ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

公開日: : 最終更新日:2021/01/23 家飯

ごぼうのひき肉炒め

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。

自分一人が食べるだけの、しかも簡単な酒のつまみであっても、繰り返し作っていれば多少なりとも調理技術は向上する、と考えています。

要領が悪い人の料理

しかし、なんとなく作り続けていては、何も変わらない。弱点を改善できないまま、なんとなく似たようなものが出来上がるだけ。

例えば今日のメインのごぼう料理にも、私の調理ぐせがよくあらわれています。

ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

ごぼうとひき肉の黒七味炒め、菜の花の柚子味噌和え献立。
  • 白菜と落とし玉子の味噌汁
  • ぬか漬け
  • 菜の花の柚子味噌和え
  • ごぼうとひき肉の甘辛煮

白菜と落とし玉子の味噌汁

白菜と落とし玉子の味噌汁

細切りにした白菜と落とし卵の味噌汁、出汁はいりこ。卵は長期保存のために冷凍していたものを使用しました。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは、にんじんとキャベツ。

菜の花の柚子味噌和え

菜の花の柚子味噌和え

ゆでた菜の花を柚子味噌で和えていただきます。

ごぼうとひき肉の甘辛煮

ごぼうとひき肉の甘辛煮

フライパンにしょうゆ、酒、みりんを入れて煮立て、豚ひき肉を加えアクを取りながら煮ます。皮をこそげ取って薄切りにしたごぼうを加えてさらに煮て、ごぼうがやわらかくなったら完成。一旦冷ますと味が馴染みます。うつわに盛って黒七味をパラリ。

今年春の野菜が出回るの早くないですか?菜の花もそうだし、先日八百屋でそら豆も見かけました。ここのところグッと寒い日が続いていますが、着実に春は近づいている。もう少し、あと少しの我慢だと、春の香りを食みながら、晩酌にはめずらしく焼酎お湯割りレモン入りを添えました。

焼酎にあわせる晩酌おつまみ

さて話を冒頭の「調理ぐせ」に戻して。

今日みたいな煮ものとか、中華風の炒めものって、やや汁っぽさを残すじゃないですか。だくだくじゃなくても、全体的にしっとりする程度の、程よい水分。

私の作る料理って、この余白の水分が足りない気がする。今日の煮ものもしっかり味はついているけれど、なんか見た目からして水分量足りてないもの。

なんでだろ。なんでドライ目に作っちゃうんだろ。

おそらくアレですね。調味料を最小限しか使わないからですね。一人分しか作らない生活が長すぎて、出来上がりの分量や余剰の水分などに若干の余裕を持たせることができなくなっていますね。

逆に考えれば、毎食きっちり1人前の量を迷いなく作れるのもすごいかも。変な技術が身につきました。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

沖縄の酒 黎明

沖縄の酒 黎明 本醸造で晩酌 ソーキと大根のスープ煮、れんこんの黒酢炒め献立。

約2年に渡り続けてきた日本全国酒巡り、いよいよ完結です。 関連 勝手に日本酒全国ツアー

記事を読む

きつね丼

休肝日ごはん きつね丼、小松菜とにんじんのごま酢和え献立。

油揚げを使ったきつね丼、つい先日も登場しております。 休肝日ごはん きつね丼、たま豆腐

記事を読む

大根の塩昆布サラダ

大根の塩昆布サラダ、焼き葱と豆腐の味噌汁で家飲み。

和えものやサラダなど簡単で野菜が多くとれる料理が好きなので気付けば冷菜ばかりの献立になってい

記事を読む

天然淡路島の漁師のおさかなしゃぶしゃぶで贅沢晩酌。

前回の帰省時に引き続き、今回も贅沢なお取り寄せで家族に恩を売る作戦を実行致しました。

記事を読む

たこじゃが

たこじゃが、おくら奴で家飲み。

またじゃがいもです。 たことじゃがいもの組み合わせは地味なようで日本酒に合ういいつまみ

記事を読む

豚肉と水菜のおろし和え献立

豚肉と水菜のおろし和え、三つ葉豆腐献立。

豚肉と水菜と言えば、はりはり鍋。 材料は2つでもいいけれど、油揚げと春雨を入れるのもま

記事を読む

福岡の酒 神力

福井の酒 富成喜 神力米 かすみ生原酒で晩酌 冷しゃぶわかめおろし和え献立。

本日は福井の酒で晩酌です。 勝手に日本酒全国ツアー なぜ福井かと言うと、近頃お気

記事を読む

トマト黒酢酢豚

トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立。

かねてより塩分過多疑惑が渦巻いておりました。どこでって、自分の中で。 砂糖を使わない和

記事を読む

鯖水煮缶 献立

家飲み献立 5/27 鯖と玉ねぎのサラダ、小松菜のオイル蒸し。

毎晩食事の時にはさー、ビールだ!と冷たく冷やしたヤツをぷしゅっと開けるのが日課なのですが、こ

記事を読む

ほたるいかと菜の花の酢味噌和え、金時にんじんとねぎの炒めもの献立。

育ち盛りの男子学生には茶色いおかずや弁当が好まれると聞きますが、葉野菜至上主義おばさんの食卓は、気

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

便利に慣れきった現代人の懐かしい痛み。

あ?ああ...あ"あ"あ"ー! と、漫画のような叫び声

スパゲティグラタン
デタラメさの愛おしさ。

ほとんどが和食の献立で固定化している今日この頃ですが、寒くな

絶対に一緒に仕事をしたくないタイプ。

久々にパンチの効いた出会いがありました。 と言っても色

ねぎ入り卵焼き献立
いくつになっても失敗はする。

カメラの不調で一時中断していた晩酌記録を再開してから、早1年

→もっと見る

PAGE TOP ↑