40代のニベアはありか、ナシか。

公開日: : 最終更新日:2016/09/18 ミニマルライフ, 健康と美容

スキンケアを冬バージョンに変えて3ヶ月くらい経ったでしょうか。

参考 40代のスキンケア、冬。旅に持参したアイテムはたった2つ。

肌断食、とまではいかないまでも、以前使っていたスキンケアアイテムをぐっと減らしてシンプルなケアにしたこの冬。

参考 肌断食、「悪魔の書」を手に入れた。

調子が悪くなったらまた元のケア方法に戻せばいいや、程度に考えていたのですが、思えばその考え自体が以前の私なら有り得ないことだったりして。




アトピーに悩み続けた人生

何度か書いていますが、私はもともとアトピー持ちです。

症状が治まっている時はアトピーだとは全くわからないのですが、発症した時は人相が変わってしまいます。

そう、やっかいなことに顔を中心に出るアトピーなんですね。

一旦発症すると顔のあちこちに赤い斑点ができ、元々二重の瞼は腫れて一重になり、ちょっと誰だかわからない顔になってしまうのです。子供の頃から1年に1度は発症していたので、若い頃は本当に嫌で嫌で仕方ありませんでした。

人前に出る仕事をしていた頃は同僚に

「どうしたの?顔腐ってきてんじゃん(笑)」

と言われて絶望したものです。

今になって考えれば、悩んでいる人間にそんな発言するような人の言葉でいちいち傷付く私もどうかしてたとしか思えませんが。

ストレスが原因じゃない?なんて言われたりもしたけれど、そもそもアトピーがストレスなので、身動きが取れない状態。

ええ、藁をも掴む思いで民間療法に相当のお金も時間も使いましたよ。

大人になってからもずっと敏感すぎる自分の肌に悩まされてきましたが、ここ数年全く症状は出ていません。日本を離れたのがよかったとも考えられますが、帰国してからも全く出ていないのはありがたい限りです。

実験できるまでに強く

長年肌トラブルを抱えていた私。
基礎化粧品もメイク用品も安価なものを使うことを極端に怖がっていたのに、まさかドラッグストアで数百円で手に入るようなクリームを顔に塗って

「調子悪くなったら止めればいいや」

なんてことができるようになるとはびっくりです。そして、幸いなことに調子が悪くなるどころか肌が強くなっているような気さえしています。

なんなんだ、一体。

スキンケア以外に考えられることといえば、アーモンドくらいでしょうか。

参考 素焼きアーモンドを食べ比べてみた。

相変わらず飽きずに食べ続けていますが、これの効果もあるのかしらん。

気分よければ全てよし?

さて、40代でニベアを使うことはありか、ナシか?
私の場合、現時点では「あり」です。

思うに、スキンケアって「気持ち」の部分も大きいのかも。プラシーボ効果が働きやすいのではないでしょうか。

偽薬効果(ぎやくこうか)、プラセボ効果(プラシーボ効果)とは、偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事を言う。この改善は自覚症状に留まらず、客観的に測定可能な状態の改善として現われることもある。原病やその症状自体の改善というよりは、「薬を飲んでいる」事による精神的な安心感の方が目的となる事もあり、このような単なる安楽は通常偽薬効果には含まれないが、その区別が難しいこともある。
wikipediaより)

多くのモノを持たないシンプルな生活がしっくりきている今の私は、高価なコスメをあれこれ使うのではなく、身近なアイテムを使ったシンプルなケアが気分。だからこそ、いい状態を保てているのではないかと思うのです。

もしもニベアを使う理由がお金がなくて仕方なく節約のために、だったとして、

「ああ40代にもなってニベアしか使えないなんてイヤだなあ、高校生じゃあるまいし。もっと高いクリームを使えたら綺麗になれるのに。」

なんて考えながらイヤイヤながらにぺたぺた塗っていたら、全く効果は違うような気がするのです。

結論。

高級なコスメこそ効果があるし使っていて気持ちいい、ドラッグストアコスメなんてまっぴら!と思うのならばニベアはナシ。

シンプルなケアでも自分の肌は十分にいきいき綺麗になるんだ、おもしろーい!と思えるならばニベアはあり。

って、成分を分析したわけじゃなし、そんな単純に片付く問題ではないかもしれないけれど、これ、あながち間違いでもないような気がします。

なんて言っている私ですが、少し前までは結構なお値段のスキンケアアイテムも使っていました。

参考 40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

しばらくしたらまたドゥラメールを使ってみて、違いがあるのかどうか試してみるのもおもしろいかもね、なんて思っています。

※追記 その後なかなかお手入れ法が確定しません…
関連 40代の肌のお手入れ 秋の美容計画 2016。




おすすめ記事

関連記事

By: Nicolas Raymond

ぎっくり腰の痛み対策、あってよかった意外なもの。

By: Simply CVR[/caption] 腰の調子が悪いと自覚していた矢先のぎっくり

記事を読む

koukyo_sanpo_9

個人ブログ、あなたの日常なんかに誰も興味はない。

By: filipe ferreira[/caption] もう10年くらい読み続けているブ

記事を読む

brownhair

白髪を染めたくない。ヘアカラートリートメントを使ってみた 5回目

ヴァーナルヘアカラー トリートメントを使った白髪ケア、5回目のレポートです。 &nbs

記事を読む

By: Spixey

私を幸せにしてくれるブランドのちから。

モノに依存しない生き方、ねえ。 そこまで達観できたらいいなあと思うし物欲と煩悩にまみれ

記事を読む

By: greg westfall

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

先月バンコクからフィリピンへのフライトの際にマニラ空港で8時間のトランジットがありました。

記事を読む

By: Katie Tegtmeyer

引っ越しから10年以上そのまま放置していたダンボールを開封する。

By: Osamu Kaneko[/caption] 先日家族総出で実家の片づけをしました。

記事を読む

jumping

本気の冷え性改善記録 20日目 つらい冷えを今すぐ解消する方法。

本格的な冬の到来に備えて、今年こそは辛くて冷たい末端冷え性を改善するぞ!と重い腰を上げた私。

記事を読む

By: uros velickovic

オークション代行でトラブルに遭って考えた。

By: Andy Arthur[/caption] 手放したものの中でまだ使える、新しいもの

記事を読む

By: Justin Vidamo

荷物を持たないバックパッカー。

By: KLConnected[/caption] 誰かと一緒の場合以外はさほど積極的に観光

記事を読む

By: Dawn Ellner

2月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Dawn Ellner[/caption] またまた定例ポストを。 現在の住ま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

By: Maurizio Costanzo
痛いおばさんファッションのその後と女子の謎。

その後もたまにやってます、痛いおばさんコーデ遊び。 関連

菜の花とまぐろのごま和え
菜の花とまぐろのごま和え、焼きさつま揚げで家飲み。

残り物総動員といった感のある献立。 さつまあげ、まぐろ、

nikon
暮らしの定点観測のすすめ。

食の定点観測、毎日の晩酌献立を記録し続けています。 関連

愛知の酒 奥
愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれ

sudio_8
線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

先日宅録少女の過去を明かしました。 関連 持たない生活、

→もっと見る

PAGE TOP ↑