豚肉とごぼうの柳川風、かぼちゃとわかめの味噌汁献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

豚とごぼうの柳川

ごぼうって、面倒な野菜だと思っていました。

他の野菜と比較すれば一目瞭然、相当量の泥が付着している点がその理由かと思われます。洗うの面倒くさいわ、と。キッチンが無駄に汚れるじゃないか、と。

さらには皮をどれくらい剥くのが正解なのかもわかりづらく、かといってキレイにしすぎると風味が飛んでしまうという気難しさがこれまた腹立たしい。

全く扱いづらいったらありゃしない、と思い続けていたのだけれど、味は好きだから食べたいという複雑な関係。惚れた弱みってヤツですね。

豚肉とごぼうの柳川風、かぼちゃとわかめの味噌汁で家飲み

豚とごぼうの柳川献立

  • かぼちゃとわかめの味噌汁
  • ぬか漬け
  • かぶの梅和え
  • 豚肉とごぼうの柳川風

かぼちゃとわかめの味噌汁

かぼちゃとわかめの味噌汁

余っていたかぼちゃの塩煮をわかめと合わせて味噌汁に。出汁はいりこ、かぼちゃに味が付いている分味噌はやや少なめにしました。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはオクラと大根、キャベツ。

かぶの梅和え

かぶの梅和え

叩いた梅干しをオリーブオイルと酢で伸ばしたもので、薄切りにしたかぶとさっとゆでて刻んだかぶの葉を和えます。

豚肉とごぼうの柳川風

豚肉とごぼうの柳川

フライパンにしょうゆ、みりん、酒を入れ火にかけ、豚薄切り肉を煮てアクを取り除きます。ささがきにして軽く水にさらしたごぼうを加え、材料に火が通ったら溶き卵を投入。蓋をして蒸らし、卵がかたまったらうつわに盛ってさらしねぎをたっぷりのせて黒七味を振ります。

卵とじ系のつまみには三つ葉を使うことが多いけれど、今日はどぜう丸鍋っぽくねぎたっぷりバージョンで。ごぼう出汁って酒が進む味だよねえ。

日本酒にあうおつまみ

気難しいごぼうとの付き合い、近年では良好なものへと変化しました。その理由は、私が雑に扱うようになったから。

泥は確かに厄介だけど洗えば済むことだし、皮は向かずに包丁でガガガとそぎ落とすだけでいい。どうやったら一番キレイに早くできるかとささがきに四苦八苦した時代もあったけれど、結局のところ一番オーソドックスな鉛筆削り方式がいい。出来上がりの色合いより味重視だから、水にはさっとさらすだけでいい。

ごぼうを使ったおつまみレシピ

おまえなど特別扱いしてやるものか、という強硬な姿勢が敵の戦闘力を弱めたのでしょう。ってのはもちろん戯言ですが、根菜類好きなのでごぼうももっと積極的に食べたいです。

 




関連記事

小さい里芋の蒸し焼き

かぶと豚肉の梅炒め、小さい里芋の蒸し焼き献立。

小さい里芋。もっと他に言い方はないのかと考えてはみたけれど、やっぱり小さい里芋としか表現でき

記事を読む

親子煮献立

親子煮、ゴーヤとツナのサラダ献立。

卵と鶏もも肉だけではさほど心は動かないが、そこに三つ葉が登場すれば話は変わってくる。

記事を読む

ラード使用チャーハン

ねぎチャーハン、小松菜のナムル献立。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライス献立。 私にとってのチ

記事を読む

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、ほうれん草のからし和え献立。

鶏肉とごぼうで、鶏ごぼう。ごぼうみたいな無骨な野菜と合わせるならばジューシーなもも肉のほうが

記事を読む

きつね納豆

きつね納豆、みつばときのこのおひたし献立。

ねえねえ、買って!これ買って! 頬が赤い愛くるしい女児(推定4歳)が母親のコートの袖口

記事を読む

他人丼献立

他人丼で休肝日。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日を設ける習慣がここ何年も続いて

記事を読む

焼き大根、ピーマンの丸煮献立

焼き大根、ピーマンの丸煮で晩酌。

焼き大根、ピーマンの丸煮。 地味野菜ばっかりじゃないかこの草食が、と罵られそうな献立で

記事を読む

焼きかぶ、蒸し鶏と青菜のわさび和え献立

焼きかぶ、蒸し鶏と三つ葉のわさび和え献立。

見かけたらついつい買ってしまうのだけれど、大ぶりのものが2つ3つあると思いの外持て余してしま

記事を読む

シェアハウスで料理 8/22 何も作らない晩ごはん。

今週はあれこれ作ってちょこちょこ残していたので、今夜は作りおき食材メインで晩御飯です。 わ

記事を読む

きのこスープ

スープを3日間食べ続けて旅行の疲れを癒す。

旅行から帰るとかなりの確率で増量します。で、増量分は帰宅後3日で落とす、というスタイルがここ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑