自分のことがよくわかっていない人。

公開日: : 最終更新日:2018/07/12 健康と美容

sudio__

踊る月間、リターンズ。今月はまた踊ります。

地獄よりも、ダンスフロアへ連れてって。

いやあ、今回は思いの外キツかった。

中1ヶ月も開いたからだな、と思っていたけれど、多分そうじゃなくて。

自分の体に鈍すぎる

cebu-diary-143

珍しく体が重く怠い朝。あれ、二日酔いか?酒癖は悪いけど二日酔いはほとんどないのに珍しいな。そもそも、翌日まで残るほど深酒したっけ?と久々の体調不良に混乱する。

それでも朝のコーヒーを飲み、一仕事終えるとどうにか頭も晴れてくる。予定通りスタジオに向かい、血圧、体重、体温を測定したところでようやく気付いた。

二日酔いじゃなくて、ちょっと熱があるんだわ。

そういや昨日から喉が痛かったような。こりゃ風邪の引き始めってヤツかもね、と体調不良の原因判明に安堵、そして脱力。毎度のことながら、あまりにも自分の体に無関心すぎやしませんか。ていうか、「体が怠い」で即連想するのが風邪じゃなくて二日酔いっていうのがもうイヤ。二日酔いにも風邪にもめったに遭遇しないもんだから、この二つの区別もつかないなんて鈍い、鈍すぎる。

切なくも情けない気持ちを胸に秘め、踊りました。

久々の運動、加えて万全ではない体調。開始5分でヘロヘロになりながら、足をもつれにもつれさせながら、吹き出す汗が気持ちよく、結局無事に完走いたしました。何が驚いたって、開始前に

「スイミングとスタジオのレッスン、どっちが筋肉つくかしら?」

などとのほほんと話していらした70代と思しきご婦人が、このハードエクササイズを顔色ひとつ変えずにこなしておられたこと。私より絶対筋力ありますね。いや、私がなさ過ぎるのですかね。

筋トレを始めたら体力がついたし、重いものが軽々持ち上げられるようになった。結果、ほんの少し生きやすくなったよ。友人の言葉が脳裏にこだまする午後。

自分のことをよくわかっていない人

hongkong-foods-33

若かりし頃、接待的な飲みで同席したおじさんにどこかで聞いたような心理テストをやらされました。結果

「ん〜、crispyちゃんは自分のことがよくわかっていないんじゃないかな?」

とこれまたありがちな診断をしたり顔で繰り出されて、ハア、とかなんとか言いながら、はいはい、おじさんお得意酒場トークね。なんで初対面のアンタが私よりも私のことを知っている体で話を進められるのだ、とかなんとか思っていた私。

これがおじさんの若い子受け狙いの持ちネタだったのか、或いは本気で信じているそれだったのかは今となっては定かではないけれど、自分の体の状態に鈍い、という点ではこの見立てもあながち外れではない。

どこのエステが効果抜群とか、なんとなく調子が悪いと思ったら満月だったわとか、足が痛むから雨が降りそう、なんてフレーズは日常的に耳にする。その度に、私の体にはそれらを敏感に察知できる機能が搭載されていないのだなとつくづく感じる。

自分の体に敏感なのは、結局のところ自分のことをよくわかっていることなのかな。怖がりで痛がりのくせにフィジカルよりもメンタル、というかファンタサイズばかりに気を取られている私は、よくわかっていないのかな。だからといって、あのおじさんの診断が信用に値するものだったとは1ミリたりとも思ってないけれど。

などと、スタジオ帰りに立ち寄った居酒屋でおくらのおひたしをアテにビールを飲みながら考える。ヘロヘロ踊って汗かいて、仕上げに酒を飲んだらすっかり元に戻る程度の不調でした。おかげさまで。

 




関連記事

40代の婦人科検診、そろそろ、そろそろ。

ハイ、グイッとグイッとイッキに!うう〜ん、いい飲みっぷりィ! そんな掛け声に乗せられて

記事を読む

40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

40代になるとファッションが難しくなる、と先日書きましたが、ファッションと同様に悩むのがスキ

記事を読む

ヘアマニキュアで白髪が染まらない理由。

いよいよ念願の白髪ケアジプシー卒業なるか? 夢溢れ心躍る記事を書いてから、1週間が経過

記事を読む

散らかし、掻いて、放置して。かりそめの快楽に身を委ねる。

By: Sandy Schultz[/caption] 手湿疹が酷くなったことで数年ぶり無数

記事を読む

鼻ニキビの憂鬱、赤鼻の恐怖。

数ヶ月前から、鼻にニキビのようなものが多数常駐するようになりました。 厳密にはニキビな

記事を読む

真夏の靴下は冷え性改善のためだけじゃない。

By: Linda N.[/caption] 梅雨時期でさほど暑くはないからかもしれませんが、こ

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ

白髪との戦いと10年、20年後の顔。

相変わらず白髪との戦いは続いております。 前回白髪ネタを書いたのはいつだったかと遡って

記事を読む

白髪を染めないという選択肢。

By: Melanie Tata[/caption] 白髪ケアが面倒くさいなあもう。

記事を読む

アトピーが原因で脱毛サロンの体験も契約もできなかった。

By: MIKI Yoshihito[/caption] 先日同年代の友人と、 「昔は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行って

10年保てば、いいほうです。

ようやくカメラを修理に出しました。カメラが(多分)故障する不

→もっと見る

PAGE TOP ↑