焼き油揚げの納豆のせ、煮こごり献立。

公開日: : 家飯, 食べること

きつね納豆

油揚げに納豆を詰め込むきつね納豆。ここではちょくちょく登場する定番つまみです。

きつね納豆、あさがお菜のおひたしで晩酌。

本日のメインも全く同じ食材の組み合わせ。違うのは、形状のみ。

包むというひと手間がかからない分、こっちのほうが準備はラクです。

焼き油揚げの納豆のせ、煮こごりで晩酌

焼き油揚げ納豆のせ献立

  • 焼きねぎとわかめの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 煮こごり
  • にんじんとピーマンのナムル
  • 焼き油揚げの納豆のせ

焼きねぎとわかめの味噌汁

焼きねぎとわかめの味噌汁

フライパンで素焼きした白ねぎとわかめの入った味噌汁。出汁はいりこ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根、セロリ、オクラの3種盛り。

煮こごり

煮こごり

先日作った煮魚でできた煮汁の副産物。

金目鯛のかぶと煮、蒸しなすのねぎ塩和え献立。

ゼラチンなどは入れずに、多めに作っておいた煮汁を保存容器に入れて冷蔵庫で冷やし固めただけです。

にんじんとピーマンのナムル

にんじんとピーマンのナムル

千切りにしてさっとゆでたにんじんとピーマンを塩、ごま、ごま油で和えました。

焼き油揚げの納豆のせ

焼き油揚げの納豆のせ

フライパンで両面カリッと焼いた油揚げを一口大に切ってうつわに盛り、和からしとたっぷりのねぎを混ぜ込んだ納豆をのせます。粗塩を振って。

袋状に開いた油揚げに仕込むバージョンと、この納豆後乗せタイプの違い。袋詰めは見た目が愛らしいし、納豆と油揚げの一体感が楽しめる。一方後乗せは作るのが圧倒的にラク。それぞれにメリットがあるので、そこはそれ、シチュエーションに応じてというところでしょうか。

いずれも失敗しようがないほどに簡単かつ、日本酒によく合うつまみです。

日本酒にあうおつまみレシピ

金目鯛の風味が残る煮こごりもまた日本酒のお供にうれしい。一品として成立させるならば具を入れ、ゼラチンを加えしっかり固めるほうがよさそうだけど、この余りものをほったらかしただけのもので飲もうという、やる気あるんだかないんだかよくわからない姿勢がいいじゃありませんか。

本日の油揚げをすっきり塩味にしたのは、しょうゆベースの甘辛い煮こごりとの味かぶりを避けるため。もちろん、しょうゆをたらりの王道スタイルで食しても間違いありません。

 




関連記事

豚肉の生姜焼き

豚肉のしょうが焼き、れんこんの梅和え献立。

つまみ至上主義の我が食卓においては珍しく、非常に家庭料理的な豚肉の生姜焼きなど。 いや

記事を読む

焼き厚揚げ献立

焼き厚揚げ、ゴーヤとツナのサラダ献立。

ちょっと久しぶり?の厚揚げです。 揚げといえば普段は油揚げ、薄揚げをよく使っています。

記事を読む

きのこスープ

ひとんちの食の不思議ときのこスープ。

旅行中は普段と生活サイクルが異なり、食事の内容も、時間も、量も変わるので、どうしても体が重く

記事を読む

七賢淡麗純米

山梨の酒 七賢 淡麗純米で晩酌 あさりともやしのスープ、焼き春キャベツ。

順調に関東地方を攻略中でございます。 関連 勝手に日本酒全国ツアー そろそろ次の

記事を読む

糠漬け

野菜のおつまみ 新じゃがの煮ころがし、糠漬け。

何年ぶりでしょうか。 ついに大好物である糠漬け体制を構築しました。 夏の晩酌には

記事を読む

具が大きい豚汁献立

休肝日ごはん 具が大きい豚汁、三つ葉とえのきのおひたし献立。

豚汁は野菜がたくさん食べられて好きなので、よく作ります。 定食屋などでついてきたらうれ

記事を読む

家飲み献立 1/26 鮭と白菜の煮物、葱のきんぴら。

うーん、まだなんとなく自炊モードになってないなあ...。 などと感じる本日。 キッチ

記事を読む

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

納豆が品薄状態になった時期があったとかなかったとか聞きました。 納豆って、他の食品と比

記事を読む

ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニ

ガサエビとフレッシュトマトのスパゲティーニで白ワイン。

ただいま幻のガサエビ祭を絶賛開催中です。 秋田県八森漁港直送 幻のガサエビづくしで贅沢

記事を読む

家飲み献立 11/26 ハリハリ鍋で熱燗を。

今日は肉でも焼いてワイン呑もうかな...などと思っていたのですが、無理でした。 いやいや、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

40代一人暮らし、1食分の食費はいくらか。

一人暮らしの食費は、いくらくらいが妥当なのか。外食、昼食、自

→もっと見る

PAGE TOP ↑