パクチーが食べられない日本人がタイで暮らせるのか?

公開日: : 最終更新日:2017/04/25 旅人への道, 食べること

herb

食の好みは年齢とともに変わるけれど、中には一向に食べられるようになる気配が訪れないものがあります。

それは、パクチー。

所謂ハーブ類はどちらかというと好きなほうだし、薬味系も好き。紫蘇もパセリもセロリも木の芽も春菊も、匂いのあるものはどちらかというと「好物」にカテゴライズされます。

なのにパクチーのハードルの高さときたら。




食わず嫌いじゃありません

言い訳をさせてもらうと決して食わず嫌いではないのです。何度も、何度もチャレンジして、でもやっぱりダメだった。だから

「えー、食べてたら慣れて病み付きになるって!」
「パクチーダメなんて、ちょっと人生損してるよねー」

とか言われると無性に腹立たしいのです。だって何度頑張っても、ダメなんだもの。

最近ではこんなデータも出てきて、もしかして私も?なんて思ったり。

参考 パクチー好きな人嫌いな人、遺伝子レベルで決められている?(西日本新聞)

米国の遺伝子解析会社は2012年、パクチーが好きな人と嫌いな人では嗅覚受容体の遺伝子に変異があり、パクチーに含まれる芳香成分アルデヒドを感じる度合いに差があると発表。

遺伝子の話になるともはや為す術もなし。

そういや昔、仕事で知り合ったばかりの女性と食事に行こうということになり彼女に店選びを任せたら

「タイ料理にしましょう」

と言われました。

「いいですね、タイ料理。パクチー食べられないんですけど」

と答えたところ静かにほほ笑んであっさり店を変更されたあの気まずさが未だに忘れられません。

あれからというもの、ああ自分のようなイケてない(パクチーが食べられないとなんだか子どもっぽいというか、馬鹿舌風というか、なんかちょっとした敗北感があるのです)非パクチー民はタイ料理店へ行こうなんて大それたこと考えちゃいけないんだ、と思い込み、タイ料理全般とは一切関わらないように目立たないようにひっそりと生きてきました。

日本で普通に生活してたらタイ料理とうっかり遭遇するなんてことあんまりないしね。

 

パクチー嫌い、タイでの食事は大丈夫なのか?

chiangmai28

だから当然、パクチー大国であるタイなんて一生行くもんかと思っていました。

なのに人生とは不思議なもので、何故か暫く滞在することになってしまったのです。もちろん最初にインプットしたタイ語は『マイサイパクチー(パクチー入れないで)』でした。

で、その結果。

thaisoup

非パクチー民でも、タイ料理って全然問題ないんですね。

タイ料理といえばなんでもかんでもパクチーまみれなのかと思っていたけれど、そもそもパクチーを使ってない料理もたくさんあるし、スープにきざんで少々入っている程度なら私でも問題なく食べられる、ということがわかったのです。

非パクチー民=非タイ料理民では絶対になかった!

なのになぜ彼女はあの日タイ料理から私を遠ざけたのか。

おまけに、バンコクは屋台とか屋台に毛が生えたような安くてそこそこ旨い店がたくさんあって、おまけに1品の盛りが比較的少ないというひとり酒王国。なーんだ、もっと早く来たらよかった、なんて。

もち米と食べるイサーン料理

thai food21

バンコク滞在時は辛くてハーブがきいたタイ東北部、イサーンの料理をよく食べました。

参考 イサーン(東北部)(タイ国政府観光庁)

通りにずらっと並んだ屋台。豚ののど肉を使った「コームー・ヤーン」とか、酸っぱ辛い「ラーブ」、パパイヤサラダ「ソムタム」なんかともち米をつつきながらムッとした暑さの中でビールを呑むのは楽しかったなあ。
さっぱりなのに旨みのあるスープに生卵を絡めた肉と野菜をを小さな鍋に入れて煮込むチムチムもなかなかイケる。
そして忘れちゃならないカオマンガイやグリーンカレーももちろん楽しみました。

そうそう、タイ料理といえばバンコクで有名なカオマンガイのお店が渋谷にできましたね。カオマンガイ700円か…うーん。

本場の味が東京でも食べられる、というのは便利なようでやっぱりつまんない。

これは外国にいても思うことだけど、異国にいて日本のチェーン店とか見かけると、そしてそのメニューが日本とおんなじだったりすると、なんかがっかりしませんか。

わがままだとはわかっているけど、どこの都市も大型ショッピングモールが乱立して大手チェーンレストランだらけになって、何が面白いのかと思う。もっと、地域性を楽しもうよ、「居ながらにして楽しめる」じゃなくて、旅に出たからこそ享受できる楽しみも増やそうよ、って。思いませんか?

と、話が逸れましたが、パクチーが食べられないからといって一生行かないだろうと思っていたタイなのに、多分また住むことになりそうな気がします。以前と比べてビザが厳しくなってそうなのが気がかりだけど。

※2015年 バンコク滞在時の外食記録を追記しました
関連 一人でもマッサマンカレーが食べたい!バンコク女性一人旅の食事 その1。

※ちなみに台湾の香菜も恐れていましたが平気でした。
関連 台湾一人旅でもローカルフードを楽しみたい!台湾一周旅行の食事 その1。

 






関連記事

141107d2

一人暮らしの鍋料理 11/7 ひとりモツ鍋、柚子白菜で焼酎。

これからの季節、鍋確率が跳ね上がるよ! と、昨夜宣言したばかりですが今夜も鍋です。

記事を読む

岡山の酒 碧天 純米吟醸 無濾過生原酒

岡山の酒 碧天 純米吟醸 無濾過生原酒で晩酌 鯖と新玉ねぎのサラダ。

岡山までたどり着きました、順調です。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 対象地域の酒

記事を読む

ぬか漬け奴

ぬか漬けおつまみ奴、たぬき蒸しなす献立。

長きに渡りぬか床に放置され、酸っぱく塩っぱく漬かりきったぬか漬け。 彼らの救済策として

記事を読む

油揚げの葱味噌焼き献立

きつね葱味噌焼き、小松菜のオイル蒸し献立。

先日テレビでつくりおきダイエット云々というのをやっていました。 最近妙に人気があるらし

記事を読む

きのこの黒酢炒め

きのこの黒酢炒め、パセリポテトサラダ献立。

海坊主。 自分で作って、撮っておきながら、海坊主を思わずにはいられない。 常日頃

記事を読む

kanga

旅の荷物、便利な小細工と必需品。

雑誌やサイトで 「女性の海外旅行の必需品は?」 などというお題でいろんなグッズを

記事を読む

キャベツ入り卵焼き献立

キャベツ入り卵焼き、トマト納豆献立。

キャベツ、卵、納豆、トマト。今週は同じ食材で似たようなものばかり食べてますね。 理由は

記事を読む

By: Tom Beatty

旅行鞄をスーツケースからトートバッグにチェンジ。

By: Andrei Dimofte[/caption] セブ島に到着して早2週間が経過しま

記事を読む

By: greg westfall

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

先月バンコクからフィリピンへのフライトの際にマニラ空港で8時間のトランジットがありました。

記事を読む

airportromance

ミニマリストとスーツケースの選び方。

ミニマリストとスーツケースはなんだかセットで語られることが多いような。荷物を詰め込んで即飛び

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑