いわしの梅煮、小松菜海苔和え奴献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

いわしの梅煮献立

先日のなす料理に引き続き、読んで食べたくなって作ったパターンです。

なすにんにく炒め、しめじと大根の味噌汁献立。

いわしの煮付け。これまで何度も晩酌に登場しているつまみだけれど、今日は我流ではなく向田先生のお知恵を拝借しました。

いわしは2尾使用。写真で見ると、ちょっと梅が多かった気がしなくもない。

いわしの梅煮、小松菜海苔和え奴で晩酌

いわしの梅煮、小松菜海苔和え奴

  • 焼きなすの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 小松菜海苔和え奴
  • いわしの梅煮

焼きなすの味噌汁

焼きなすの味噌汁

真っ黒になるまで焼いて皮をむき、大きめに切ったなすオンリーの味噌汁。出汁はいりこだし、青味は千切りにした大葉。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんとゴーヤ。

小松菜海苔和え奴

小松菜海苔和え奴

ゆでて水気をしっかり絞ってから細かく刻んだ小松菜をちぎった焼き海苔、ごま、ごま油、塩で和えたものを豆腐にのせました。

いわしの梅煮

いわしの梅煮

フライパンに酒を入れ火にかけ煮切ったところにしょうゆとちぎった梅干しを加え、頭とお腹を取って筒型に切ったいわしを並べます。かぶる程度に水を加え落し蓋をして煮て、最後は軽く煮汁を煮詰めたら完成。

煮魚で日本酒をやるのはこの上ないよろこびだし、そっと添えられると満足度が上がる食材である青菜と豆腐もある。潔くなすのみで勝負した味噌汁も大葉の風味がきいていい感じだし、今日はいいなかなか優秀な、飲める献立になりました。

日本酒にあうおつまみレシピ

本日のレシピは「文士料理入門」の向田邦子章を参考に。いつものいわしの梅煮と何が違うのかって、みりんが入るか入らないかだけ。普段から基本的に白砂糖を一切使わず料理しているので、煮魚や蒲焼などで甘みが欲しい時にはみりんで補っています。

佐賀の酒 天吹 純米吟醸 ひまわり 生で晩酌、いわしの梅蒲焼き。

が、酒が入れば甘味はなくても煮魚として成立する。なるほどこういうすっきりした感じになるのね、と納得しました。みりんによる甘味のきいた煮魚も好きだけど、調味料は少ない方が料理は当然シンプルになる。自分の定番以外にも、いろんな方法を知っていると役立つ気がします。

 




関連記事

ピーマンチャンプルー献立

ピーマンチャンプルー、レタス海苔サラダ献立。

それなりに好みだし、いれば便利なアイツ。 ピーマンはそんな位置付けにある野菜です。1

記事を読む

とうもろこしの唐揚げ、甘長の焼き浸し献立

とうもろこしの唐揚げ、甘長唐辛子の焼き浸しで晩酌。

わあい夏だ、ビールだ、ビール! そんな私の心の叫びが聞こえてきそうなとうもろこし画像。

記事を読む

晩酌献立

肉団子と春雨の煮込み、小松菜の梅海苔和え。

大鍋にドン、と具沢山の汁物などを作って日々消費していく、というスタイルが苦手です。 ラ

記事を読む

わかめ炒め、茄子とししとうのしょうゆ煮で冷酒。

煮干し出汁欲がすっかり満たされた、などと言っていたのですが。やっぱりまだまだ収まらぬ煮干しへ

記事を読む

新玉ねぎのグリル

新玉ねぎのグリル、砂肝ポン酢献立。

新玉ねぎとくれば、その柔らかさを活かす生食が基本ですね。 オニオンスライス、大好きです

記事を読む

オイルサーディン 食べ方

野菜スープ、缶ごとオイルサーディン、レトロドール。

3月らしい暖かい日だったので、なんだか白ワインが呑みたくなりました。 最近ずっと熱燗ば

記事を読む

蕪とツナのサラダ、トマト塩奴で家飲み。

三度の飯より家飲み晩酌好きな私でも、旅から戻るとしばらくは自炊が面倒になります。 面倒

記事を読む

焼きキャベツ献立

焼きキャベツ、肉団子と野菜の味噌汁献立。

毎度お馴染み 「野菜焼いちゃいました」 シリーズです。イメージとしては甘栗むいち

記事を読む

きのこディップ

きのこディップで赤ワイン。

連日暑苦しいシチューネタで失礼します。 酒粕を使ったクリームシチューが思いの外シチュー

記事を読む

白菜の卵とじ献立

白菜の卵とじ、インゲンと豚肉のごまマヨネーズ和え献立。

季節の変わり目は服選びに困る、とはもはや挨拶時のお約束的トピックスではありますが、困るのは服

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑