腕を頼りに旅をする。フードトラック始めました。

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 音楽、映画、芸術、世界

こういう映画、好きだなあ。

ずっと観ようと思っていてそのままになっていた「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」をようやくDVDで観ました。

参考 シェフ〜三ツ星フードトラック始めました〜(Chef公式サイト)

ロサンゼルスにある一流レストランの<総料理長>カール・キャスパーは、メニューにあれこれと口出しするオーナーと対立し、突然店を辞めてしまう。次の仕事を探さなければならない時にマイアミに行った彼は、絶品のキューバサンドイッチと出逢う。その美味しさで人々に喜んでもらう為に、移動販売を始めることに。譲り受けたボロボロのフードトラックを改装し、マイアミ~ニュー・オリンズ~オースティン~ロサンゼルスまで究極のキューバサンドイッチを作り、売る旅がスタートした―。

と、あらすじを読むだけでおおよそのストーリーが把握できるシンプルな内容。
ホント、もうこれだけの話です。

サティスファクションを聴かずに帰れるか

一本気な主人公がトラブルを起こし、全てを失い迷いつつも再生していく…というありがちなストーリー。そこに料理、旅、SNSなどのスパイスが加わって今時な仕上がりになっている、といったところでしょうか。

でもねえ、いいんですよ。料理の描写も、ラテンの音も。キューバサウンドといったら未だに Buena Vista Social Clubを思い出してしまうのですが、あの映画で一番強く記憶に残っているのはイブライムの奥さんが強面、ということなんですがそれもどうなんでしょうね。

さて、物語序盤に辛口グルメ評論家の来店に際しダスティン・ホフマン扮する「頭の固い」レストランオーナーと「定番メニューを出すか、斬新的な新メニューで勝負するか」で口論になるシーンがありますが、このオーナーの言ってることが結構まともなんですよね。

「ストーンズのコンサートを観に行ってサティスファクションを聴かずに納得できるか?」

という台詞はなんだか見事。
確かに、料理にしても音楽にしても定番のアレ、変わらないこと、知っているもの、を求めているファンって多い。提供者側は新しいことをやってみたくてあれこれチャレンジするけれど、受け取る側はいや、それじゃなくていつものアレがいいんだけどなあー、ってなることなんて多々あるわけで。

ライブで言うならばそのアーティストのディープなファンであれば別アレンジの演奏もウェルカムだろうけど、有名になればなるほど会場に足を運ぶファンは「浅い」リスナーが多くなる。そうなると、知ってるアレじゃないとなかなか満足しないのも仕方ないこと。「THIS IS IT」でマイケルが

「お客さんは聞きなれたレコードと同じ音が聞きたくてやって来るんだ。同じアレンジで、正確な音で再現して欲しい」

とギタリストにオーダーするシーンがあってああ、やっぱりこの人すごいなって思ったもの。

それでもキャスパーがオーナーの意見を振り切って新メニューで勝負していたらどうなっていたかはわからない。後に評論家はキャスパーのファンだからこそ彼オリジナルの味が食べたかったと告白しているけれど、あの時、あのレストランのあの状況で本来の力を発揮できたかどうかはわからない。いや、映画の話なんですけどね。

ベニエにテキサスバーベキュー、そしてキューバサンド

By: vxla

ところであれ?っと思ったのがキャスパーが豚を丸ごと仕入れた際に助手のマーティンがつぶやいた

「レチョン!」

の一言。
字幕では「豚の丸焼きだ!」と訳されていたのだけど、あれ?豚の丸焼きってアメリカでもレチョンって呼ぶの?と気になって調べてしまった。というのも、レチョンってフィリピン料理だと認識していたから。

関連 セブ島の食と物価。

調べてみると、フィリピンの他キューバやプエルトリコでも豚の丸焼き=レチョンのようで。ああ、そうか。今ではすっかりセブ島名物のように扱われているけれど、もともとはスペイン文化から広がった料理だったのね。納得。

さて、この映画を観ると三ツ星レストランのコース料理よりもカフェ・デュモンドのペニエやテキサスバーベキュー、そしてもちろんキューバサンドを食べたい欲求にかられることでしょう。そんなことはお見通し、とばかりに公式サイトではご丁寧にこのサンドイッチのレシピも掲載されています。

私も当然のようにサンドイッチが食べたくなったのだけど、このキューバサンド、ものすごく既視感があるなあ…。と考えてみたら、年末に飛行機の中で見たTLCの旅番組に出てきたそれだった。おお、思い出してすっきりした。

主人公が失職する原因となったレストランオーナーもグルメブロガーも決して彼の敵ではなく、誰一人として悪者が存在しないこの映画。
もうこれ以上ないくらいのハッピーエンド、めでたしめでたし、で幕を閉じるんだけど、このままずっと旅を続けて欲しかったな、とちょっぴり残念に思ったのは私だけでしょうか。だって旅も仕事も同時進行なんて、最高じゃないですか。なんて素敵なポータブルスキル。

関連 シンプルに生きるためのポータブルスキル。

まあキャスパーのように確かな技術を持つシェフが小さなフードトラックという制限の中で料理するのはもったいないか。限られた条件下でのチャレンジもストーリーとしては面白いのだけどね。

そして旅はいつか終わるからこそ旅、なのかな。
私もフードトラック引きながら旅したい。酒のつまみしか作れないし、車も運転できないけど、ってじゃあできないじゃん。

 




関連記事

アレクサとプライムデーと私。

優柔不断が服を着て踊っていると揶揄される私だって、やるときゃやりますよ。ということで、前回

記事を読む

レアCD、コレクターズアイテム価格の不思議。

By: Jordan Cameron[/caption] 捨てる捨てる詐欺とうとう脱出。

記事を読む

ストロベリーフィールズ

自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と交通事故を境に、The Bea

記事を読む

捨てる女、出会いを求める。

あれから、ラジオをよく聴いています。 関連 好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを

記事を読む

すごい空間支配力。

ボヘミアン・ラプソディが思ってたよりずっとよかった。 そんな意見が出たものだから、それ

記事を読む

人間は、そういうふうにできている。

先日うっかり通しで聴きましょうキャンペーンの開催を決定してしまったこともあり。 方向性

記事を読む

40過ぎてギャルファッション、時間軸がズレている。

最近の音楽にとんでもなく疎くなってしまったので、今まで存じ上げなかったのですが。 布団

記事を読む

強い気持ち、強い愛、経験値の違い。

いかにもメロメロして泣かせにかかってくるヤツより、ある程度のアホっぽさとかドライな質感を持つ

記事を読む

今では全く共感できないSATC。

懐かしのドラマ「SEX and the CITY」がプライムに来ていたので思わず全話見直して

記事を読む

死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパターンは多々あります。 「

記事を読む

Comment

  1. Yosh より:

    DVD、見ました!面白かったです。お料理がらみの映画って好きなんです。中学生の時、「将来何したい?」って先生に聞かれて、「レストランがしたい」と答えたことを思いだしました。今は全く食とは関係ないことしているけれど、一度は人をハッピーにさせるような食に関わりたいなぁ、と思いました。
    ご紹介ありがとうございました。

    • crispy-life より:

      Yoshさん

      いつもありがとうございます。

      私も料理系の映画大好きで。しかもこれは音楽も好みだったのですごく楽しめました。

      実は私も子供の頃の夢は「小さなデリを経営すること」だったんですけどね。未だ実現せずです〜。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/
鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさし

「何もしない」に、忙しい。

さわやかな週末でございましたね。雲ひとつない青空の下、ご近所

新玉ねぎと卵の炒めもの、キャベツのツナ和え献立。
新玉ねぎと卵の炒めもの、春キャベツとツナのサラダ献立。

新玉ねぎに春キャベツの並び。積極的に季節を生活に取り込むぞと

今年の春こそ環境改善。

一体いつからこの話をしていたのでしょうか。身軽で簡素でモノが

→もっと見る

PAGE TOP ↑