自分のことがよくわかっていない人。

公開日: : 最終更新日:2018/07/12 健康と美容

sudio__

踊る月間、リターンズ。今月はまた踊ります。

地獄よりも、ダンスフロアへ連れてって。

いやあ、今回は思いの外キツかった。

中1ヶ月も開いたからだな、と思っていたけれど、多分そうじゃなくて。

自分の体に鈍すぎる

cebu-diary-143

珍しく体が重く怠い朝。あれ、二日酔いか?酒癖は悪いけど二日酔いはほとんどないのに珍しいな。そもそも、翌日まで残るほど深酒したっけ?と久々の体調不良に混乱する。

それでも朝のコーヒーを飲み、一仕事終えるとどうにか頭も晴れてくる。予定通りスタジオに向かい、血圧、体重、体温を測定したところでようやく気付いた。

二日酔いじゃなくて、ちょっと熱があるんだわ。

そういや昨日から喉が痛かったような。こりゃ風邪の引き始めってヤツかもね、と体調不良の原因判明に安堵、そして脱力。毎度のことながら、あまりにも自分の体に無関心すぎやしませんか。ていうか、「体が怠い」で即連想するのが風邪じゃなくて二日酔いっていうのがもうイヤ。二日酔いにも風邪にもめったに遭遇しないもんだから、この二つの区別もつかないなんて鈍い、鈍すぎる。

切なくも情けない気持ちを胸に秘め、踊りました。

久々の運動、加えて万全ではない体調。開始5分でヘロヘロになりながら、足をもつれにもつれさせながら、吹き出す汗が気持ちよく、結局無事に完走いたしました。何が驚いたって、開始前に

「スイミングとスタジオのレッスン、どっちが筋肉つくかしら?」

などとのほほんと話していらした70代と思しきご婦人が、このハードエクササイズを顔色ひとつ変えずにこなしておられたこと。私より絶対筋力ありますね。いや、私がなさ過ぎるのですかね。

筋トレを始めたら体力がついたし、重いものが軽々持ち上げられるようになった。結果、ほんの少し生きやすくなったよ。友人の言葉が脳裏にこだまする午後。

自分のことをよくわかっていない人

hongkong-foods-33

若かりし頃、接待的な飲みで同席したおじさんにどこかで聞いたような心理テストをやらされました。結果

「ん〜、crispyちゃんは自分のことがよくわかっていないんじゃないかな?」

とこれまたありがちな診断をしたり顔で繰り出されて、ハア、とかなんとか言いながら、はいはい、おじさんお得意酒場トークね。なんで初対面のアンタが私よりも私のことを知っている体で話を進められるのだ、とかなんとか思っていた私。

これがおじさんの若い子受け狙いの持ちネタだったのか、或いは本気で信じているそれだったのかは今となっては定かではないけれど、自分の体の状態に鈍い、という点ではこの見立てもあながち外れではない。

どこのエステが効果抜群とか、なんとなく調子が悪いと思ったら満月だったわとか、足が痛むから雨が降りそう、なんてフレーズは日常的に耳にする。その度に、私の体にはそれらを敏感に察知できる機能が搭載されていないのだなとつくづく感じる。

自分の体に敏感なのは、結局のところ自分のことをよくわかっていることなのかな。怖がりで痛がりのくせにフィジカルよりもメンタル、というかファンタサイズばかりに気を取られている私は、よくわかっていないのかな。だからといって、あのおじさんの診断が信用に値するものだったとは1ミリたりとも思ってないけれど。

などと、スタジオ帰りに立ち寄った居酒屋でおくらのおひたしをアテにビールを飲みながら考える。ヘロヘロ踊って汗かいて、仕上げに酒を飲んだらすっかり元に戻る程度の不調でした。おかげさまで。

 




関連記事

高血圧フラガール。

初回はあまりにも色気ない出で立ちで参加してしまったものだから、今回はちょっとだけそれらしくし

記事を読む

集中力の低下か、三半規管の弱さか。

飛行機移動のお供と言えば映画ですが、近頃は長時間連続して画面を見続けるのが辛くなってきました

記事を読む

今治タオルトゥシェ フェイスタオル

炎症後色素沈着ケア大作戦、1ヶ月報告。

アトピー症状悪化による色素沈着改善作戦をぶち上げてから、早くも1ヶ月が経過しました。炎症後

記事を読む

本気の冷え性改善記録 14日目 しょうがで風呂を挟み込む。

寒くなると氷のように冷たくなるつま先を持て余したこれまでの人生。 末端冷え性をすっかりこじ

記事を読む

言わなきゃよかった、あんなこと。

一目見て、うわあ、エラいすっきりしたなこりゃ。と、素直に思いました。 親知らず抜歯痕に

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

足首のある暮らし、もうむくまない足。

越冬話ついでに、最近改めて感じることを。 祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

記事を読む

100円ショップ嫌いなのになぜか愛用しているもの。

以前、身軽に生活するならば100均ショップには近寄るべからず論をぶち上げました。 我

記事を読む

来年も継続したい、新しい3つの習慣。

By: Roger Davies[/caption] 今年は環境がガラリと変わり、今後の生き

記事を読む

風呂は絶対後悔しない、裏切らない。

いつのまにか、毎日風呂に入る習慣が定着しておりました。 今の住まいに越してきてからはほ

記事を読む

またまた禿げてしまった、原因はなんだ。

先週中頃、側頭部に異常を認めました。 そうです。4年振り、3回目?4回目?だかの、円

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑