ぶりの酒蒸し、わかめの梅煮で家飲み。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 家飯, 食べること ,

鰤の酒蒸し

先日書いた千葉の酒・五人娘。

関連 千葉の酒 五人娘 純米で晩酌 うるいのおひたし、生わかめ炒め。

昨夜、改めて白い酒器に注いでみたらかなり濃い色をした酒だったことが発覚しました。
おおお、こんな褐色をしていたのか。初日は黒っぽい猪口で呑んでたから気付かなかったわ。

色とかとろみなんかを確かめるにはやっぱり蛇の目の利き猪口ってのは有効なのかもねー、と検索してみたら、保温器付き酒器利き猪口付なるものを発見。あれ、私がこの酒器買った時はこんなセットなかったような…?

ぶりの酒蒸し、わかめの梅煮で晩酌

鰤酒蒸し献立

  • 白菜漬け
  • 野菜の味噌汁
  • うるいのおひたし
  • わかめの梅煮
  • ぶりの酒蒸し

うるいのおひたし

うるいのおひたし

野菜の味噌汁とおひたしは昨日の残り物。味噌汁を作る時は2杯分作って翌日分は味噌を溶き入れる前の状態で取り分けています。

わかめの梅煮

わかめの梅煮

塩、みりん、醤油で薄く味付けした昆布出汁で生わかめと梅干しをさっと煮てさらしネギをたっぷり添えたもの。

ぶりの酒蒸し

ぶりの酒蒸し

フライパンにざく切りのキャベツを置いた上に塩を振って一口大に切ったぶりの切り身を並べ、生姜の千切り、塩、酒を回しかけて蓋をし火にかけます。ぶりがふっくらとしてキャベツがしんなりしたら完成。このままでも、ポン酢や醤油をかけても。

ちょうど魚売り場のお兄さんがぶりの切り身を並べているところにタイミングよく入店。好みの形状よりどりみどりでラッキーでした。いつもはぶりカマで作る酒蒸し。今回は切り身しか手に入らなかったのですが、これもいいね。

日本酒にあうおつまみ献立

前日とほぼ変わり映えのしないメニュー、食材でまたまた生わかめ。
このわかめ煮、イメージ的には梅わかめうどんのうどん抜き、蕎麦でいう天ぬきみたいなもんですね。
梅昆布とか梅わかめうどんがすごく好きなんです。梅干しが入ると出汁にも風味がついて逆に梅干しの酸味は和らいで旨いよねえ。うどんに限らず、煮魚に梅干しってのも好き。梅ってえらい。

野菜も海藻もたっぷり取れたし、久しぶりに魚が食べたい気分だったので満足。
今週は珍しく肉抜きでいってみるかな。

 




関連記事

三つ葉の卵とじ献立

三つ葉と揚げの卵とじ、根菜の酒粕味噌汁献立。

寒い。 言ったところで何の解決にもなりませんが、寒いですね。 寒い夜には当然、あ

記事を読む

一番好きな倶楽部方式。

どうもダラダラしてしまうな。そんな自覚があったので、1年ほど前にルールを改善しました。

記事を読む

ゆで野菜と卵のサラダ

豚しゃぶおろし和え、ゆで野菜と卵のサラダで家飲み。

固ゆでか、それとも半熟か。 迷いながら卵を茹で始めて、でもやっぱり半熟にしようかね、と

記事を読む

喜久酔 特別純米

静岡の酒 喜久酔 特別純米酒で晩酌。砂肝の葱和え、えのき納豆。

少々久しぶりの感がある日本酒ツアー。 何か訳があって止めていたわけではなく、単に東海地

記事を読む

シェアハウスで料理 8/24 豆腐、卵、トマト、キャベツ…定番素材であっさりと。

昼寝の後、散歩がてら隣町まで歩いて行くと、なにやら小さな夏祭りが催されていました。 祭り、とい

記事を読む

イカとセロリの和え物

イカとセロリの中華和え、梅紫蘇奴。

毎日のメニューを予めしっかり決めて、材料もきちんと揃えて日々調理する。 これはなかなか難し

記事を読む

ニャチャンでネムノンを食べる

戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約1年手つかずのまま放置していま

記事を読む

焼きまいたけ献立

焼き舞茸、干しあみエビと白菜の煮もの。

昨秋は突然えのきブームが到来したり、旅行明けにはきのこスープでせっせとリセットしたり。

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、小松菜のしらすおろし和え献立。

つまみバリエーションはそう多くない我が家の食卓ですが、中でもきつね納豆登場回数はかなり多いの

記事を読む

鶏出汁エスニックそうめん

休肝日ごはん 鶏出汁エスニックそうめん献立。

久しぶりに行ったベトナムの食感覚を体が舌が覚えているうちに、それらしい何かを作ってみようと考

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑