れんこんと豚肉の黒酢炒め、豆腐と春菊のスープ献立。

公開日: : 家飯, 食べること

れんこんと豚肉の黒酢炒め

しょうゆや塩、酢などの基本調味料と比べると、黒酢とのお付き合い歴は浅めです。

トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立。

初めて使ったのっていつだろうか。初期は主に餃子のつけだれとして活用しており、調理にはあまり使っていなかった記憶があります。

しかしここのところよく登場するなあと。すっかり頼れる相棒になったなあと思うのです。

れんこんと豚肉の黒酢炒め、豆腐と春菊のスープで晩酌

れんこんと豚肉の黒酢炒め、豆腐と春菊のスープで晩酌

  • 豆腐と春菊のスープ
  • 蕪のオイル添え
  • ゆでキャベツの梅おかか和え
  • れんこんと豚肉の黒酢炒め

豆腐と春菊のスープ

豆腐と春菊のスープ

鍋にごま油を入れ水気を切った豆腐をくずしながら炒め、ざく切りにした春菊も加えてしんなりしたら鶏がらスープを加えてさっと煮ます。胡椒で味を整えたら完成。先日のつまみと同じ素材の組み合わせですね。和えものか汁ものかの違い。

蕪のオイル添え

蕪のオイル添え

くし型に切った蕪にうまみオイルを添えて。

ゆでキャベツの梅おかか和え

ゆでキャベツの梅和え

ゆでてざく切りにし水気を絞ったキャベツを叩いた梅肉と鰹節で和えたもの。

れんこんと豚肉の黒酢炒め

れんこんと豚肉の黒酢炒め

豚もも薄切り肉は一口大に切って塩、胡椒、酒、片栗粉で下味をつけます。フライパンに油を引き一口大に切って水にさらしておいたれんこんを並べ焼き、空いているスペースに豚肉を入れて焼き付けます。材料に火が通ったところであらかじめ合わせておいた黒酢、にんにくしょうゆ、水を投入しとろみがつくまで煮からめたら完成。

これ、ビール向けのつまみだったなあ。最近家にビールの買い置きをしていないので日本酒になっちゃったけど、ビールか紹興酒を合わせるのがよろしいかと思います。

ビールのおつまみ

黒酢+しょうゆはここ最近ですっかり定番化した味付けのひとつ。肉っけだけ、野菜だけで作っても旨いのだけれど、今日は豪華バージョンということで合わせ技に。

手羽元黒酢煮、ピーマンの塩昆布和え献立。

豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒め献立。

黒酢は割と味が濃いというか、コクも甘みも強い調味料。よってさっぱり味派の私はこのまま使ってしまいがちだけれど、砂糖やはちみつで甘味を足すとよりこっくりした味わいの一品になるかと思われます。

 




関連記事

セイリングクラブニャチャン

ベトナム一人旅の食事 ニャチャンビーチのバーで夜遊び気分。

ベトナム・ニャチャン一人旅の食記録、後編です。 前編ではオーソドックスなベトナム料理、

記事を読む

ごぼうと牛肉のしぐれ煮献立

ごぼうと牛肉のしぐれ煮、小松菜の白和え献立。

しっかり濃い味に煮詰めたしぐれ煮。この手のおかずはごはんも進むし、お弁当のおかずにもいいし、

記事を読む

鶏もも肉と春雨のしょうが蒸し

家飲み献立 2/15 鶏もも肉と春雨のしょうが蒸し、茹でキャベツの卵ソース。

外食が続いてしまったので久しぶりの自炊、と思ったけど、家で食べなかったのはたった2日間だけだった

記事を読む

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し

一人晩酌献立 鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し、水菜と油揚げのサラダ。

週末に外食が続いたせいか、山盛りの野菜が食べたくて食べたくて。 そうでなくても基本葉野菜を

記事を読む

ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。

ベトナム一人旅で食べたもの、ホーチミン編です。 ベトナムに限らずですが、一人旅での食事は気

記事を読む

家飲み献立 11/23 ベーコンと白菜のスープ。

今夜は少し遅くなってしまったので昨日に引き続き軽めのディナーです。 軽め、といっても酒は呑

記事を読む

にんじんしりしり献立

にんじんしりしり、揚げなすの味噌汁献立。

毎晩食事と一緒に酒を飲むもので、飲酒を考慮した妙な献立が多いですが、基本は地味なものが好きで

記事を読む

いり焼き豆腐で晩酌

いり焼き豆腐、しらすおろしで晩酌。

レシピを見ながらキッチンに立つことはほとんどありません。 毎夜の晩酌に並べるつまみは切

記事を読む

食べることは生きること。

とにかく、食い意地が張っています。 何故こんな風になったのか、今となっては原因を思い出せないの

記事を読む

セロリと卵の炒めもの

セロリと卵の炒めもの、なすとツナのサラダ献立。

ちょっと久しぶり?にセロリと卵の炒めものを作ってみたらば、セロリ葉が大量すぎてまるで立派なか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ラード使用チャーハン
背徳感が、脂の魅力。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライ

一人暮らしのしょうもない夏休み

そりゃそういう時期ですけど何も本気で毎日降らなくてもいいんじ

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑