牛すき煮、新玉ねぎとわかめのサラダで晩酌。

公開日: : 家飯, 食べること ,

すき煮献立

牛すき煮。なのにピンが肉ではなく焼き豆腐にきている。

そうです。本日の主役は実は焼き豆腐。せっかく牛すき煮にするのなら焼き豆腐を入れたいなと考えるも、そんなに大量には食べられないし、残った焼き豆腐の活用法も思いつかない。よって、いつものように木綿豆腐を購入して、焼き豆腐にして、煮たのでした。

嘘です。

豆腐を焼いたのはホントですが、本日の主役はしらたきです。そしてすでにお気付きの通りピントの件はこじつけ、そして言い訳です。

牛すき煮、新玉ねぎとわかめのサラダで晩酌

自家製焼き豆腐で牛すき煮

  • 海苔の味噌汁
  • 紫大根の浅漬け
  • 小松菜の梅和え
  • 新玉ねぎとわかめのサラダ
  • 牛すき煮

海苔の味噌汁

海苔の味噌汁

最近お気に入りの海苔味噌汁。汁椀にちぎった海苔を入れ、具の入っていない「素味噌汁」を注ぐだけ。

小松菜の梅和え

小松菜の梅和え

叩いた梅肉を酢とごま油でのばしたもので茹でた小松菜を和えます。

新玉ねぎとわかめのサラダ

新玉ねぎとわかめのサラダ

薄切りにして水にさらした玉ねぎとわかめ、ツナをポン酢とオリーブオイルで和えたもの。

牛すき煮

牛すき煮

フライパンに水、しょうゆ、みりんを煮立て、牛薄切り肉を加えてさっと煮て取り出します。下ゆでしておいたしらたき、焼き豆腐、玉ねぎを入れて煮込み、味が染みたら牛肉を戻し入れ、卵を落として完成。

白身がモロモロになってしまうという痛恨のミス。でも染み染みしらたきを卵に絡めて食べられて満足しました。何しろ無性にしらたきが食べたくなったから牛すき煮を作ったんだからね。

そうそう、焼き豆腐。

しっかり水切りした木綿豆腐を油を引いたフライパンで焼き目がつくまで焼いただけ、ですが、思った以上に焼き豆腐然としていて、あ、焼き豆腐だ、と思いました。

市販の焼き豆腐も同じく水分少なめで固いのでそれを活かした使い道もあるのですが、私にとっては普通の木綿豆腐のほうが汎用性が高い。何しろ、年がら年中木綿豆腐ばっかり食べている木綿豆腐食いですから。

木綿豆腐をつかったレシピ

これから焼き豆腐はこのお手製パターンでいいかな。焼き豆腐はすき煮の時くらいしか登場しないので、おそらく年に1回あるかないかだろうけども、覚えておこう。

 




関連記事

せせり塩焼き献立

せせり塩焼き、モロヘイヤのおひたし献立。

今ではすっかり希少食材となってしまったせせり。以前は頻繁に食べてたんだけどなあ。 家飲

記事を読む

ゆで野菜と卵のサラダ

豚しゃぶおろし和え、ゆで野菜と卵のサラダで家飲み。

固ゆでか、それとも半熟か。 迷いながら卵を茹で始めて、でもやっぱり半熟にしようかね、と

記事を読む

こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩酌ネタをここらで投下します。

記事を読む

台湾女一人旅 桃園空港から台北駅 寧夏夜市で晩ご飯。

本来は4月ごろを予定していた台湾の旅。 午前便がいいなあ、お、羽田発もあるのか、などと

記事を読む

にじますのちゃんちゃん焼き

大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考えました。にじますホイル焼き、

記事を読む

新橋 やきとん鶴松で昼下がりの一人ホルモン。

散歩のとき何か食べたくなって。 と池波も言ったので千代田区散歩の後は新橋まで足を伸ばし

記事を読む

塩鮭と白菜の酒粕煮献立

白菜と塩鮭の酒粕煮、せりのおろし和え献立。

先日生まれて初めてきりたんぽ鍋を食べました。 ご飯をまとめて焼いたものが入ってる鍋でし

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その2. 台中駅 照燒醬雞腿便當。

台中滞在を満喫して次は嘉義へ向かいます。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。 嘉義

記事を読む

ジューシーきのこ 7/28 マッシュルームのガーリックソテー。

なーんか拍子抜けってくらい涼しい1日でしたね。 連日暑いと体が持たないので、束の間の休

記事を読む

ニラの卵炒め献立

にらの卵炒め、蕗味噌献立。

どちらかといえば苦手な部類に入ると思い込んでいたふきのとう。2年前、久しぶりに作った蕗味噌が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑