自分のことがよくわかっていない人。

公開日: : 最終更新日:2018/07/12 健康と美容

sudio__

踊る月間、リターンズ。今月はまた踊ります。

地獄よりも、ダンスフロアへ連れてって。

いやあ、今回は思いの外キツかった。

中1ヶ月も開いたからだな、と思っていたけれど、多分そうじゃなくて。

自分の体に鈍すぎる

cebu-diary-143

珍しく体が重く怠い朝。あれ、二日酔いか?酒癖は悪いけど二日酔いはほとんどないのに珍しいな。そもそも、翌日まで残るほど深酒したっけ?と久々の体調不良に混乱する。

それでも朝のコーヒーを飲み、一仕事終えるとどうにか頭も晴れてくる。予定通りスタジオに向かい、血圧、体重、体温を測定したところでようやく気付いた。

二日酔いじゃなくて、ちょっと熱があるんだわ。

そういや昨日から喉が痛かったような。こりゃ風邪の引き始めってヤツかもね、と体調不良の原因判明に安堵、そして脱力。毎度のことながら、あまりにも自分の体に無関心すぎやしませんか。ていうか、「体が怠い」で即連想するのが風邪じゃなくて二日酔いっていうのがもうイヤ。二日酔いにも風邪にもめったに遭遇しないもんだから、この二つの区別もつかないなんて鈍い、鈍すぎる。

切なくも情けない気持ちを胸に秘め、踊りました。

久々の運動、加えて万全ではない体調。開始5分でヘロヘロになりながら、足をもつれにもつれさせながら、吹き出す汗が気持ちよく、結局無事に完走いたしました。何が驚いたって、開始前に

「スイミングとスタジオのレッスン、どっちが筋肉つくかしら?」

などとのほほんと話していらした70代と思しきご婦人が、このハードエクササイズを顔色ひとつ変えずにこなしておられたこと。私より絶対筋力ありますね。いや、私がなさ過ぎるのですかね。

筋トレを始めたら体力がついたし、重いものが軽々持ち上げられるようになった。結果、ほんの少し生きやすくなったよ。友人の言葉が脳裏にこだまする午後。

自分のことをよくわかっていない人

hongkong-foods-33

若かりし頃、接待的な飲みで同席したおじさんにどこかで聞いたような心理テストをやらされました。結果

「ん〜、crispyちゃんは自分のことがよくわかっていないんじゃないかな?」

とこれまたありがちな診断をしたり顔で繰り出されて、ハア、とかなんとか言いながら、はいはい、おじさんお得意酒場トークね。なんで初対面のアンタが私よりも私のことを知っている体で話を進められるのだ、とかなんとか思っていた私。

これがおじさんの若い子受け狙いの持ちネタだったのか、或いは本気で信じているそれだったのかは今となっては定かではないけれど、自分の体の状態に鈍い、という点ではこの見立てもあながち外れではない。

どこのエステが効果抜群とか、なんとなく調子が悪いと思ったら満月だったわとか、足が痛むから雨が降りそう、なんてフレーズは日常的に耳にする。その度に、私の体にはそれらを敏感に察知できる機能が搭載されていないのだなとつくづく感じる。

自分の体に敏感なのは、結局のところ自分のことをよくわかっていることなのかな。怖がりで痛がりのくせにフィジカルよりもメンタル、というかファンタサイズばかりに気を取られている私は、よくわかっていないのかな。だからといって、あのおじさんの診断が信用に値するものだったとは1ミリたりとも思ってないけれど。

などと、スタジオ帰りに立ち寄った居酒屋でおくらのおひたしをアテにビールを飲みながら考える。ヘロヘロ踊って汗かいて、仕上げに酒を飲んだらすっかり元に戻る程度の不調でした。おかげさまで。

 




関連記事

カリッとした毎日。白湯。

乾いた女が乾燥していない理由。

寝室に水の入ったコップを置いています。乾燥対策です。 小型セラミックファンヒーターがう

記事を読む

慢性化した辛さを劇的に改善するストレッチがありがたい。

足の裏だかふくらはぎだかよくわからないけど、とにかく足が重くてだるい。 ここしばらく

記事を読む

本気の冷え性改善記録 17日目 驚きの事実に気付いた日。

末端冷え性を根本から改善すべく地味な取り組みを続けています。 新たな行動を習慣化するまでに

記事を読む

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど、わたしはげんきです。昨年の我

記事を読む

耳読書のありがたさ、中年世代におすすめの機能。

しつこいようですが本当に目が見えづらくてですね。 「らくらくホン」の衝撃。 この

記事を読む

ノーメイクは、やめました。

By: Thomas Leuthard[/caption] 洋服の数を減らしたことで「よそゆ

記事を読む

本気の冷え性改善記録 8日目 20度あれば。

極度の寒がりで毎冬末端冷え性に怯えていた私。 今年こそは内側から冷え性を改善したい!と

記事を読む

白髪を染めないという選択肢。

By: Melanie Tata[/caption] 白髪ケアが面倒くさいなあもう。

記事を読む

終わりたいのに終われない。

終わりたくない終わりたくない終わりたくない OH! WHAT A NIGHTとDr.Kは言っ

記事を読む

Aurora Soho

冷え性で早起きが辛い、朝が寒い。

根っからの夜型だったのに朝型に変化してしばらく経ちます。 早起き習慣のコツと効果。超夜

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑