「汁飲み」の季節になりました。

公開日: : 最終更新日:2022/10/28 家飯

出汁で酒を飲む「汁飲み」

寒い!

ついこの間まで暑い暑いと騒いでいたような気がするのですが、私の記憶がごっそり欠落してますか?

などと戯言を言いたくなるような10月下旬。いきなり12月並みの寒気にこられても、まだ準備が整ってないってもんですよ、ねえ。

しかし私には、思い立ったらすぐにできる冬準備もある。

それは、「汁飲み」です。

つくねと大根の塩煮、ほうれん草の納豆和えで晩酌。

つくねと大根の塩煮、きんぴらごぼうで晩酌。
  • ぬか漬け
  • ほうれん草の納豆和え
  • きんぴらごぼう
  • つくねと大根の塩煮

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは、キャベツとピーマン。

ほうれん草の納豆和え

ほうれん草の納豆和え

出汁しょうゆとみりん、水をあわせた出汁にゆでたほうれん草をしっかりひたし、納豆と合わせます。うつわに盛ってからしを添えました。

きんぴらごぼう

きんぴらごぼう

ごぼうは皮をこそげ落としささがきにして、土を取り除く程度にさっと水にさらします。フライパンに油をひいてごぼうを炒め、しんなりしたらしょうゆ、みりん、出汁、唐辛子を投入。水分を飛ばすようにさらに炒め、最後にごまとごま油で風味づけしたら完成。

つくねと大根の塩煮

つくねと大根の塩煮

鶏ひき肉にねぎのみじん切り、塩、胡椒、しょうゆ、片栗粉、酒を加えてよく練り団子状にまとめます。水と酒、出汁昆布を入れた鍋に、つくねと下ゆでしておいた大根を加え火にかけコトコト。大根に味が入ったらしめじも加えてさらに煮ます。少量の塩で味を整えたら、最後に春菊を加えてさっと火を通して完成。黒七味をかけていただきます。

当初はつくねにキャベツと春雨を合わせるつもりでいましたが、あまりの寒さに大根をハフハフしたくなり変更。味噌汁もつけるつもりだったのだけど、あ、さすがに汁だらけですねと気がついてこちらも急遽変更。

副菜が出汁+しょうゆ+みりんの甘辛味被りになってしまったので、メインはあっさりと塩味に仕上げました。

このあっさりさっぱり出汁をつまみに、熱燗をちびちびやるのが、いいんですよ。デザートには今季初のみかんを添えました。

日本酒にあうおつまみレシピ

「汁飲み」の季節になりました。

つくねと大根の塩煮

さて、今年も汁飲みの季節がやってまいりました。

繰り返しのご説明にはなりますが、汁飲みとは汁ものをアテに酒を飲む行為のこと。こっくりしたブラウン系のスープに赤ワイン、魚介の旨味が出た軽い煮込みに白ワイン、なんてのもそそられますが、わたくしの汁飲みはもっぱら和食の出汁に日本酒の組み合わせであります。

牡蠣豆腐、焼きれんこん献立。

酒のアテになる汁っぽいものの代表格といえばおでんでしょうか。鍋料理は具材がなんだって飲めるし、モツ煮込みってのも方向性は違えど汁っぽさがありますね。

そうだそうだ。本格的なシーズンを前に、酒粕を仕入れておかねばなるまい。酒粕で作ったつまみをアテに酒を飲むという酒まみれ晩酌も、冬の大ごちそうだもんねえ。

ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

しばらく切らしたままになっていた黒七味も、今季初の汁飲みにあわせて渋谷西武で仕入れてまいりました。開けたての香りの良さは抜群ですな。やっぱりこれがなきゃ!って思うんだけど、最近渋谷に寄り付かない生活なものでね。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

ピーマンとちくわのしょうゆ炒め

ピーマンとちくわのしょうゆ炒め、ブラウンえのきの梅和え献立。

ちくわ。久しぶりに登場しました。 こういうものって、たまにやたらと食べたくなる。「たま

記事を読む

塩鮭と白菜の酒蒸し、ゆずかぶらで晩酌。

実際の体温上昇云々は別としても、白菜は暖をとる野菜だよなあと感じます。 冬の野菜だから

記事を読む

40代一人暮らし、1食分の食費はいくらか。

一人暮らしの食費は、いくらくらいが妥当なのか。外食、昼食、自炊、どれが最も経済的かつ健康的

記事を読む

手羽元のレモン煮献立

手羽元のレモン煮、水菜とにんじんのサラダで白ワイン。

近頃、ワインを飲む日のメインはめっきりサラダです。 生ハムとマッシュルームのバケットグ

記事を読む

休肝日ごはん 味玉ごはん、レッドキャベツのごま酢和え献立。

久しぶりの味玉が旨かったので、またまた同様の手口にて仕込んでおきました。 休肝日ごはん

記事を読む

豚肉と大根の甘辛炒め煮、絹さや卵とじで晩酌。

和食といえば醤油と砂糖を使った甘辛いおかず、じゃないですか。 煮魚とか肉じゃがとか筑前

記事を読む

キャベツと釜揚げしらすのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ。

今日は帰宅が遅くなってしまった。 夕食はワインとチーズだけにしようかな。 なんて

記事を読む

秋鮭 献立

一人晩酌献立 秋鮭と白菜の酒蒸し、ベーコンと葱のスープ。

秋刀魚が歴史的不漁とニュースになっていましたが、例年と特に変わりない価格で手に入るのはなぜな

記事を読む

鍋で家飲み 豚ともやしの蒸し鍋。

山盛りのもやしを頬張りたくなる夜はありませんか。 私は、あります。 もやしといえ

記事を読む

ささみの葱塩ダレ

ささみの葱塩ダレ、キャベツの卵焼き献立。

ささみってアスリートの食材って感じしますよね。 しませんか。 高たんぱく低脂肪で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

出汁巻染めおろし
出汁巻染めおろし、きのこと小松菜のおひたしで晩酌。

ここのところ、目玉焼き愛を熱く語っておりましたが、卵焼きだっ

岡本太郎展
本職?人間だ。

東京都美術館で開催中の岡本太郎展に行ってきました。 岡

横浜丸紀の深蒸し焼きそば。

先日書いた「最近ハマっている食べ物」とは、焼きそばです。自炊

働きたくない想いは、苦手意識を凌駕する。

今日は午後から2件約束がありましてですね。1件は「はじめまし

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め
鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、蒸しなすのナムル献立。

しばらく切らしていた黒酢を補充しました。 表示価格が思

→もっと見る

PAGE TOP ↑