台南 サバヒー粥の朝食コースが楽しいおしゃれリノベホテル 台湾一周一人旅。

公開日: : 最終更新日:2016/09/30 旅人への道, 食べること

tainan_15

台湾一周で利用したホテルシリーズの続きです。

道中で最も長く滞在したのは台南。

関連 台湾一周一人旅 林百貨店に国立台湾文学館、台南の街を散策する。

台湾通の友人から台南にはちょっといい感じのホテルや民宿がいろいろあるよ、と聞いていたので台南ではゲストハウスではなくリノベーションホテルを選択したのでした。

台南の小さなリノベーションホテル

tainan_10

最初狙っていた部屋数の少ない民宿は残念ながら満室だったので、次点であったホテルJia-Jia-at West Market Hotelを予約。漢字表記は「佳佳西市場旅店」。台南駅からはタクシーで5分程度。歩いて移動できなくもない距離ですが、荷物があったり暑すぎたりするとちょっとキツイかな。

tainan-hotel16

外観はヨーロッパの小さなホテルといったイメージ。
閉鎖後30年近く放置されていた老舗ホテル跡をリノベーションして2009年に現在の形に。部屋ごとにコンセプトが異なるデザインを採用したちょっと凝ったインテリアが特徴のホテルです。

tainan-hotel18

tainan-hotel19

有料で自転車のレンタルが利用できるのですが、バイクの多さにビビった私は結局利用せず。台南観光、自転車があると俄然ラクなんだけどねえ。

tainan-hotel15

こちらはフロント。

tainan-hotel23

フロント前にはこちらのオーナーさん?が手がけられているらしいブランド「小鳥衣衣(Little Birds Tweet)」のアイテムが並べられています。

tainan-hotel24

この布製のパンプスがすごく可愛い、欲しい!と、買う気満々だったのですが

tainan-hotel25

サイズがどれもこれも、デカイ…。靴下を履いてもゆるゆるだったので諦めました。柄のバリエーションもすごく多くて素敵なのがいっぱいあったのだけれど、残念。靴ばっかりはねえ、サイズが合わないと履けないもんね。

tainan_6

tainan-hotel9

こちらは2Fのラウンジスペース。

tainan-hotel10

窓が広くとられていてとても明るい。こちらのスペースは日本人建築家・藤本壮介氏によるデザインなのだとか。

tainan-hotel8

タイのデザイナーものだというストローチェア。案内してくれた若い女性スタッフさんが何度も何度も

「これ、すっごく高いの!!!」

と強調しておられました。そんなこと言われたらおちおち座れないじゃないか。座ったけど。

tainan_7

tainan-hotel13

tainan-hotel12

コーヒーはご自由に豆を挽いて召し上がれ、ということなので

tainan_8

ありがたく利用させていただきました。こうしてきちんと全てがセットされてるとコーヒー豆挽くのも面倒じゃなくていいね。

tainan-hotel7

tainan-hotel11

こちらもご自由にどうぞ、の焼き菓子とフルーツ。

tainan-hotel6

2Fから見た1Fロビー。各フロア中央部分が吹き抜けになっているのです。

tainan-hotel14

通路を挟んでラウンジの反対側はライブラリスペース。こちらも窓が大きくて明るい。

tainan_9

このスペースを朝晩借り切って作業しておりました。ありがたやありがたや。

JJW Hotelの部屋

tainan-hotel3

一室一室コンセプトが異なるインテリアになっているこのホテル。ベランダで足湯が楽しめる漢方をテーマにした部屋や市場の賑わいを表現した部屋など、いろんなタイプのお部屋がある、のですが、私が泊まったのはごくシンプルなシングルルーム。

tainan-hotel1

tainan-hotel5

tainan-hotel2

コンパクトにまとまっていますがなかなか居心地のよい部屋でした。レンズの都合でものすごく局部的な写真になっていますがお許しを。iPodで撮ればよかったな。

tainan-hotel4

ホテルオリジナルの可愛らしい周辺お散歩マップをいただきました。これ、宿泊者以外には普通に販売している商品のようです。

サバヒー粥から始まる朝食コース

台湾はとにかく朝ごはんの選択肢が多いのでわざわざホテルで食べるのは勿体ない気がするのですが、こちらの朝食は台南でよく食べられている魚、サバヒー(ミルクフィッシュ)を使ったコース仕立てとのこと。せっかくなのでいただくことにしました。

サバヒー粥

まず最初に出てくるのはサバヒーと牡蠣がたっぷり入ったお粥。お粥、といってもご飯はそんなに入ってなくて、具沢山なスープといった感じ。このスープが優しい旨味でとっても美味でした。うん、いい朝ごはん。「ブヤオシャンツァイ(香菜入れないで)」でお願いしたのでこんな感じですが、デフォルトでは香菜がたっぷり入っていてもっと鮮やか。

tainan-hotel20

続いてはサラダ。レタスにインゲン、細かくさいた蒸し鶏をさっぱりとしたレモン風味のドレッシングで。

tainan-hotel21

メインはちょっと凝ったポーチドエッグ的な料理。きのこたっぷりのホワイトソースに卵が落としてあって、表面を軽く炙ってあるのかな?薄切りのトーストが添えられていました。

tainan-hotel22

デザートはフルーツのシロップ漬け。シロップ、といってもすいすい飲めちゃうくらいのほんのりとした甘さ。

この朝食メニュー、サバヒー粥は固定のようですが、その他のメニューは日替わりではなくシーズンによって少しづつ替わるようなので、連泊する場合は1日はホテルで食べて、他の日は外食、がよさそうです。

よかったところ

  • インテリアが凝っていておしゃれ
  • WIFIが快適
  • ラウンジスペースが充実
  • 美味しい朝食つき
  • 日本語を話せるスタッフがいる
  • ホテル周辺に見所が多い

悪かったところ

  • 朝食メニューが日替わりじゃない

日本人にも人気が高いらしいこのホテル、どうやらいつも日本語が話せるスタッフさんが常駐している様子なので、言葉に不安のある一人旅の方でも安心です。
歴史のある古都・台南でちょっと雰囲気のいいホテルでの滞在を楽しみたい、という場合にはとてもいい選択だと思います。観光スポットへのアクセスもいいし、付近には飲食店や市場もあって食べるところには困りません。値段もお手頃だしね。

悪いところはあまりないので無理やりひねり出した感じですが、朝食メニューはほぼ固定。よって、連泊するなら毎日ホテルで食べるより外で他の朝食も楽しんだほうがよさそう。サバヒー粥が美味しいからパスするのも勿体ないんだけどね。朝食時間は予め選べるのでお腹の容量に自信がある方は早朝に一度外で食べて、2度目の朝食はホテルで、なんて方法もありですね。

ヨガスタジオや猫足バスタブといった女性が好む要素が詰まっている台南のSNT Life Hotel、台北・士林にあるサービスアパートメントPapersun Apartmentが同系列とのことです。

Jia-Jia-at West Market Hotel

ホステルのドミトリーでの滞在が続く旅で一旦普通のホテルに泊まったらやっぱりもうゲストハウスは泊まれないわーしんどいわー、となるかな、なんて思ったのですが、そんなこともなく。最近大箱にはあんまり魅力を感じなくなってきたけれど、ドミはドミ、ホテルはホテル、お洒落なリノベーションホテルはもちろん、それぞれに異なるよさと楽しみ方があるなあと実感したのでした。

こうしていろんなタイプの宿を泊まり歩けるのもまた気ままな一人旅だからこそ、のメリットですね。

 




関連記事

白菜漬け わかめと新玉ねぎの味噌汁 蕪とツナのサラダ エリンギの卵とじ

エリンギの卵とじ、蕪とツナのサラダ献立。

三つ葉と卵があるとどうにも卵とじが食べたくなります。 卵とじに加えるならば青ねぎでも白

記事を読む

ごぼうと油揚げの卵とじ献立

ごぼうと油揚げの卵とじ、焼きかぶ献立。

ごぼう欲が高まる瞬間などそう頻繁に訪れるものではない。しかしその瞬間が夕刻の買い出し中にいき

記事を読む

鯛のあら炊き

鯛のあらだき、かきたま汁で晩酌。

鮮魚コーナーパトロール中に鯛と目が合いました。 鯛のお頭、というとなんだか贅沢な感じが

記事を読む

こんにゃく炒め献立

たたきこんにゃく炒め、豆苗の白和え献立。

皿を叩き割るストレス発散法があるらしい。そんな話を以前書きました。 関連 捨てて壊して

記事を読む

150113d

家飲み一人鍋 1/13 白菜と春雨のうま煮鍋、温奴。

最近、以前にも増して「早寝早起き」を心がけています。 できれば22:00までに就寝するスタ

記事を読む

adventure

願いを叶えるいちばんシンプルな方法。

今日はなんだかいい1日でした。 「いい1日」というのもかなり抽象的な表現ですが、目標に

記事を読む

150717d5

玉ねぎの卵焼き、キャベツと海苔の白和え。

3連休ですか。 暦とは全く連動しない日々を送っている私は休日に特別な感情はないのでいつ

記事を読む

福井の酒 一乃谷 山廃仕込特別純米酒

福井の酒 一乃谷 山廃仕込特別純米酒で晩酌 きのこあんかけ豆腐、青菜炒め。

北陸地方コンプリート! 北海道、東北、関東、甲信越、北陸、と来ましたよ。 関連

記事を読む

By: Alexander Lyubavin

荷物の少ない旅、移動のお供に最適なツール。

移動中は睡眠時間に充てることも多いのですが、今回はいいタイミングで移動や乗り継ぎの暇つぶしに

記事を読む

トマトと卵の炒めもの

トマトと卵の炒めもの、人参と豚肉の生姜ポン酢和えで家飲み。

超特大サイズトマトの迫力に降参しまんまと手に取る。 でかい。そして赤い。 1日目

記事を読む

Comment

  1. papipu より:

    台湾旅特集、他のコンテンツと一緒に楽しんでいます。
    台南はかなり前、一度だけ訪れたことがあるのですが、台北よりも物価も安く、食事も色々、街並みも古風で魅力的だったのに、交通の便や暑さで、十分に満喫できたとは言い難く、心残りがありました。
    こんな素敵な記事を読むと、また行ってみたくなります……。
    ちなみに、最初に狙っていたホテルとは、どちらだったのでしょう? ちょっと好奇心です。

    • crispy-life より:

      papipuさん

      >交通の便や暑さで、十分に満喫できたとは言い難く

      これ、すごくわかります。あまりに暑い中で徒歩移動しか手段がない、なんてことになると途中で挫折しそうになりますよね。

      さて、最初に狙っていたのは「毛屋」という民宿?です。

      http://www.maowu.tw/

      位置的には不便そうなのですが、なかなか素敵で興味があったのです。
      台南に行かれる機会があれば是非チャレンジしてみてください。そして感想をお聞かせ下さいませ!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

れんこんのきんぴら献立
れんこんのきんぴら、キャベツとツナの塩昆布和え献立。

年が明けてからもしばらくは去年の晩酌献立ストックを放出しており

ひとりぜいたく晩酌帖
自著が絶版になります。

口頭ではすでに説明を受けていたのだけれど、正式な書面が届いたの

accessories_4
イは忙しくないのイ。

なんか忙しいなあ、落ち着きたいなあ、と感じる時、その原因は本来

玉ねぎの卵炒め献立
玉ねぎの卵炒め、塩豚と大根のスープ献立。

これまた昨年の晩酌記録です。 仕事始めからこっち、なかな

award
2019年、買ってよかったものベスト3。

年明けには前年の買い物を振り返り「1年間で買ってよかったものベ

→もっと見る

PAGE TOP ↑