横須賀昼飲みはしご酒 日本散歩・神奈川県。

公開日: : 最終更新日:2018/08/03 一人飲み, 旅人への道, 食べること ,

sarushima_127

恐怖の無人島、猿島を無事脱出しました。

本当に怖い無人島 猿島日帰り一人旅  日本散歩・神奈川県。

朝一で乗り込んだものだから、探索して戻ってきてもまだ昼前。街散歩にはおよそふさわしくない真夏の陽気だけれど、せっかく横須賀まで来たのだし、ちょっとだけ駅前を荒らします。

そして、ビールが飲みたい。

横須賀来たなら海軍カレーかハンバーガーか

sarushima_130

船が着く三笠桟橋のすぐそばに「よこすかポートマーケット」なるものがあるのをチェックしていたので、帰りに立ち寄ってみました。

sarushima_131

よこすかポートマーケット(オフィシャルサイト)

旬産旬消がキャッチフレーズのこの施設。サイトでは「横須賀、三浦の海の幸、山の幸をたっぷり味わえる」と解説されているのだけれど、店内はさほど活気がなく、少々寂しい雰囲気。それもそのはず、ここ、すでに閉店が決まっているのです。

よこすかポートマーケット来年3月で閉店(タウンニュース)

新港町にある地場産物の販売拠点「よこすかポートマーケット」が来年3月末で閉店することが明らかになった。業績不振が主な理由。出店からわずか6年で「旬産旬消」の看板を下ろすことになる。

特に地域色のない土産物が大量に売られている一方で、都内のスーパーでは見かけないような野菜やハーブが並んでいたりもする。閉店が決まっているからこの状態なのか、それともずっとこうだったのかはわかりませんが、残念。

sarushima_132

ところで横須賀といえばやっぱりカレー、なんですかね。

ポートマーケットの飲食スペースでも、土産物売り場でも、海軍カレー関連商品が激しく推されておりました。あとは、ハンバーガーとか?

sarushima_134

そろそろお昼ですからね。

中央酒場は大繁盛

yokosuka_7

さて、カレーよりもビールが飲みたい私は午前中から開いている大衆酒場「中央酒場」にロックオン。

yokosuka_2

レモンハイもいいな。ところでこの「中央」ってのはやっぱり横須賀中央の中央なんでしょうか。

時刻は正午少し前。平日だし、この時間は流石に空いているかなと思いきや、まさかの大混雑でびっくり。このタイミングでカウンターの1席しか空きがありませんでした。ちょっとちょっと、こんな真昼間から酒飲んでみんな大丈夫?私もだけど。

生を飲む気満々で入ったのに、店内の熱気に押されてなぜか瓶ビールをオーダーしてしまう。

yokosuka_44

アテにはいわしの刺身を選びました。これがまたイヤラシイほどに美しく光り輝く代物で唸る。

yokosuka_3

品数が豊富なので壁貼品書の読み応えたっぷり。この品揃えにレーズンバターなんてのが紛れているのが妙な感じです。

入り口から奥まで伸びる長いカウンターに陣取るは、常連客と思しきおひとりさま紳士ばかり。先輩方のオーダーをちらちら盗み見ていると、どうやらあさり焼きってのが人気のようで、調理工程をこれまた盗み見。なるほど、フライパンで作るあさりの酒蒸しってとこですかね。

お隣さんがつついているゴーヤの炒めものが美味しそうだけど、量が多いなあ。これは以降の組み立てが難しいなあ、などと悩んでいて私は発見してしまった。品書きの脇に添えられた

「量少なめは100円引き」

の文言を。

そう、ここは安くて盛りがいいアテが揃っているのが魅力、さらに一人飲みにもうれしい小サイズオーダーも可能な酒場なのでした。もちろんどんな店でも頼めば量は減らしてくれるけど、こうして一人酒ウェルカム宣言ともとれる一文をオフィシャルに掲示してくれるなんて、理想的すぎやしませんか。

yokosuka_45

歓喜の追加オーダーはにら玉(小)。油しっかり塩気バッチリ、飲酒を前提としたにら玉はこれくらいテカってなきゃいけません。

yokosuka_4

あっという間にレモンサワーが空く。

yokosuka_6

また空く。ごちそうさまでした。

yokosuka_1

=============
中央酒場
神奈川県横須賀市若松町2丁目7
046-825-9513

老いも若きも路地焼き鳥に群がる

yokosuka_30

駅前でもう1軒行きましょう。なぜなら、路地が賑わっているからです。

yokosuka_28

おじさんも、学生さんも群がる。

yokosuka_12

外国人観光客グループも、群がる。

yokosuka_29

みなさんのお目当ては、80円の屋台立ち食い焼き鳥。串入れがセットされていて、ここでサクッと食べられる仕組み。

この辺りの高校生は

「今日帰り焼き鳥行く?」

とか誘い合うんでしょうかね。放課後は焼き鳥って、やたらと大人っぽい感じしますけど、もはや彼らにとっては普通のことなんでしょう。青春の思い出は、80円のつくね。

yokosuka_16

お店の方がせっせと焼いていると見せかけて、設置されているこの焼き台は実は自動焼き鳥機です。全然ハイテク感のない自動。

 

yokosuka_31

路地の立ち食いスペースでは焼き鳥のみ。酒も飲みたい大人は店内にてどうぞ、ということのようです。

yokosuka_19

店内で食べても、焼き鳥は80円。

yokosuka_26

ハイボールで串をいくつかいただきました。ワイルドに食いちぎった様をお見せしてすみません。

yokosuka_22

なるほど、精肉店が母体なのですね。

お値段がお値段なので串はかなり小さめ。ジャンボ系よりもむしろ小ぶり焼き鳥が好きな私にはうれしいサイズでありました。こんな店も昼から開いてるなんて、横須賀は酒飲みに優しい街なのか。

============
相模屋
神奈川県横須賀市 若松町1-1
046-824-5538

ヨコスカベーカリー、ふたたび

yokosuka_34

喉も腹もいい頃合いになったので、酔い覚ましがてら辺りをぶらぶら散歩します。

yokosuka_64

途中、朝に立ち寄ったベーカリーの前をまた通りかかったので再入店。

無人島 猿島日帰り一人旅 日本散歩・神奈川県。

改めてお願いして、店内で写真を撮らせていただきました。

yokosuka_38

これが基本のソフトフランス。

yokosuka_39

あんことかクリームとかジャムとか、いろいろ挟まってます。

yokosuka_40

挟まってます。

yokosuka_35

ナポリタンや海老カツなど、ボリューム満点おかず系も挟まりまくり。ソフトフランス以外のパンもあるけど、とにかくフランス挟みの品数が多くて選び放題パラダイス。今回はおやつ用にクリーム系のパンなどを購入しました。

yokosuka_42

yokosuka_43

散歩するには流石に暑すたのであまりうろつけなかったけれど、無事酒も飲めたし、お土産もできて、満たされた気分で京急に乗車。涼しい車内で元春を子守唄に、品川まで至福のお昼寝タイムを過ごしたのでした。ってこれまたずいぶん怠惰な散歩だな。メインは猿島だったとはいえ、駅前で酒飲んで帰っただけじゃないか。

まあいいや。次はどこへ行こうかしら?

 




関連記事

白菜とツナのうま煮

白菜とツナのうま煮、蒸し鶏とピーマンの塩昆布和え献立。

毎日の晩酌で並べているのは「名もないつまみ」ばかりです。 「筑前煮」とか「ビーフコロッ

記事を読む

大根葉と卵の炒めもの献立

大根葉の卵炒め、大根と厚揚げの煮もの献立。

大量生産した大根葉炒め塩味バージョンを今日は卵炒めにしていただきます。 大量生産といっ

記事を読む

旅の準備が簡単になった理由。

By: JD Hancock[/caption] 旅に出るのは好きだけど、旅の準備が苦手で.

記事を読む

切り昆布と豚肉の炒め煮献立

切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立。 えびとかぼちゃのタル

記事を読む

塩鮭と白菜の酒粕煮献立

白菜と塩鮭の酒粕煮、せりのおろし和え献立。

先日生まれて初めてきりたんぽ鍋を食べました。 ご飯をまとめて焼いたものが入ってる鍋でし

記事を読む

海老ワンタン麺の食べ比べ、香港一人旅で食べたもの その1。

ローカルフードを楽しむ一人旅が大好物の私。 関連 台湾一人旅でもローカルフードを楽しみ

記事を読む

晩酌簡単おつまみ 牛肉とトマトのしょうゆ炒め、きのこと三つ葉の卵とじ。

赤身が多い牛肉の切り落としが安く売られていたのでついつい手に取る。 昔は脂がしっかり入

記事を読む

砂肝ポン酢漬け

セロリと卵の炒めもの、砂肝のポン酢漬け献立。

なんらかの野菜ひとつと卵を炒める。お手軽かついいつまみになるのでこの手口はさんざん使い倒して

記事を読む

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、ほうれん草のからし和え献立。

鶏肉とごぼうで、鶏ごぼう。ごぼうみたいな無骨な野菜と合わせるならばジューシーなもも肉のほうが

記事を読む

れんこんの黒酢炒め

白菜あんかけ豆腐、れんこん黒酢炒め献立。

寒い日にはあったかい汁ものが定番ではありますが、とろみもまた捨てがたい。 熱々のとろみ

記事を読む

Comment

  1. より:

    >結局、「駅前で飲んで帰った 」
    なによりです。
    すごくいい旅でしたね^_^

    うちの近所の乗り換え駅では、昼からやってる大衆居酒屋(半分立ち飲み)が多く並んでるのですが、どうも入る勇気が出ないままに5年が経過してます。

    くたびれてるシゴト帰りはつい、「どうせひとりで飲むなら家でまったりでいいか…」となり。
    休みの日は「疲れて出かけたくない…」になりますって、とことん引きこもり(-_-;)

    • crispy-life より:

      ぴさん

      確かに家で飲むのがいちばん楽チンだし、リラックスできますよね。

      私も基本は家飲み派ですが、ざわざわした店で一人で飲むのもなぜか好きなので、ちょくちょく飲みにはいきます。でも、こういう「お出かけ」の時は別として、最近は徒歩圏内の店にしかいかなくなりました。以前は1人でも電車に乗ってあちこち飲みに出かけてたんですけどねえ。酒の飲み方もどんどん変わっていくなあと実感しています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑