ねぎと油揚げの味噌炒め、ぬか漬けとしらすのおろし和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

ねぎと油揚げの味噌炒め、ぬか漬けとしらすのおろし和え献立。

家にあるものだけで完成する「飲めるつまみ」って、案外多い。

近頃の地味献立連打で益々そう考えるようになりました。

シンプルライフの成れの果て。

今日のメインは、油揚げとねぎ、そして味噌。味噌汁にもなれば、酒のつまみにもなるなんて、素晴らしい取り合わせですね。

ねぎと油揚げの味噌炒め、ぬか漬けとしらすのおろし和えで晩酌

ねぎと油揚げの味噌炒め、ぬか漬けとしらすのおろし和え献立

  • みつばかきたま汁
  • ぬか漬けとしらすのおろし和え
  • 白菜の梅サラダ
  • ねぎと揚げの味噌炒め

かきたま汁

かきたま汁

鰹節と昆布で取った出汁をしょうゆで味付けし、溶き卵を流し入れふんわり固めます。刻んだ三つ葉を散らしたら完成。

ぬか漬けとしらすのおろし和え

ぬか漬けとしらすのおろし和え

白菜の古漬けを塩抜きして刻み、しらすと大根おろしで和え、酢をちょろりと垂らします。千切りの大葉を添えて。ぬか漬けとしらすの塩気があるので、味付けは酢だけで十分。

白菜の梅サラダ

白菜の梅サラダ

繊維を断ち切る方向に切った白菜を、叩いて出汁で伸ばした梅干しと鰹節で和えたもの。

ねぎと揚げの味噌炒め

ねぎと揚げの味噌炒め

油揚げはフライパンで両面こんがりと焼いて取り出し、短冊に切ります。フライパンに油を熱し3cm長さに切った白ねぎを入れて炒め、しんなりしたところで油揚げを戻し入れます。あらかじめ合わせておいた味噌、みりん、酒を加えてざっと炒め合わせたら完成。

この味噌炒めで燗酒。間違いない組み合わせでしょう。ごはんに乗せてもいいかもしれません。

現在は味噌を1種類しか使っていないので、味かぶりを防止するために、汁ものはすましベースのかきたま汁にしたのでした。

日本酒にあうおつまみレシピ

ねぎと油揚げ、味噌の組み合わせなら、ねぎ味噌焼きという手もありますね。

きつね葱味噌焼き、小松菜のオイル蒸し献立。

いずれも我が家の冷蔵庫にはいつでも入っている材料たち。油でちょいと炒めるだけでぐっと酒が引き立つ姿に変身してくれるこの地味トリオ、案外汎用性が高いなあと唸ります。

あと、残り物総動員のおろし和えも侮れない旨さ。漬かりすぎて酸っぱくなったぬか漬けも、これまた使い勝手のいい食材ですな。

ぬか床を1ヶ月間放置した結果。




関連記事

蒸し鶏梅肉タレ

家飲み献立 5/14 鶏もも梅肉だれ、焼き茄子。

年がら年中ビールを飲むのが好きなのですが、冬の間は冷え性対策としてビール絶ちしていました。

記事を読む

焼き油揚げ

晩酌献立 焼き油揚げ、トマトと三つ葉のサラダ。

焼いた油揚げがメインという、なんともいなたい晩酌献立。 いなたい、っておそらく方言なの

記事を読む

三つ葉と油揚げの炒め物

晩酌献立 三つ葉と油揚げの炒めもの、大根のスープ。

三つ葉の独特の香りが苦手、という方も多いでしょうか。 香り自体はなかなかどうして強く主張するの

記事を読む

カヴァで家飲み 白菜ステーキ、アボカドのグラタン。

そろそろ冷やすかな。 1本だけ残っていたカヴァを夕方頃にそっと冷蔵庫にオン。冷たい泡で

記事を読む

塩豚ときのこの黒酢スープ

塩豚ときのこの黒酢スープ、キャベツの辛み蒸し献立。

今宵の献立をありあわせの材料で間に合わせるという行為は、家庭料理、中でも一人晩酌においては中

記事を読む

だし巻き献立

だし巻き卵、なすとししとうの焼き浸しで晩酌。

だし巻き飲み、ちょっと久しぶりでしょうか。 出汁のしっかりきいた卵焼きに辛口純米酒、と

記事を読む

照り焼きごぼうハンバーグ、水菜の煮びたし献立。

誰しも一生に一度ぐらいはハンバーグに情熱を傾ける時期があるのではないでしょうか。 私も

記事を読む

こんにゃく麺

休肝日のメニュー 鶏出汁こんにゃく麺。

基本的に1年365日欠かさず酒を呑んでいます。 酒は好きだけど酒豪ではないので、1日の

記事を読む

肉団子 献立

家飲み献立 9/25 肉団子と春雨の煮込み、大根と塩昆布のサラダ。

ちょっと涼しくなってくるとやたらと活躍し始めるのが春雨。 春雨って、美味いよねえ。

記事を読む

一番好きな倶楽部方式。

どうもダラダラしてしまうな。そんな自覚があったので、1年ほど前にルールを改善しました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑