千葉の酒 五人娘 純米で晩酌 うるいのおひたし、生わかめ炒め。

公開日: : 最終更新日:2017/01/13 家飯, 食べること ,

五人娘純米

なんだか肉っけが続いていた先週。

休肝日明けの献立はちょっと軽めに組んでみました。注文していた千葉の酒も届いたし、ちょこちょこつまんでゆっくり呑みましょう。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

でもなあ。メニューを軽くしたからといって酒が進まないわけじゃないんだよなあ。

五人娘 純米(千葉県・香取郡)

五人娘純米 千葉

無事東北地方をコンプリートしたので、次に攻めるは関東勢。今回選んだのはちょっとクセのありそうな千葉・寺田本家の「五人娘」です。

参考 自然酒カタログ(寺田本家)

生命力の有る“百薬の長”たるお酒を目指し、自然の恵み、生命のエネルギーを最大限に生かすため、無添加・生もと造りをはじめ、微生物たちの働きを助けるような酒造りに努めています。五人娘は濃醇で飲み応えの有る純米酒です。酒本来のコクと味をお楽しみください。

「自然酒」という表現からも原料へのこだわりが見えますね。使用しているのは無農薬米で酵母も無添加とのこと。昔の酒蔵のように唄を歌いながらの酒造りをしているっていうのもなんかいいなあ。

まずは冷たいまま一口。すーっぱ!!こんなに酸味の強い酒だとは、ちょっとびっくりです。
乳酸菌を思わせる香りが強く、複雑な味わいだけれど切れ味はよし。この力強さ、ああそうだ、酒って発酵してるんだったと改めて感じずにはいられません。軽く燗してみるとさらに個性的な香りが立つ。この香り、前に呑んだ酒とちょっと似てるんだけど、それがどれなのかがわからない。せっかく記録書いてるのにデータベースとしての機能を果たしていない悲しさよ、修行が足りん。

多分好き嫌いの分かれる酒。私は好きです。

五人娘 純米 データ

蔵元 寺田本家(千葉県・香取郡)
種類 純米
精米歩合 麹米=美山錦
掛米=雪化粧・出羽燦々・美山錦 (無農薬米)
日本酒度  +4
酸度  2.1
アルコール度  15%

 

うるいのおひたし、納豆袋焼きで晩酌

うるいのおひたし献立

  • 白菜漬け
  • 野菜の味噌汁
  • うるいのおひたし
  • 生わかめ炒め
  • 納豆袋焼き

野菜の味噌汁

野菜の味噌汁

にんじんと蕪の味噌汁。出汁は煮干で。

うるいのおひたし

うるいのおひたし

さっと茹でたうるいを適当な長さに切ってたっぷりの昆布出汁で割った醤油にひたします。

生わかめ炒め

生わかめ炒め

切り分けてさっと水洗いした生わかめを生姜の千切りと一緒に油で炒め、酒と醤油で味付けしたもの。

納豆袋焼き

納豆袋焼き

油揚げを袋状に開いてたっぷりのネギと合わせた納豆を詰めて切り口を楊枝で止め、フライパンで両面こんがりと焼きます。他の料理に醤油味系が重なったので今回は塩を添えていただきました。

動物性たんぱく質皆無の軽め献立、なんだけど、どれもこれも妙に酒泥棒。酒が好みだったこともあってぐいぐい進んでしまいました。

日本酒にあうおつまみレシピ

うるいに生わかめ。春というにはまだ早いけれど少々季節先取りですね。香りの強い山菜はあまり得意ではないのだけど、クセのないうるいは好き。茹でたらちょっとぬめりが出るのが旨いんです。
そしてこれまた大好きな生わかめ炒め。炒める前はちょっと多すぎるかな…と思うんだけど食べてるとああこの倍作ればよかったといつも思ってしまうメニュー。

これに納豆袋焼きって夕食メニューとしてはあまりにも地味ですが、酒のアテには抜群過ぎてダメだ。と、食べながら気付いたのでした。怖い怖い。

 




関連記事

表参道 brasserie holoholo カウンターで気軽にフレンチ。

先日は久しぶりの友人と食事に。 密談の会場に選んだのは彼女が気になっているという表参道

記事を読む

ヤムウンセン 献立

ヤムウンセン、ピーマン入りカイチアオ献立。

今夜はビールで通しましょう。 そう決めた夜の献立はタイ料理。 最近ビール→日本酒

記事を読む

肉団子とキャベツの煮もの献立

肉団子とキャベツの煮もの、茄子の酢醤油炒め献立。

そろそろ汁っぽいもの、温かいものを体が欲する季節がやってまいりました。 嫌ですね。

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その3. 嘉義駅 鐵路招牌里肌肉飯。

台湾旅行に興味はあったけれど台湾の地名にはとんと疎かった私。台北とか台中はもちろん知っていた

記事を読む

エンサイの香味しょうゆ炒め、キャベツとえびの白和え献立

空芯菜とかつるむらさきとかモロヘイヤとか、熱を入れたらねばりが出る系の青菜全般、好きです。

記事を読む

焼きれんこん献立

焼きれんこん、白菜のしょうが味噌煮込みで家飲み。

久しぶりの家飲みポストです。 本体は只今南の島で軟禁生活を送っていますが、出発前の晩酌

記事を読む

台南 サバヒー粥の朝食コースが楽しいおしゃれリノベホテル 台湾一周一人旅。

台湾一周で利用したホテルシリーズの続きです。 道中で最も長く滞在したのは台南。

記事を読む

砂肝とねぎの塩炒め

砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き動かされる瞬間はありませんか。

記事を読む

ひとりぜいたく晩酌帖

自著が絶版になります。

口頭ではすでに説明を受けていたのだけれど、正式な書面が届いたのは昨日のこと。 が、今確

記事を読む

蒸し鶏のねぎソース

蒸し鶏のねぎソース、蒸し白菜おろし和え献立。

古より受け継がれし論争といえば、一人暮らしで自炊をする意味があるのか問題。 十数年前ま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑