野菜の黒酢炒め、オクラ納豆で晩酌。

公開日: : 家飯, 食べること

野菜の黒酢炒め

この手の野菜炒めを作るのは珍しいかも。

野菜炒めは野菜がちょこちょこあまりがちな一人暮らし世帯のお助けメニューではありますが、具沢山バージョンは面倒なのであまり作らない。いろいろちょこちょこ切り揃えるだけで疲れてしまう虚弱体質なのです。

が、どうにも処し難い野菜の切れ端が溜まっていたので全部入れてやりました。

諸事情により、本日はビールです。

野菜の黒酢炒め、オクラ納豆で晩酌

野菜の黒酢炒め、オクラ納豆で晩酌

  • 大根と蕪の葉の味噌汁
  • ぬか漬け
  • オクラ納豆
  • 焼き舞茸
  • 野菜の黒酢炒め

大根と蕪の葉の味噌汁

大根と蕪の葉の味噌汁

実は使ってしまって葉だけ余っていたので大根と合わせるというよくわからないことになった味噌汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは蕪とにんじん。そう、蕪の実はここに。

オクラ納豆

オクラ納豆

茹でて刻んだオクラを入れた納豆。味付けは付属のタレと辛子に海苔をたっぷり、ごま油をちょろり。

焼き舞茸

焼き舞茸

舞茸にオリーブオイルをまぶしてからオーブンで焼いたもの。粗塩を振って、すだちを添えて。

野菜の黒酢炒め

野菜の黒酢炒め

フライパンに油を引きしょうがの千切りを炒め、香りが出たら塩、胡椒、酒、片栗粉で下味をつけた豚肉を入れて炒めます。続いてくし形に切った玉ねぎ、細切りのキャベツを順に加え、しょうゆと黒酢で味付け。最後にニラを加えてざっと炒め合わせたら完成。

野菜いろいろ入れたつもりだったけど、改めて書き出してみたらたったの3種でした、というオチ。しょうががきいてやけに旨かったけれど、献立としてはデタラメ過ぎる。序盤は野菜炒めを中心に攻めつつビールをやり、その後日本酒に切り替えたのでした。

家飲みおつまみ

仲間はずれはだあれ?と分析するに、やはり野菜炒めか。しょうがと黒酢の存在で料理としてはうまくまとまったものの、他の4品の純和食っぷりの中でメインを張らせるのは酷だったかもしれない。寄り添うはもはやビールのみの四面楚歌。でも、舞茸の代わりが白ご飯だったとしたら定食メニューとして成り立つような気がしなくもない。

腹が痛くなるような食い合わせでなければ問題ないのだけど、あれこれ欲張って並べるとこういう落とし穴があるね。

 




関連記事

けんちん汁 白菜漬け キャベツ入り卵焼き えのきおろし 豚肉と白菜の酒粕煮

豚と白菜の酒粕煮、けんちん汁献立。

白菜と豚肉。 鍋に重ねて敷き詰めて、軽く塩と酒を振って火にかけるだけでいい酒のつまみに

記事を読む

柏餅をひとつだけ買えるか。

柏餅が食べたい。 もともと柏餅は好きなお菓子だけれど、やはりこの時期に食べたくなるのは

記事を読む

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立

ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入手しました。 私が見慣れぬ食材

記事を読む

男山 純米生貯蔵 (北海道・旭川市)

北海道の酒 男山純米生貯蔵で晩酌 さんまの梅煮、柿の白和え。

酒類は持ち帰るのが重いこともあっていつもは通販で購入することが多いのですが。 先日近所の酒

記事を読む

おかひじきときのこの味噌汁 ぬか漬け モロヘイヤ納豆 ごはん

休肝日ごはん モロヘイヤ納豆、おかひじきときのこの味噌汁献立。

モロヘイヤは今や日本国内ですっかりおなじみのネバネバ葉野菜となったのでしょうか。寂れた商店街

記事を読む

家飲み献立 12/11 鶏だんご鍋。

余った食材の使いまわしを考えつつ献立を組み立てる。 この作業を深刻に考えてしまうとなんだか

記事を読む

鹿児島の酒 薩州 正宗 純米吟醸で晩酌 ぶりの粕汁、焼きさつま揚げ献立。

本体は現在常夏の島にて軟禁状態にありますが、まだUPしていなかった晩酌記録をこの辺りで投下し

記事を読む

キャベツの味噌汁 ぬか漬け 砂肝ポン酢漬け きのこのホイル蒸し

きのこのホイル蒸し、砂肝ポン酢漬け献立。

きのこって1種類を焼いたり煮たりもいいけれど、いろんな種類を混ぜて料理すると格段に旨くなりま

記事を読む

バケットグラタンとサラダ

生ハムとマッシュルームのバケットグラタン、ナッツサラダで白ワイン。

グラタンとサラダでワイン。 となれば当然グラタンがメインのように見えるけれど本日に限っ

記事を読む

秋刀魚のしょうが煮

秋刀魚のしょうが煮、柿とくるみの白和え献立。

また秋刀魚です。 とりあえずは食べておきたい味付けを全てクリアしたいよね。ということで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

豚肉とにんじんのにんにく焼き
豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例え

未知の味、ミニマリスト主婦の困惑。

私がまだ10歳かそこらだったので、昭和50年代の話です。我が

→もっと見る

PAGE TOP ↑