけ煮切ったところにしょうゆとちぎった梅干しを加え、頭とお腹を取って筒型に切ったいわしを並べます。かぶる程度に水を加え落し蓋をして煮て、最後は軽く煮汁を煮詰めたら完成。

煮魚で日本酒をやるのはこの上ないよろこびだし、そっと添えられると満足度が上がる食材である青菜と豆腐もある。潔くなすのみで勝負した味噌汁も大葉の風味がきいていい感じだし、今日はいいなかなか優秀な、飲める献立になりました。

日本酒にあうおつまみレシピ

本日のレシピは「文士料理入門」の向田邦子章を参考に。いつものいわしの梅煮と何が違うのかって、みりんが入るか入らないかだけ。普段から基本的に白砂糖を一切使わず料理しているので、煮魚や蒲焼などで甘みが欲しい時にはみりんで補っています。

佐賀の酒 天吹 純米吟醸 ひまわり 生で晩酌、いわしの梅蒲焼き。

が、酒が入れば甘味はなくても煮魚として成立する。なるほどこういうすっきりした感じになるのね、と納得しました。みりんによる甘味のきいた煮魚も好きだけど、調味料は少ない方が料理は当然シンプルになる。自分の定番以外にも、いろんな方法を知っていると役立つ気がします。

 




関連記事

手羽先のローズマリー焼き

ワンプレートに白ワイン 手羽先と野菜のローズマリー焼きで昼酒。

先日ワインを飲んだ時に、つまみを一皿に盛ればよかったな、と思ったものですから。 関連

記事を読む

蒸し鶏ネギソースの献立とレシピ

蒸し鶏ネギソース、たらこおろしで家飲み。

なんということでしょう。昨日塩分がどうこう言っていた舌の根も乾かぬうちにこの献立。 魚

記事を読む

パクチーが食べられない人間がベトナムを旅できるのか。

一人旅でベトナムに来ています。 本当に危ない、ベトナム・ホーチミン一人旅。 一人

記事を読む

1人暮らしの家飲みおつまみ

ゴーヤと卵の炒め物、キャベツの煮浸し。

9月ですね、秋ですね。 といいつつマイペースに夏野菜を食べ続ける次第です。 もう

記事を読む

焼き鳥

焼き鳥、白菜としめじの酒粕煮献立。

年末年始の帰省中に、家族で焼き鳥を食べに行ったんですよ。 ここ数年、帰省時外食は中華と

記事を読む

塩豚とじゃがいものオイル焼き 献立

塩豚とじゃがいものオイル焼き、キャベツのおかか和え。

微妙な面構えの写真を晒してすみません。 と、いきなり謝罪。 いやあ、春ですね。

記事を読む

きくらげ卵炒め

豚肉ときくらげの卵炒め、ゴーヤの塩昆布和え献立。

きくらげと卵、豚肉を炒めたもの。木須肉(ムースーロー)ってやつですね。 こういう材料

記事を読む

キャベツと鶏団子の煮込み、焼きピーマンで家飲み。

暑い季節は寒くてかなわんですね。 はい、空調の話です。 昼に入ったカフェの震え上

記事を読む

たった3日で体重マイナス4kg、ウエストマイナス4cm。

タイトルの通りです。 先週末からたった3日で体重マイナス4kg、ウエストマイナス4cmの超

記事を読む

豆腐の明太子炒め献立

豆腐の明太子炒め、キャベツのおひたし献立。

あ、すみません。なんかちょっと盛り付けが汚らしいですね。 色もぼんやり、形状もぼんやり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出し

今治タオルトゥシェ フェイスタオル
仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていまし

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのか

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑