鶏肝煮、おつまみ奴献立。

公開日: : 最終更新日:2017/10/05 家飯, 食べること ,

鶏肝煮献立

気持ち悪い。

自分で画像を加工しながら、ちょっとグロいなと思ってしまいました。

肉魚問わず内臓系が苦手という方は少なくないですが、やはりこのビジュアルの生々しさも手伝っての苦手、なのでしょうか。わからなくはありません。

ということで、本日の晩酌はいつのまにやら好物になっていたレバーと冷酒です。




鶏肝煮、おつまみ奴で晩酌

鶏肝煮、おつまみ奴で晩酌

  • えのきと油揚げの味噌汁
  • 小松菜の海苔和え
  • おつまみ奴
  • 鶏肝煮

えのきと油揚げの味噌汁

えのきと油揚げの味噌汁

本日の味噌汁は出汁を取らないラクラクパターンにて。えのきを水から入れてしっかり煮出し、油揚げを加えて味噌を溶き入れてねぎを散らします。

小松菜の海苔和え

小松菜の海苔和え

茹でた小松菜をちぎった海苔としょうゆで和えたもの。

おつまみ奴

おつまみ奴

木綿豆腐に刻んだ古漬けを乗せた酒のアテ感満載の冷奴。使用した漬ものは酸っぱくなったにんじん、なす、オクラのぬか漬け。小口に切ったねぎといりゴマを振ってごま油をまわしかけます。いつもは大葉を入れるのですが、なんと買い忘れたのでねぎで代用です。

鶏肝煮

鶏肝煮

鶏レバーは流水で洗い血のかたまりや脂肪を取り除いてキレイに掃除し一口大に切ります。鍋にしょうゆ、みりん、酒、薄切りのしょうがを入れ煮立てレバーを加え、そのままコトコト味を煮含ませ、最後は煮汁が少なくなるまで煮詰めたら完成。

鶏肝煮はすぐに食べられるけど、時間が経っても美味しいのでやや多めに作ってちびちび消費するのがいいですね、一度に大量に食べる類のつまみでもないしね。冷蔵庫で5~6日は保つはずなので、何回かに分けてケチケチ食べることにします。

日本酒にあうおつまみレシピ

子供の頃はレバーが食べられなくて云々、という話を以前もしましたが。

関連 鶏レバーソテー、じゃがいものクリームチーズ和えで赤ワイン。

子供の頃の好き嫌いは食べず嫌いとか美味しい状態で食べたことがない、単に味覚が幼稚などの理由が大きく、大人になるとあっさり克服できるものが殆どである気がするのですがどうなんでしょうか。少なくとも私はそうでした。レバーとか、セロリとか、きゅうりとか、あとなんだ。あれ?そんなに好き嫌い多くなかったのかな?

いろんなものを好き嫌いなく美味しく食べられるのはラッキーな気もするけど、嫌いなものをわざわざ無理して食べなくてもいいじゃないか、とも思う。

「レバー嫌いでも食べられるレシピ」とか、気持ちはわからなくもないけど、レバーのない人生に不自由はないんだし、ねえ。とかなんとか言ってみる。これは別にどうしても食べられないものがある人間の負け惜しみではありません。ありませんよ?

 






関連記事

カレイのゆず昆布蒸し

カレイのゆず昆布蒸し、キャベツの梅おかか和えで晩酌。

ゆず、ゆずなあ。 昔地元に豚肉と白菜をゆず風味で蒸した料理が名物の店があって、それはす

記事を読む

ボイルドレバー

ワインで家飲み トマトとヨーグルトのサラダ、ボイルドレバー。

久しぶりにワインを仕入れました。 おかげで朝から今夜はワイン、ワイン、と、周りから見る

記事を読む

taiwan-foods57

人生のど真ん中を失うということ。

先日たまたま目に入った記事を読んでびっくり。 アニサキスにあたって、一生ほとんどの魚が

記事を読む

141217d

家飲み献立 12/17 白菜と春雨のうま煮、トマトのナムル。

1時間ほどサーバーが落ちていました。 アクセスして下さった方にはご迷惑をおかけして申し

記事を読む

太白ごま油レシピ

青菜と豚肉のごま油蒸し、きくらげと豆腐の生姜スープ。

随分昔にサンプルの小さい瓶で白いごま油をいただいたことがあります。 ごま油、といえば例

記事を読む

ぬか漬けの卵炒め献立

ぬか漬けの卵炒め、ピーマンとツナの和えもの献立。

今年もぬか漬けの季節がやってまいりました。 毎年5月6月あたりにシーズン開幕となるので

記事を読む

豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズ和え

キャベツの塩昆布炒め、豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズで家飲み。

キャベツがあるならいつもの塩昆布和えが食べたいなと思うも、寒い。 菜の花の出現にもう

記事を読む

つくねと生のピーマン

家飲みつまみ 黄身つくねと生ピーマン、白菜のサラダ。

鶏団子はスープとか鍋物とか、とにかく 「茹でる」 という調理法を用いることが圧倒

記事を読む

白菜漬け わかめと新玉ねぎの味噌汁 蕪とツナのサラダ エリンギの卵とじ

エリンギの卵とじ、蕪とツナのサラダ献立。

三つ葉と卵があるとどうにも卵とじが食べたくなります。 卵とじに加えるならば青ねぎでも白

記事を読む

ど辛 純米

秋田の酒 ど辛 純米で晩酌 肉玉子炒め、じゃがいもとにんじんのごま塩まぶし。

今日は忘れずに酒屋に寄って帰宅。 酒屋で店頭の入荷情報貼り紙を見ると、秋田の酒のがちら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

new-ipod
携帯電話を持たない人、電話で会話したい人。

相変わらず電話が苦手なので、通話頻度は減少の一途を辿っています

秋刀魚のしょうが蒸し
秋刀魚のしょうが蒸し、キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え献立。

さんま、サンマ、秋刀魚の季節になりました。 今年は豊漁と

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

→もっと見る

PAGE TOP ↑