自分のスケールを悟る頃。

公開日: : 最終更新日:2017/07/19 これからの働きかた, 生き方と考え方

サグラダファミリア

先日久しぶりの友人と食事をしました。

久しぶりって、3年ぶりとかそれ位。

お互い都内在住なのに会わない時はスコンと会わないねえ、などと言いながらお互いの近況を報告し合う。

さて顔を合わせなかったこの3年間、私は日々のほほんと暮らしておったわけですが、彼女のほうはなかなか激動の時期だった模様です。

自分のスケールを悟る頃

nakano-st17

彼女は40代でフリーランス、ファッション関連のクリエーター。職種は違えど、私と割と似た生活をしている女性です。

聞けばこれまでの活動が実って多忙な日々が続いており、2年ほど前が忙しさのピークだったとのこと。

が、ふとしたきっかけで仕事量が減った時、それまでの無理が祟ったのか緊張の糸がぷっつりと切れてしまった。あれ、私、これからどうしたいんだっけ?と突然考え込んでしまったと言います。

若い頃は業界のトップクリエーターの活躍に憧れ、このまま努力を続ければ自分もその位置に辿り着けるのだと信じて疑わなかったけれど、ふと気づけばすでに40代。若手と呼ばれた時期はとうに過ぎていて、けれど、あの頃目指していた場所にいるわけでもない。

夢中で努力してきたけれど、結局私の実力ってこの程度だったんだな。

「自分の限界がようやく見えた」

その時の気持ちを、彼女はそう表現しました。

そろそろ、ちゃんと生活しよう

moalboal_2016_42

自分の限界を知った。それでも人生は続く。

これまでは仕事でいっぱいいっぱいで、それでいいと思っていたし、それ以外の生き方があることすら考えていなかった。でも、こうしてぽかんと時間ができると、ずっと仕事以外は何もせずに生きてきてしまったんだなと痛感し、さらに落ち込む。

部屋に閉じこもって鬱々と内省を繰り返し、彼女が出した結論は

「そろそろ、ちゃんと生活しよう」

ということでした。

未来の自分を信じて必死で頑張ってきた時間は無駄ではない。でも、40代、50代と年齢を重ねていくにあたって、これまでと同じペースで仕事を続けられるとは思えない。ならば、この辺りでこれからの働き方や生き方について真剣に考えたほうがいいのではないか。

関連 40代、50代の望まない転職・再就職事情。

本人曰く「引きこもり一歩手前」の状態で、自分自身と向き合う日々を経て、彼女は渋谷のオフィスを閉鎖して管理作業とコストから身軽になる選択をしました。そして時間の余裕を活用してふらっと旅に出たり、興味はあったけれど忙しいからと先延ばしにしていたダイビングのライセンスを取得するなどしながら、仕事以外は何もすることがない自分からの脱却を模索する日々を送ったそうです。

仕事が忙しいことを言い訳に、一番大切な生活をおろそかにしていた。だからこそ、これからは仕事を含めた生活全てを立て直したい。

そんな言葉を聞いて、これがリアルな人生だよなあと思ったのでした。

ていねいな暮らしごっこでは何も解決しない

ちゃんと、生活する。

彼女の考えたそれは部屋をきちんと整頓するとか、手間暇かけて料理を作るとか、なんなら自家製の梅干しを漬けたりガーデニングを始めるなんていうていねいな暮らしごっことは全く別のベクトルの話なのだろうなと考える。

暮らしの見直しとなるとワークライフバランス云々とかていねいな暮らしがどうだとかはたまた勘違い自分探しみたいな方向に行きがちだけれど、プライベートも遊びも仕事も夢も希望も、そして諦めさえも全部ひっくるめて、さらに残された時間を考慮しつつこれからを考え実行に移す。それがちゃんと生活する、ということなのだろうと。

もちろんていねいな暮らし的なものを否定しているのではありません。ちゃんとした生活にシフトすべく本気になったら、全然ほっこり癒しのひとときなんかにならなくて、むしろ相当泥臭い痛みを伴うよねって話です。

あの頃に夢見た場所とは違うけど

ny_dt_48

ここ数年で彼女が挑戦したあれこれもちょっと遅めの自分探しみたいに見えるかもしれないけれど、実はやったこと自体にはそんなに大きな意味はなくて、泥まみれになりながらも自分の枠を広げる活動をしつつ真剣に自分と向き合う時間を持ったことこそが重要だったのかも。

いつも賑やかな輪の中にいて、孤独とはまるで縁のなさそうに見える彼女だからこそ、突然やってきた静かな時間で得たものは大きいのではないかしらと思うのです。

関連 逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

さて、40代に突入した途端厳しい時間を過ごした彼女。暗くて寒いトンネルを抜けた後は仕事でも新たな扉を開け、現在は以前とは違った多忙な日々を送っています。

一旦迷い、立ち止まったからこそ視野が広がって飛び込んだ新たなステージ。そこはあの頃夢見ていた場所とは違うけれど、そう悪くはないのと笑う。

関連 小さな暮らしも素敵だけど、大きな家ってやっぱりいいよね。

うん、それでいいと思う。いつだって予定は未定、別の道が見えたならガンガン進めばいいと思う。

タイムマシンで19の乙女が40過ぎた自分の姿を見に来たら、ああ夢は叶わないのねとがっかりするかもしれないけれど、今の自分は過去の自分の夢を叶えるために生きているわけじゃないもんね。

 




関連記事

シンプル 瞑想

チェンマイの寺でお坊さんに教わったシンプルな瞑想法。

今回チェンマイまで足を伸ばしたのはとあるお寺で瞑想を体験するためでした。 参考 タイ

記事を読む

一般的な幸せで私が満足するかどうかはわからない。

なるほど、と思ったブログ記事をシェア。 多くの人は、「自分には新しいモノを手に入れる能力がないか

記事を読む

嵐のよるに。

40年以上生きていれば否が応でもいろんな経験をしてしまうもの。長く生きていればその分災害に合

記事を読む

複数のコミュニティに参加することの重要性。

コミュニティ。 そう表現するのはいささか大げさな気もしますが、全然違う生き方や考え方を

記事を読む

副業を始めるために必要な2つの要素。

知人(40代前半男性)が、副業を始めました。 彼は超大手企業にお勤めのエリートだし、特

記事を読む

NYメトロカードの購入方法

フィッシング詐欺被害者の情けなさ。

知人が旅先でフィッシング詐欺被害に遭ったという。 あなたの口座から引き落とし、支払いが

記事を読む

誰もが今日も、ダイエットランドで。

「ダイエットランド」は、どんなストーリーなのか見当がつかない状態で見始めました。 タイ

記事を読む

マスクを外す、その日が怖い。

「オンラインミーティングなのに、マスクつけてる女の子いるよね、あれ、何の意味もないよね(笑)」 S

記事を読む

新しいものが、早々となくなっていく感覚。

何も調べていない状態なもので素っ頓狂なことを書きそうですが、itunesがなくなるって、何を

記事を読む

嫌な気分から素早く立ち去る方法。

おじさん頭もすっかり板についてきた今日この頃。 色気のないショートはおばさんを飛び越え

記事を読む

Comment

  1. meme より:

    いつも拝見するだけだったのですが(そして毎回楽しませていただいているのですが)、今日は満腔の同意を示したく、コメント欄を探しだしました。コメント欄あるんですね(あってよかったです!)、すっごく下の方なので日参しているブログなのに今日まで知りませんでした。
    今日の記事、とても深くしみました。特に最後の3行!これ、30代後半以降のひとの多くが「そうそう!」って言いそうだけど、それをこんなふうに言葉で表現できるひとってあんまりいないんじゃないかな。すくなくとも私はこの文を読んでハッとしました。深く共感する文章って、「私もずっとそう思ってた!」と思わせてくれるというか、いっそ懐かしいような気持ちにまでさせてくれますけど、じつは「ずっとそう思ってた」わけでは全然なくて、文章に書かれたのを読んで、はじめて、体内に充満していた「気分」が結晶するんだと思うんですよね。
    あー、すっきりした。そう、過去の私の夢をかなえるために生きてるんじゃないのです。
    ありがとうとお伝えしたくて、いきなりの長文コメント、失礼いたしました。これからもひっそりと楽しみに伺います。

    • crispy-life より:

      memeさん

      コメントありがとうございます。

      言われてみればそうですね、コメント欄ひっそり存在し過ぎてますね。ユーザビリティ的にはもう少しわかりやすい位置にあるほうがいい気がしますが、何しろ臆病者なもので細工ができず…。

      ところでこちらこそ嬉しいご感想をお寄せいただいてありがとう、と大声でお伝えしなければなりません。そしてこの記事にこんな素敵なコメントをいただけるなどとは夢にも思わず、翌日調子に乗って書いたジュリーのくだりでいろいろ台無しにした感は否めませんが、とにかく、ありがとうございました!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行って

→もっと見る

PAGE TOP ↑