さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

公開日: : 最終更新日:2020/11/26 家飯

さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。

鍋ものやおでんなどの汁っぽいもの以外に、こういう熱々濃いめオーブン料理も恋しくなるものですね、寒くなるとどうもね。

自分の気持ちに正直にさつまいものグラタンなぞ焼いてみたのですが、ほくほくはふはふ温まろうという魂胆をあざ笑うかのように、妙に暖かい日が続いておりました。

暖かくても、グラタンは旨いから、特段困ることはないんだけども。

さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン
  • 柿と白菜のサラダ
  • さつまいもとベーコンのグラタン

柿と白菜のサラダ

柿と白菜のサラダ

細く切った白菜を軽く塩もみして、薄切りにした柿と砕いたくるみを合わせます。オリーブオイル、塩、胡椒、レモン汁を混ぜたドレッシングで和えたら完成。

さつまいもとベーコンのグラタン

さつまいもとベーコンのグラタン

さつまいもは輪切りにして水に放ってから水分を取っておきます。みじん切りにしたにんにく、薄切りにした玉ねぎをオリーブオイルで炒め、しんなりしたらしめじとさつまいもを入れてさらに炒めます。塩、胡椒、牛乳、水、ローリエを加えて煮詰めたらうつわに移してチーズを乗せオーブンで焼いたら完成。

激しい秋推し、柿とさつまいもの組み合わせ。例によって小麦粉がないのでさらりとしたソースになりますが、玉ねぎを炒める段階で小麦粉を加えたり、最後片栗粉でまとめたりしてももちろんOKであります。チリのカベルネ・ソーヴィニヨンと共に。

ワインに合うおつまみ

最近どうも和食に偏っていて、ワインの登場頻度が下がっていますね。前回は3月のにじますでした。

にじますハーブ焼き、小松菜としめじのスープで白ワイン

家にあったので赤にしましたが、今日のメニューなら白でもアリ。もともとは白ばかり飲んでいたというのに、最近なんだか手が出なくなったのは、頭のどこかにこれが残っているからか。いや、赤のほうがダメなんだけども。

白ワインはは肌に悪いのかもしれない

一時はウイスキーへの切り替えを検討したものですが、相変わらずワインも飲んでおります。つまみはもちろん、素焼きナッツ。

素焼きアーモンドに飽きたらミックスナッツがおすすめ

よくよく考えたらもう6年間もナッツを食べ続けていることになるんだわ。自分でも呆れるほどに飽きないけども、別にこれといった健康・美容効果は感じておりません。ただ旨いだけ。

食べ始めた当初はいろいろ実感してたんだけど、きっともうその効果にも慣れちゃったんでしょう。元気に暮らせているのだから、これでいいのだ。

体に悪くなさそうなものが好物ってのは、何かとお得ですね。酒は体によくはないですね。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

糠漬け

野菜のおつまみ 新じゃがの煮ころがし、糠漬け。

何年ぶりでしょうか。 ついに大好物である糠漬け体制を構築しました。 夏の晩酌には

記事を読む

豚ロースとキャベツの白ワイン煮

ルクルーゼで豚ロースとキャベツの白ワイン煮。

肉だ肉!今日は肉! 厚切り豚ロースを引っ掴んで、今宵の肉祭りを誓う。 祭りはいい

記事を読む

蓬莱小町桜

岐阜の酒 蓬莱小町桜で晩酌 蒸し鶏のネギザーサイ和え、焼き大根。

東海地方に入りました。 ここまで来るとものすごく進んだ気がしてしまいます。 関連

記事を読む

イカ焼き 献立

イカの黒七味焼き、トマトと大葉のサラダ。

焼きイカに縁のない人生を送ってきました。 お祭りの夜店では焼きイカだよね、という方も多

記事を読む

青菜のナンプラー炒め献立

青菜のナンプラー炒め、手羽元と大根の煮込み献立。

にんにくをきかせた青菜炒め、となると、空芯菜あたりが気分でしょうか。 信州四賀 たべく

記事を読む

蒸し鶏のニラソース

蒸し鶏のニラソース、モロヘイヤときのこの梅ポン酢。

少々食材を買い足して、あれはこうしてこれはこう、などと頭の中で組み立てながら帰宅した夕方。

記事を読む

カヴァで家飲み 11/3 秋鮭と春菊のグラタン。

最近すっかり春菊づいている我が家の食卓。 ひと束買ったら、一人暮らしはとても1日では消

記事を読む

塩豚のトマト煮 献立

塩豚のトマト煮、蕪の葉としらすの炒めもの。

やってしまいました。 サラダにしようと思っていたトマト、うっかり凍らせてしまいました。

記事を読む

あじの煮付け献立とレシピ

あじの梅煮、ごぼうとにんじんの塩きんぴら献立。

鰺、あじ、アジ。 鮮魚売り場にて鯵と遭遇し、そういや以外と使用頻度が低いなと考える。過

記事を読む

蕪と塩豚のしょうが煮

晩酌メニュー 蕪と塩豚のしょうが煮、セロリとザーサイ奴。

予定通りの温かいもの。 そして蕪祭り。 ビジュアルがなんだか真冬の食卓、熱燗での

記事を読む

Comment

  1. バジル より:

    いつも柿やさつまいもといった甘い食材でもおいしそうなおつまみに変えてらっしゃるので、すごいな〜と思って拝見していましたが、今回の記事にある「柿と白菜のサラダ」自分でも作ってみました。

    柿とドレッシングの酸味が合ってすごくおいしいですね!白菜のシャキシャキとした食感とナッツ香ばしさも最高。
    アイデアに富んだ且つ私でも作れるようなレシピをいつもありがとうございます!

    次回は寒い夜にサツマイモのグラタンを作って、ワインを飲もうかな〜。

    • crispy-life より:

      バジルさん

      デザートとしてそのまま食べるのにはぜんぜん興味がないのですけど、年に1度はつまみとして食べたくなる。柿は私にとって不思議な距離感がある果物なんです。そして一口でいろんな食感がたのしめる料理が好きなもので、ナッツのカリッとした感じがあるとうれしくなるんですよね。

      調味料の配合など記しておらず、レシピというほどのものではありませんが、日々の家飲みのヒントになれば幸いです!

  2. […] 実はある方のブログでこのサラダを知ったのですが、柿を初めてサラダにしてみました。今までそのまま食べる以外の方法を知らなかったのですが、白菜のシャキシャキとも合って、ちゃんとサラダとしておいしい。オレンジが目にも嬉しいですしね。そして甘味が柚子の酸味とも合います。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

やりたいことをやる中年。

長年あたため続けてきた大イベントを、今月ようやく開催できまし

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

先月の携帯代は94円。

10年ぶりにスマホを契約してから、早1ヶ月が経過しました。約

→もっと見る

PAGE TOP ↑