ぶりの酒蒸し、わかめの梅煮で家飲み。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 家飯, 食べること ,

鰤の酒蒸し

先日書いた千葉の酒・五人娘。

関連 千葉の酒 五人娘 純米で晩酌 うるいのおひたし、生わかめ炒め。

昨夜、改めて白い酒器に注いでみたらかなり濃い色をした酒だったことが発覚しました。
おおお、こんな褐色をしていたのか。初日は黒っぽい猪口で呑んでたから気付かなかったわ。

色とかとろみなんかを確かめるにはやっぱり蛇の目の利き猪口ってのは有効なのかもねー、と検索してみたら、保温器付き酒器利き猪口付なるものを発見。あれ、私がこの酒器買った時はこんなセットなかったような…?

ぶりの酒蒸し、わかめの梅煮で晩酌

鰤酒蒸し献立

  • 白菜漬け
  • 野菜の味噌汁
  • うるいのおひたし
  • わかめの梅煮
  • ぶりの酒蒸し

うるいのおひたし

うるいのおひたし

野菜の味噌汁とおひたしは昨日の残り物。味噌汁を作る時は2杯分作って翌日分は味噌を溶き入れる前の状態で取り分けています。

わかめの梅煮

わかめの梅煮

塩、みりん、醤油で薄く味付けした昆布出汁で生わかめと梅干しをさっと煮てさらしネギをたっぷり添えたもの。

ぶりの酒蒸し

ぶりの酒蒸し

フライパンにざく切りのキャベツを置いた上に塩を振って一口大に切ったぶりの切り身を並べ、生姜の千切り、塩、酒を回しかけて蓋をし火にかけます。ぶりがふっくらとしてキャベツがしんなりしたら完成。このままでも、ポン酢や醤油をかけても。

ちょうど魚売り場のお兄さんがぶりの切り身を並べているところにタイミングよく入店。好みの形状よりどりみどりでラッキーでした。いつもはぶりカマで作る酒蒸し。今回は切り身しか手に入らなかったのですが、これもいいね。

日本酒にあうおつまみ献立

前日とほぼ変わり映えのしないメニュー、食材でまたまた生わかめ。
このわかめ煮、イメージ的には梅わかめうどんのうどん抜き、蕎麦でいう天ぬきみたいなもんですね。
梅昆布とか梅わかめうどんがすごく好きなんです。梅干しが入ると出汁にも風味がついて逆に梅干しの酸味は和らいで旨いよねえ。うどんに限らず、煮魚に梅干しってのも好き。梅ってえらい。

野菜も海藻もたっぷり取れたし、久しぶりに魚が食べたい気分だったので満足。
今週は珍しく肉抜きでいってみるかな。

 




関連記事

1人暮らしの晩ご飯 8/29 2色ピーマンの炒め物。

うーん…今日も肌寒い1日でしたねえ…。 ここ数年、日本の気候はあきらかにおかしくなっていると感

記事を読む

さつまいもと豚肉のしょうが煮

さつまいもと豚肉のしょうが煮、セロリのおひたし献立。

甘いさつまいもは塩や味噌。チーズ、しょうゆなど、塩辛い味付けにするのが好きです。焼いて粗塩振

記事を読む

牡蠣と春雨の炒めもの

牡蠣と春雨の炒めもの、わかめと卵のスープ献立。

近所の店で広島産の大ぶりな牡蠣が小分けで、しかも安くで売られている。あれをどうしてやろうかと

記事を読む

素焼きアーモンドを食べ比べてみた。

素焼きアーモンドなら1日20粒くらい食べてもいいということを知りました。 参考 おやつ

記事を読む

豚ロースの梅照り焼き

豚ロースの梅照り焼き、蒸しなすサラダ献立。

そろそろ魚よねえ、魚。 肉が毎日続くのはそう苦にならないし、肉も魚もない野菜メインの献

記事を読む

わかめと玉ねぎの味噌汁 紅芯大根の漬もの きのこ梅おろし 豚肉ともやしの酒蒸し

豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろし献立。

たまにワシワシと頬張りたくなるもやし。 季節問わず簡単に手に入り、しかも控えめなお値段

記事を読む

鶏むね肉のトマトだれ献立

鶏むね肉トマトだれ、わかめのねぎ和え献立。

トマトだれ、という表現も如何なものかと思いますが、ソマトソースと呼ぶには少々気がひける。よっ

記事を読む

鯖と白菜の味噌煮込み

家飲みメニュー 鯖と白菜の味噌煮込み、蕪の葉の辛味炒め。

さあ、どんどん献立が怪しくなる時期がやって参りました。 自宅を一定期間留守にする場合は

記事を読む

手羽元と白菜の煮込み献立

手羽元と白菜の煮込み、ピーマンの塩昆布和え献立。

黒酢煮を作ろうと考えて、手羽元を仕入れる。 なのに夕方になってやたらと肌寒くなってきた

記事を読む

煮こごり

焼き油揚げの納豆のせ、煮こごり献立。

油揚げに納豆を詰め込むきつね納豆。ここではちょくちょく登場する定番つまみです。 きつね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑