いわしの梅煮、小松菜海苔和え奴献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

いわしの梅煮献立

先日のなす料理に引き続き、読んで食べたくなって作ったパターンです。

なすにんにく炒め、しめじと大根の味噌汁献立。

いわしの煮付け。これまで何度も晩酌に登場しているつまみだけれど、今日は我流ではなく向田先生のお知恵を拝借しました。

いわしは2尾使用。写真で見ると、ちょっと梅が多かった気がしなくもない。

いわしの梅煮、小松菜海苔和え奴で晩酌

いわしの梅煮、小松菜海苔和え奴

  • 焼きなすの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 小松菜海苔和え奴
  • いわしの梅煮

焼きなすの味噌汁

焼きなすの味噌汁

真っ黒になるまで焼いて皮をむき、大きめに切ったなすオンリーの味噌汁。出汁はいりこだし、青味は千切りにした大葉。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんとゴーヤ。

小松菜海苔和え奴

小松菜海苔和え奴

ゆでて水気をしっかり絞ってから細かく刻んだ小松菜をちぎった焼き海苔、ごま、ごま油、塩で和えたものを豆腐にのせました。

いわしの梅煮

いわしの梅煮

フライパンに酒を入れ火にかけ煮切ったところにしょうゆとちぎった梅干しを加え、頭とお腹を取って筒型に切ったいわしを並べます。かぶる程度に水を加え落し蓋をして煮て、最後は軽く煮汁を煮詰めたら完成。

煮魚で日本酒をやるのはこの上ないよろこびだし、そっと添えられると満足度が上がる食材である青菜と豆腐もある。潔くなすのみで勝負した味噌汁も大葉の風味がきいていい感じだし、今日はいいなかなか優秀な、飲める献立になりました。

日本酒にあうおつまみレシピ

本日のレシピは「文士料理入門」の向田邦子章を参考に。いつものいわしの梅煮と何が違うのかって、みりんが入るか入らないかだけ。普段から基本的に白砂糖を一切使わず料理しているので、煮魚や蒲焼などで甘みが欲しい時にはみりんで補っています。

佐賀の酒 天吹 純米吟醸 ひまわり 生で晩酌、いわしの梅蒲焼き。

が、酒が入れば甘味はなくても煮魚として成立する。なるほどこういうすっきりした感じになるのね、と納得しました。みりんによる甘味のきいた煮魚も好きだけど、調味料は少ない方が料理は当然シンプルになる。自分の定番以外にも、いろんな方法を知っていると役立つ気がします。

 




関連記事

蒸し鶏のニラソース

蒸し鶏のニラソース、モロヘイヤときのこの梅ポン酢。

少々食材を買い足して、あれはこうしてこれはこう、などと頭の中で組み立てながら帰宅した夕方。

記事を読む

わかめと卵の炒めもの

卵とわかめの炒めもの、かぶのゆかり和え献立。

地味おかずをこよなく愛する私ですが、わかめ炒めの地味さはまた格別です。 わかめ炒め、な

記事を読む

笑い転げながらワインを学ぶ。「黄金の丘で君と転げまわりたいのだ」

いやー、笑った。 笑いました。 先日読み始めたワイン本、黄金の丘で君と転げまわり

記事を読む

白菜とひらたけの味噌汁、目玉焼き丼献立

「普通に美味しい」味噌汁とごはんの夕食。

慣れないニキビの対処に困り果てる。 鼻ニキビの憂鬱、赤鼻の恐怖。 ニキビ経験値が

記事を読む

家飲み献立 10/29 葱とじゃがいものグラタンをメインに。

ここ数ヶ月の間、ほぼ毎日のように家飲みメニューを写真とともに綴っているからか、最近は肉豆腐と

記事を読む

豚肉とキャベツのソース炒め

豚肉とキャベツのソース炒め、玉ねぎとわかめのゆかり和え献立。

ソース焼きそば、旨いですよね。たまに無性に食べたくなりませんか。 そう頻繁には食べない

記事を読む

鯛のあら炊き

鯛のあらだき、かきたま汁で晩酌。

鮮魚コーナーパトロール中に鯛と目が合いました。 鯛のお頭、というとなんだか贅沢な感じが

記事を読む

鶏つくねとキャベツの煮物

家飲み献立 5/26 鶏団子とキャベツの煮物、わかめと油揚げの酢の物。

気分は何故だか肉団子。 ということで豚ひき肉を目当てに買い物に行ったら私は到底手が出せ

記事を読む

秋刀魚のしょうが煮献立

秋刀魚のしょうが煮、にんじんの白和え献立。

現時点で今期の秋刀魚消費数は4尾。 居酒屋で友人と秋刀魚の塩焼きをつつきながらそう話す

記事を読む

鶏もも肉のパリパリ焼き献立

鶏もも肉のパリパリ焼き、ほうれん草ときのこのゆずびたし献立。

鶏肉の皮って美味しいけどちょっと避けたいパーツでもあります。 茹でた時の皮ってぶるんと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑