金目鯛のかぶと煮、蒸しなすのねぎ塩和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

金目鯛の煮付け献立

また目が合ってしまった。

どうして私はこうも魚のあらに弱いのでしょうか。

大根とぶりのあら炊き、おつまみ奴献立。

立派でかわいい金目鯛のおかしらと出会ってしまったものですから、急遽予定を変更してお送りしています。

金目鯛のかぶと煮、蒸しなすのねぎ塩和えで晩酌

180725_ienomi_6

  • しめじと三つ葉のすまし汁
  • ぬか漬け
  • 蒸しなすねぎ塩和え
  • 金目鯛のかぶと煮

しめじと三つ葉のすまし汁

しめじと三つ葉のすまし汁

昆布と鰹節の出汁でしめじを煮て、塩、しょうゆで薄く味付け。最後に刻んだ三つ葉を加えます。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはセロリ、にんじん、オクラの3種盛り。

蒸しなすねぎ塩和え

蒸しなすねぎ塩和え

みじん切りにした白ねぎ、塩、胡椒、ごま油を合わせたたれで細切りにして蒸したなすを和えたもの。

金目鯛のかぶと煮

金目鯛のかぶと煮

フライパンに酒、しょうゆ、みりん、水、薄切りにしたしょうがを入れ煮立て、鱗を取った金目鯛のあらを入れます。さっと色が変わったら豆腐を入れて落とし蓋をして煮て、最後に煮汁をスプーンで回しかけながら軽く煮詰めたら完成。

魚はもちろん、鯛の旨味を存分に吸った豆腐がたまらんアテになってくれるかぶと煮。ごぼうを入れてもいいですね。

ほとんどの意識が金目鯛に向いているゆえに副菜のおざなり感が滲み出ていますが、これも致し方なし。あら煮にはそれだけの力があるのです。日本酒の旨さ倍率ドン、さらに倍。

日本酒にあうおつまみレシピ

基本的に作りおきはせず、手のかからない物をその都度作るスタイルが定着しておりますが、ぬか漬けだけは別。毎日なんらかの野菜が漬かっている状態が続いています。

ぬか漬けの卵炒め、ピーマンとツナの和えもの献立。

考えてみればこのぬか床があることで、私の晩酌生活はかなり捗っている。今日だってぬか漬けというスーパーサブの存在があるからこそ、そこに数種の野菜がスタンバイしているからこそ、煮魚に意識全振りできるというものですよ。なんなら魚とぬか漬けだけでもかなり飲めるんですよ。

汁ものも好きだし、ちょこっとつまむ小鉢も好きときているので、ついつい欲張ってしまったけれど。

 




関連記事

夜景をチラ見で地獄どうふ。大阪新世界はしご酒ツアー後編。

大阪新世界はしご酒ツアー、後編です。 関連 新今宮から通天閣を歩く 大阪新世界はしご酒

記事を読む

粗食晩酌献立

焼きピーマン、にら納豆で家飲み。

地味。 いつものことですが、タイトルからして地味すぎます。 基本的に野菜好きの粗

記事を読む

蕪とツナのサラダ、トマト塩奴で家飲み。

三度の飯より家飲み晩酌好きな私でも、旅から戻るとしばらくは自炊が面倒になります。 面倒

記事を読む

秋鮭と白菜の酒粕煮晩酌

秋鮭と白菜の酒粕煮、生もずく献立。

白菜、キャベツ、小松菜にほうれんそう。葉野菜が安くてびっくりしますね。アレの影響による需要

記事を読む

豚しゃぶ香味ダレ

豚しゃぶ香味ダレ、切り昆布の煮物。

今日は少し遠くにある安くて品揃え豊富なスーパーに寄れたので、珍しく食材をまとめ買い。

記事を読む

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め献立

つるむらさきとひき肉のナンプラー炒め、紫大根のナムル献立。

辛味の効いた青菜炒めって、南国の味だよなあ。 暑い国のレストランで出てくる青菜炒めには

記事を読む

モロヘイヤとトマトのスープ なすと春雨のバジル炒め

なすと春雨のバジル炒め、モロヘイヤとトマトのスープ献立。

先日コメントでも触れましたが、ネバネバぬるぬるしたものが好きです。 野菜ならオクラ、空

記事を読む

焼き大根献立

焼き大根、梅わかめ納豆献立。

先日大根使い回しについて述べました。 豚汁、きのこおろし和え献立。 調理法の頻度

記事を読む

肉じゃが

肉じゃが、青梗菜のオイル蒸し。

いい天気だし昼酒しに出掛けようかな、と考えていた日曜日。 ならばどこへ向かおうか、とあ

記事を読む

榮川 純米吟醸生貯蔵酒

福島の酒 榮川純米吟醸生貯蔵酒で晩酌 まぐろカマ塩焼き献立。

この季節は酒屋の冷蔵コーナーに陳列されている夏限定酒を見繕うのが楽しみです。アルコール度数低

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑